ミステリー作家 千澤のり子のボードゲーム奮闘記

ボードゲーム遊び方紹介 第68回 「シェフィ Shephy」(前編)

千澤(ちざわ)のり子

一人用のカードゲーム「シェフィ」を紹介します。 対象年齢は12歳以上、所要時間は15分ほどになります。 ルールは簡単。1匹のひつじを1,000匹まで増やしたら終了という内容です。   カードは、ひつじカードとイベントカードと敵ひつじカードの3種類があります。 もっとも枚 ...

≫ 記事の続きを読む

ボードゲーム遊び方紹介 第67回 「 ザ・キー:岸壁荘の盗難事件」後編

千澤(ちざわ)のり子

前回に引き続き、「岸壁荘の盗難事件」を紹介します。 今回は1人プレイですが、みんなで同時に捜査を行います。 「捜査開始!」の合図があったら、各自カードを1枚引きます。真ん中に置いてある鍵と同じ色の入ったカードを選んでください。 カードの右上に書かれている有益情報のポイントが高いと ...

≫ 記事の続きを読む

ボードゲーム遊び方紹介 第66回 「 ザ・キー:岸壁荘の盗難事件」前編

千澤(ちざわ)のり子

推理ゲーム「ザ・キー:岸壁荘の盗難事件」を紹介します。 対象年齢は8歳から99歳まで。プレイ人数は1人から4人と、少人数で遊べるゲームです。 「岸壁荘の盗難事件」は、その名のとおり、岸壁荘で行われた展示会で盗難事件が発生したという世界観です。3人の悪党が美術品を盗み出しました。幸 ...

≫ 記事の続きを読む

ボードゲーム遊び方紹介 番外編 ミステリーカフェ謎屋珈琲店に行ってきました。(後編)

千澤(ちざわ)のり子

前回からの続きです。 緊急事態宣言の発令前、ミステリ作家の稲羽白菟さん、同じくミステリ作家の浅倉秋成さん、ツイッター相互フォローのクッキーモンスターちゃんと「ミステリーカフェ 謎屋珈琲店」に行ってきました。謎屋珈琲店 謎解きはコーヒーと共に 自家焙煎ミステリーカフェ (nazoy ...

≫ 記事の続きを読む

ボードゲーム遊び方紹介 番外編 ミステリーカフェ謎屋珈琲店に行ってきました。(前編)

千澤(ちざわ)のり子

少し前になりますが、緊急事態宣言の発令前に文京区根津にある「ミステリーカフェ 謎屋珈琲店」に行ってきました。 場所は千代田線千駄木駅と根津駅の中間くらいで、やや根津側、根津神社のすぐ近くにあります。本店は金沢にあるので足を運ぶことができず、ミステリファンの方々に話を聞いてから、ず ...

≫ 記事の続きを読む

ボードゲーム遊び方紹介 第65回 『ピッグパズル Pig Puzzle』 後編

千澤(ちざわ)のり子

一人用のボードゲーム「Pig Puzzle」を紹介します。 前回はビギナー/イージーモードで遊んでみましたが、あっという間に終わってしまいました。 そこで今回は、ゲームボードを縦5、横3の15マスに拡大します。   チャレンジカードは、ノーマルのオレンジ色とハードの赤色 ...

≫ 記事の続きを読む

ボードゲーム遊び方紹介 第64回 『ピッグパズル Pig Puzzle』 前編

千澤(ちざわ)のり子

一人用のボードゲーム「Pig Puzzle」を紹介します。 作者はセバスチャン・デカッドで、イラストはスティボが描いています。   箱は蓋がついておらず、マグネットで軽く抑える程度なので、持ち運ぶときは要注意。ゴムか何かを巻いておかないと、隙間からタイルがこぼれてしまう ...

≫ 記事の続きを読む

ボードゲーム遊び方紹介 第63回 『白猫はどこに消えた? ~寝古屋探偵 最初の事件~』 考察編

千澤(ちざわ)のり子

引き続き、秋山真琴さん『白猫はどこに消えた~寝古屋探偵 最初の事件~』を紹介します。 ゲームは、30枚の情報カードを使って、白猫の行方を導き出す内容です。 よく説明書を読むと、情報カードをめくった枚数によって評価が分かれています。真相を導き出すためにめくったカード枚数が少ないと、 ...

≫ 記事の続きを読む

ボードゲーム遊び方紹介 第62回 『白猫はどこに消えた? ~寝古屋探偵 最初の事件~』 その1

千澤(ちざわ)のり子

『白猫はどこに消えた? ~寝古屋探偵 最初の事件~』を紹介します。 作者は秋山真琴さん、イラストは雛川まつりさんです。 秋山真琴さんは、大規模ボードゲームオフ会・ミスボドの主催者であり、古いネット仲間でもあります。とにかく行動派の方で、昨今の謎解きゲームレポなど、活動量と実行力に ...

≫ 記事の続きを読む

ボードゲーム遊び方紹介 第61回 『囲碁』 その1

千澤(ちざわ)のり子

2度目の緊急事態宣言が発令され、ますますボードゲームのために遠出することが難しい状況になってきました。 なので、少人数でも楽しめるボードゲームを紹介いたします。 今回は囲碁です。 囲碁を始めたのは、今から10年ほど前。まったく知らないけど、楽しそうだからやってみたいと思い、日本推 ...

≫ 記事の続きを読む

PAGE TOP