ミステリー作家 千澤のり子のボードゲーム奮闘記

ボードゲーム遊び方紹介 第37回 『CHAIN somnia ~アクマの城と子どもたち~』(準備編)

イベントで1時間もしないうちに完売した人気ゲーム「CHAIN somnia(チェインソムニア) ~アクマの城と子どもたち~」を紹介します。 監修はゲームデザイナーのカナイセイジさんと「JELLY JELLY CAFÉ」代表の白坂翔さん。対象年齢は14歳以上、プレイ時間は40分から ...

≫ 記事の続きを読む

ボードゲーム遊び方紹介 第36回 『ペンギンパーティー』

イラストが夏っぽくて可愛らしい「ペンギンパーティー」を紹介します。 ペンギンの絵が描かれたカードを使って、8段ピラミッドを作っていくゲームです。対象年齢は6歳以上から。プレイ人数は2人から6人で、短時間で勝敗が決まります。 カードは全部で36枚あります。よくシャッフルして伏せた状 ...

≫ 記事の続きを読む

ボードゲーム遊び方紹介 第35回『Otrio(オートリオ)』

脳に「オー!」と言わせる、頭脳プレイのボードゲーム『Otrio』を紹介します。 Otrioは、9×9マスのボード上に、大中小の丸いコマを同じ色で3つ揃えた人が勝ちという内容です。プレイヤーは2人から4人まで。8才以上が対象年齢となるゲームです。   準備は、ゲームボード ...

≫ 記事の続きを読む

ボードゲーム遊び方紹介 第34回『森の赤ずきん』/千澤のり子

2人用のボードゲーム「森の赤ずきん」を紹介します。 世界観は、童話の「赤ずきん」そのものです。狼に会わないように注意して、森の中から、おばあさんのところに持っていくバスケットを3つ取ったら、1コイン獲得。2~3回プレイして、先に2コインを獲得した人が勝ちというゲームです。 準備は ...

≫ 記事の続きを読む

カードゲーム遊び方紹介 第33回 Love letter -恋文- /千澤のり子

/ 更新日:

第16回と第17回で紹介した「Love letter」の和風バージョン「恋文」です。 世界観は、昔々の日本。ある山奥の城下町の大名には、美しい一人娘がいました。お年頃になった彼女に、身分も立場も異なる若者たちが、想いをしたためた恋文を届けようとします。果たして、姫にたどり着けるの ...

≫ 記事の続きを読む

ボードゲーム遊び方紹介 第32回 コヨーテ

心理戦のカードゲーム『コヨーテ』を紹介します。 世界観は、インディアンたちの中に、狼のコヨーテが何匹隠れているのか推理するというゲームです。 カードの種類は、以下の通り。 まずは、数字の書かれた合計36枚のナンバーカードです。ナンバーカードには、基本カードと特殊カードがあります。 ...

≫ 記事の続きを読む

ボードゲーム遊び方紹介 第31回 お邪魔者(後編)

前々回の「ハゲタカのえじき」で登場した葛飾囲碁コミュニティ・JAMの皆さんと、「お邪魔者」で遊びました。 プレイヤーは全部で4人です。実は、私は「お邪魔者」経験者です。ですが、勝利のコツはつかめていません。   1回戦。役割カードは真面目なドワーズでした。3枚のゴールド ...

≫ 記事の続きを読む

ボードゲーム遊び方紹介 第30回 お邪魔者(前編)

今回は「お邪魔者」を紹介します。 舞台は山の坑道。穴掘り名人のドワーズたちが、金塊を目指して道を掘っていく、あるいは妨害するという、メルヘンチックなボードゲームです。   内容物は以下のとおりです。 40枚の通路カードいろいろなタイプの道が描かれています。 27枚のアク ...

≫ 記事の続きを読む

ボードゲーム遊び方紹介 第29回 ハゲタカのえじき(後編)

/ 更新日:

 私がよく参加している葛飾区の囲碁コミュニティ「JAM」のメンバーと「ハゲタカのえじき」で遊びました。  プレイ人数は4人。経験者である大将からルールの説明を聞き、スタート。 最初の得点カードは7でした。「せーの」で自分の出した数字カードをめくると、13が2人、10が1人、8が1 ...

≫ 記事の続きを読む

ボードゲーム遊び方紹介 第28回 ハゲタカのえじき(前編)

/ 更新日:

今回紹介するのは「ハゲタカのえじき」というカードゲームです。 「ハゲタカのえじき」はゲームデザイナー・アレックス・ランドルフが製作し、1988年にはドイツの年間ゲーム大賞にノミネートされています。 ルールはいたってシンプルです。プレイ人数は2人から6人。1から15までの数字が書か ...

≫ 記事の続きを読む

PAGE TOP