ボードゲーム遊び方紹介 第77回 『SHY MONSTERS(シャイモンスターズ)』(前編)

千澤(ちざわ)のり子

  2人用のボードゲーム「SHY MONSTERS」(シャイモンスターズ)を紹介します。 対象年齢は10歳以上、10分から20分で遊べるゲームです。 箱の中には、ダンジョンタイルが11枚。内訳は、入口と出口が描かれたタイルが各1枚ずつ、通路の描かれたタイルが3枚、モンス ...

≫ 記事の続きを読む

ボードゲーム遊び方紹介 番外編 「星降る夜と3つの殺人」

千澤(ちざわ)のり子

  先日、演劇×体験型ミステリー『星降る夜と3つの殺人』に行ってきました。開催場所はリアル脱出ゲーム吉祥寺店です。 友人関係に声をかけ、男性4人、女性2人の6人で1チーム。年齢は様々です。参加者は刑事役なので、スーツ姿で参加された方もいらっしゃいました。   ...

≫ 記事の続きを読む

ボードゲーム遊び方紹介 第75回 『ほしあわせ』 (後編)

千澤(ちざわ)のり子

前回からの続きで、カードゲーム「ほしあわせ」を紹介します。12星座を写したカードを使って遊ぶ、とてもロマンティックなゲームです。 プレイ人数は2人から8人。対象年齢は6歳以上です。遊び方は3種類あります。1つは前回紹介した「星座神経衰弱」で、今回紹介するのは、もう1つの「ほしかる ...

≫ 記事の続きを読む

ボードゲーム遊び方紹介 第74回 『ほしあわせ』 (前編)

千澤(ちざわ)のり子

カードゲーム『ほしあわせ』を紹介します。 『ほしあつめ』 プレイ人数:2~8人 プレイ時間:15分~ 対象年齢:6才~ ゲームデザイン:中村誠 製品版販売:株式会社バニーイヤー     カードは全部で36枚あります。 内訳は、おひつじ座からうお座まで12星座の ...

≫ 記事の続きを読む

ボードゲーム遊び方紹介 第73回 『BANDIDA(バンディダ)』(前編)

千澤(ちざわ)のり子

ベストセラーのゲーム「バンディッド」の続編「BANDIDA」(バンディダ)を紹介します。対象年齢は6歳から99歳です。ちなみに、年齢上限の99歳に特に意味はなく、パーティージョークのようなものだそうです。     道カードの枚数は、特殊カードを含み、合計70枚 ...

≫ 記事の続きを読む

ボードゲーム遊び方紹介 第72回 「フォボスのほしめぐり」

千澤(ちざわ)のり子

子ども向け絵本シリーズ『フォボスのほしめぐり』で遊びました。 対象年齢は、大人が読み聞かせできる4歳から。もう少し大きくなってから1人で読んでも楽しめます。 『フォボスのほしめぐり』は、ロメオ・エーニョ氏が書いたフランスの絵本です。 作画はアルノー・ブトル氏、翻訳はすごろくやの中 ...

≫ 記事の続きを読む

ボードゲーム遊び方紹介 番外編 初めての謎解き体験「謎屋珈琲店」

千澤(ちざわ)のり子

夏休み中、娘と一緒に根津にある謎屋珈琲店に行きました。 私の目当ては季節限定パフェ「向日葵の咲かない夏」です。原作はマイベストに入るくらい大好きな作品であります。夏にぴったりなソーダ系で、昼食後に女性2人で分けてちょうど良いくらいのボリュームでした。   店内の「踊る人 ...

≫ 記事の続きを読む

ボードゲーム遊び方紹介 第70回 シャーロック (プレイ編)

千澤(ちざわ)のり子

前回の続きです。 カードゲーム「シャーロック」をプレイしました。 協力型の推理ゲームで、事件は「ラストコール」「7月4日の死」「考古学者の墓」の3種類があります。 前回に続き、最初は「ラストコール」からプレイしていきます。 1人の場合は山札から6枚手札を取ってゲームスタート。物語 ...

≫ 記事の続きを読む

ボードゲーム遊び方紹介 第69回 「シャーロック」 (説明編)

千澤(ちざわ)のり子

スペインの謎解きゲーム「シャーロック」を紹介します。 2019年にドイツ年間ゲーム大賞を受賞した協力型のゲームです。 プレイ人数は1人から8人。対象年齢は8歳からになります。 ゲームは、「ラストコール」「7月4日の死」「考古学者の墓」、3つの事件が用意されています。 それぞれの物 ...

≫ 記事の続きを読む

ボードゲーム遊び方紹介 第69回 「シェフィ Shephy」(後編)

千澤(ちざわ)のり子

前回の続きで、一人用のカードゲーム「シェフィ」を遊びました。 手札は「暴落」「嵐」「対策ひつじ」「牧羊犬」「地に満ちよ」の5枚。ひつじカードは、1が1枚、100が1枚、300が2枚あります。 まず、ひつじカード1を好きなだけ手に入れられる「地に満ちよ」を使って3枚増やします。 続 ...

≫ 記事の続きを読む

PAGE TOP