ボードゲーム遊び方紹介 第23回 カルカソンヌ(後半)

千澤(ちざわ)のり子

 第21回に登場したミステリ好きの同じ年の友達と、またまた神保町にあるアソビCaféさんでカルカソンヌをプレイしてきました。  私はかなり昔に外国のサーバーで遊んだことがありますが、意味が分かっていなくて、ほぼ初心者状態。友達はまったく初めてです。 ちょうど夕飯時で店内も混んでい ...

ボードゲーム遊び方紹介 第22回 カルカソンヌ(前半)

千澤(ちざわ)のり子

 「カルカソンヌ」は、2000年に発売されたドイツのボードゲームです。  プレイ人数は2人から5人、拡張セットを使うと6人までプレイできます。 何もないテーブルの上に、正方形の72枚の地形タイルを並べていくゲームなので、準備に時間はほとんどかかりません。 まずは、青・黄・緑・赤・ ...

カードゲーム遊び方紹介 第21回 ナインタイルとフラッシュワード

千澤(ちざわ)のり子

 先日、ミステリつながりで同じ年の友達と、神保町にあるアソビCaféさんに行ってきました。 プレイ人数2人からのいろいろなボードゲームで遊んできましたが、今回は、時間制限を設けたスピード系のボードゲーム2種類を紹介します。 まずは、「NINE TILES」(ナインタイル)です。 ...

スピンオフ 謎解きゲームレポ「逆転のパズル」

千澤(ちざわ)のり子

 あそびファクトリー主催のアニメ逆転裁判謎解きゲーム2「逆転のパズル」に参加しました。会場は、前作「逆転のリドル」と同じ「J-SQUARE SHINAGAWA」です。  メンバーは、いつものミステリ好き夫婦の奥さまが主催、合計12名で挑みました。4人1組なので、3チームに分かれま ...

カードゲーム遊び方紹介 第20回 赤ずきんは眠らない

千澤(ちざわ)のり子

 心理戦ゲーム「赤ずきんは眠らない」を紹介します。  プレイ人数は3人から6人。今回は3人で遊びました。  キャラクターカードは、「赤ずきん」「はらぺこ狼」「おやぶた」が各1枚、「こぶた」が3種類3枚と合計6枚あります。 準備は簡単です。1つ1点の丸型トークンと1つ5点のハート型 ...

カードゲーム遊び方紹介 第19回 犯人は踊る(後編)

千澤(ちざわ)のり子

 6人で「犯人は踊る」をプレイしました。全員、ほとんど初心者です。  第一発見者1枚、犯人1枚、探偵2枚、アリバイ2枚、たくらみ2枚を用意し、残りのカードから16枚取り出し、シャッフルして1人4枚ずつ配りました。 「第一発見者」の方が「私の絵本がなくなりました」と事件概要を述べて ...

カードゲーム遊び方紹介 第18回 犯人は踊る(前編)

千澤(ちざわ)のり子

「事件が起きた――。犯人は今日この場所に集まった私たちの中にいる」  いわゆる犯人当てをテーマにした「犯人は踊る」は、すごろくやさんで製造・販売しているミステリ・カードゲームです。  鍋野企画の鍋野ぺすさんが制作、鍋野たまさんが絵を手がける大人気のゲームで、わが家にあるのは、その ...

リアルタイムループゲーム「アイドルは100万回死ぬ2」に行ってきました!

千澤(ちざわ)のり子

 夏休みに、リアルタイムループゲーム「アイドルは100万回死ぬ2」に行ってきました。  場所はリアル脱出ゲームが常設されている「アジトオブスクラップ下北沢ナゾビル」です。  前作がとても面白かったので、今回の続編にはかなり期待していました。企画原案と監修は、「Ever17 -th ...

ボードゲーム遊び方紹介 第17回 Love Letter(後編)

/ 更新日:千澤(ちざわ)のり子

 今回は母親の仕事に興味を持った長男(19歳)が、ゲームの相手をしてくれました。  母子ともに説明書を読むのが苦手です。とりあえず、能力の書いてあるゲームカードを規定の枚数にあわせて16枚取り出しました。  よくシャッフルし、山札から1枚引いて伏せて脇に置き、さらに3枚カードを抜 ...

ボードゲーム遊び方紹介 第16回 Love Letter(前編)

千澤(ちざわ)のり子

 しばらく謎解きゲームがメインのスピンオフ記事が続いていましたが、またボードゲームに戻ります。  今回紹介するのは、文庫本みたいな箱に入った「Love Letter」です。株式会社アークライトの商品で、2014年に発売されました。対象年齢は10歳以上。2人から4人で遊べるボードゲ ...

PAGE TOP