【買取実績】『ウルフレンド・クエスト』1時間でプレイできるカードRPG

公開日:

本日は買取品の中から翔エンタープライズ製『ウルフレンド・クエスト』を紹介いたします。TRPGの普及を図った作品で、パッケージのフレーズにもあるとおり、1時間でのプレイが可能です。TRPGの要素をカードゲームに落とし込むことで、ゲームマスター不在でプレイできるデザインとなっています。初心者をTRPGの世界へといざなう入門編としても最適ですし、もちろん単体のTRPG+カードゲームとして楽しむことが可能です。

本ゲームは4人でプレイすることを前提にデザインされており、キャラクターもあらかじめデザインされた8人から選択できます。シェフィールドはノンプレイヤーキャラであり。5人でプレイするときは1人がシェフィールドを選択してゲームマスター役となります。なお、3人でのプレイも可能ですが、難易度が上がってしまうようです。

 

進行にカードを組み合わせることでゲームマスターの替わりをとしているわけですが、けしてシステマチック一辺倒ではないのも本ゲームの面白さです。キーワードカードを組み合わせた「決めゼリフ」でダイスの目を有利にもっていくという、ロールプレイングの楽しさも盛り込んでいます。キーワードカードの使用枚数が多ければ多いほど+補正がされます。しかもただ列挙するだけではなく、他のプレイヤーの評価判定によってさらに補正されていきます。やはり他のプレイヤーの心を打つフレーズを放ちたいところですね。キーワードカードは戦闘だけでなく敵モンスターの説得など、ダイスを振るたびに使用できます。


▲本作の特徴であるキーワードカードの一例。いかにも決めゼリフ向けな言葉から、ちょっとまってそれ今いわないといけないこと?みたいな単語まで。超重要な局面で明かさねばならない秘密とか、気になります。

 

ゲームデザインは日本のゲーム黎明期からゲームデザイナーとして活躍してきた鈴木銀一郎氏。今なお新たなユーザーへの門戸を開くコンセプトを生み出し続けていることには心底感服します。イラストは『モンスターメーカー』シリーズでおなじみの九月姫氏によるもの。アクのない透明感のある絵柄で80年代から人気のイラストレーターです。たとえゲームにまったく接点のない人でも、「どこかで見た」ことのあるビジュアルですよね。

 

TRPGに限らず、趣味関連のすべてのジャンルにおいて、新たなユーザーやファンをどう獲得してジャンルをつないでいくかは課題です。それも長く続けば続くほど。『ウルフレンド・クエスト』のリリースは、その内容だけでなくコンセプトから座組までも含めて、すべての趣味を愛する人々への提案といえるでしょう。あなたの愛するジャンルを振り返る意味でも、このゲームとその志に触れてみてはいかがでしょうか。


たいむましんでは各種TRPGの買取りを行っています。
詳しくはTRPG・ゲームブックのページをご参照ください。

買い取り方式についてのご相談はフリーダイヤル:0120-776-700(10~20時/年中無休)でもお気軽にご相談下さい。
スマホで写真をお送り頂くだけのLINE査定や、WEBからのお問合せフォームもご利用いただけます。

 


 

商品カテゴリーボードゲームTRPG・ゲームブック
買取方法宅配買取

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。


よろしければシェアお願いします

2020年7月に投稿したたいむましんの記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP