マジックザギャザリング スタンダード、モダンのデッキ複数を千葉県のお客様よりお譲りいただきました!

公開日:

マジック:ザ・ギャザリング 買取

マジックザギャザリングのスタンダード、モダンのデッキ複数を千葉県のお客様より買い取り致しました。

今回買取をご依頼くださったお客様はギャザを引退なさるそうで、長年愛用されていたプレイマットごとお譲りいただきました。有難うございました。

ニコル・ボーラス プレイマット

プレイマットもお譲りいただきました。さすがのボーラス様、漂うラスボス感ですね。

すっかり黒幕の位置が板についた、圧倒的な人気を誇る”ニコル・ボーラス”が描かれていますね。お譲りいただいたカードの中にもコンフラックスの”プレインズウォーカー、ニコル=ボーラス”から、破滅の刻の”欺瞞の主、ニコル・ボーラス”まで揃っていました。お好きだったんでしょうか。

デッキの方は競技プレイヤーだったのか、専門スタッフが査定時に思わず唸るデッキも見受けられましたので、ピックアップして見ていきたいと思います。

マジック:ザ・ギャザリング  スタンダード
まずこちらは1シーズン前のスタンダードの黒緑エネルギーデッキのようですが、枚数が少ないようです。人質取りが入っていたりするところを見ると、作りかけのデッキだったのでしょうか。はたまたスゥルタイエネルギーからパーツを抜いた後だったんでしょうか。

私もスカラベが使いたい一心で黒緑エネルギーからスゥルタイに寄せたことがありましたが、除去耐性のない人質取りは信用できなくて採用していませんでした。

 

マジック:ザ・ギャザリング  赤青ストーム

続きましてはこちら呪文の多さが際立つ、モダンの「赤青ストーム」になります。(このデッキは人気故、結構呼び名が多いのですが、一番よく聞き馴染みのあるこちらで紹介してゆきますね。)

呪文を唱えてコンボを繋げまくる楽しさに加えて、デッキパワー自体が高く、「ギャザ強くねーよ!」なんて人も意外とあっさり勝利を納めてしまったなんてことが多いのではないでしょうか。

赤青ストームの肝となるクリーチャーの1体はこちら!

マジック:ザ・ギャザリング  遵法長、バラル
モダンの革命児(?)”遵法長、バラル”です。霊気紛争での彼の登場により、もともと採用されていた”ゴブリンの電術師”と合わせてコンボスピードや条件が劇的に緩和されたことでTier.1に名前を連ねるほどのデッキになりました。

マジック:ザ・ギャザリング 炎の中の過去 けちな贈り物 ぶどう弾
基本的には前述の2枚と”けちな贈り物”を組み合わせることで、マナ加速(魔力変、発熱の儀式、捨て身の儀式など)と共に”炎の中の過去”をキャストすることが第1関門ですね。

この時点で相手の手札に解答がないと、どういうチョイスをされても最終的に”ぶどう弾”を手札に加えられて勝利できます。
(簡単マジックですね)

 

マジック:ザ・ギャザリング  モダン ジャンド
最後はモダンデッキの中でも、あらゆる相手への対応力が魅力的な赤黒緑から成る「ジャンド」になります。

このデッキが返り咲くきっかけとなったのは、なんといってもこちら。
マジック:ザ・ギャザリング 暗殺者の戦利品
暗殺者の戦利品”になります。2マナインスタントで『何でも破壊できる』という、ちょっとなに言ってるのか分からないカードになっています(もちろん小さくないデメリットもありますが・・・)。これにより土地やプレインズウォーカーに触れられるようになったことで、相性的に苦手なトロンにも対応できるようになっていきました。

こうまで人気デッキが組まれているとは、相当やりこまれていたんでしょうか。ギャザへの愛を感じるコレクションでした。お譲りいただきまして有難うございました。


たいむましんではトレーディングカードの買取をさせて頂いております。

メールからアイテムの査定をご希望の方はメール買取りフォームから。
LINEでのアイテムの査定をご希望の方はライン査定案内ページから。(返信時間平日10-17時
お電話でのご相談希望の方はフリーダイヤル:0120-776-70010-20時/年中無休)から。


商品カテゴリートレカ
ご依頼地域千葉県佐倉市
買取方法宅配買取

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。


よろしければシェアお願いします

2019年2月に投稿したたいむましんの記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP