カードゲーム遊び方紹介 第20回 赤ずきんは眠らない

公開日:千澤(ちざわ)のり子

 心理戦ゲーム「赤ずきんは眠らない」を紹介します。

558988487

 プレイ人数は3人から6人。今回は3人で遊びました。

 キャラクターカードは、「赤ずきん」「はらぺこ狼」「おやぶた」が各1枚、「こぶた」が3種類3枚と合計6枚あります。
 準備は簡単です。1つ1点の丸型トークンと1つ5点のハート型トークンをすべてテーブルの中央に置きます。
 プレイヤーは各自「おうちタイル」を1枚、「進行早見表」を1枚持ちます。「おうちタイル」には、「おやすみなさい」か「トラップ」の絵が背中合わせに描かれています。
 3人時は、「赤ずきん」と「はらぺこ狼」と「こぶた」のキャラクターカードを使用します。さらに、得点トークンを3点、あらかじめ受け取ります。

IMG_0127
 人数は何人の時でも、「はらぺこ狼」を持っている人からゲームスタート。他のプレイヤーは「おうちタイル」を「おやすみなさい」か「トラップ」、どちらか好きなほうを上に置き、自分のキャラクターカードで隠します。
 初手で「はらぺこ狼」を持っていた私は、「赤ずきん」を持っていたAさんを襲撃しました。

IMG_0126
 カードは「おやすみなさい」。なので、成功です。「はらぺこ狼」は相手のキャラクターカードに書かれた数だけ得点をもらえます。「赤ずきん」は3点なので、3点もらいました。食べられたAさんは、逆に3点をトークンの山に返します。残りのプレイヤーであるBさんは、「トラップ」だったので、何も起きません。
 次のターンは、食べられたプレイヤーか、トラップに引っかかった「はらぺこ狼」が、全員のキャラクターカードを選ぶことができます。
 2ターン目はAさんが「はらぺこ狼」になりました。残りのキャラクターカードは、狼の人が選んでプレイヤーたちに渡します。AさんはBさんに「赤ずきん」、私に「こぶた」を渡しました。
 Aさんは「赤ずきん」のBさんを襲撃しました。Bさんは「トラップ」です。この場合、「はらぺこ狼」はひどい目にあい、相手のキャラクターカードに書かれた点数を返さないといけません。Aさんはすでに得点がなかったので、そのままです。逆にBさんは自分のキャラクターカードに書かれた点数、3点をもらえました。私は「トラップ」を置いていたので、得点は入りません。
 次のターンは、Bさんが「はらぺこ狼」、私が「赤ずきん」、Aさんが「こぶた」になりました。襲撃されたのは、「赤ずきん」。「おやすみなさい」を上にしていたので、私は3点を返しました。「赤ずきん」を食べたBさんは3点得点をもらえます。Aさんはトラップを向けていたので、何もなしです。
 次のターンは、私が「はらぺこ狼」になりました。得点の高いBさんに「こぶた」、Aさんには「赤ずきん」を渡しました。「こぶた」を襲撃したら、「トラップ」。1点を返し、Bさんには1点が入りました。
 この時点で、Bさんは10点獲得。プレイヤーの誰かが10点になったらゲーム終了です。
 3人だとあっさり終わってしまうので、次は6人集めて遊んでみたいです。

ボードゲーム遊び方紹介一覧はこちらから。

各種ボードゲームの買取価格表はこちらになります。

千澤(ちざわ)のり子

1973年生まれ 
作家。近刊は『鵬藤高校天文部 君が見つけた星座』。
ボードゲーム好きで『人狼作家』の編集も手がけ、羽住典子名義でミステリ評論活動も行っている。


よろしければシェアお願いします

PAGE TOP