ミステリー作家 千澤のり子のボードゲーム奮闘記

ボードゲーム遊び方紹介 第58回 『さかな、さざなみ、さようなら』 後編

公開日:千澤(ちざわ)のり子

「さかな、さざなみ、さようなら」は、デッキを0にしていく一人用のカードゲームです。

 

前回の続きです。

4ターン目。手札は、「徳カード」の1、「特殊カード」の縁、「アクションカード」の因、食欲に財欲です。
まずは縁[1]縁:【特殊】手札または使用済みエリアにあるアクションか合点のカードを1枚選び、その能力を持っているように扱うことができる。を使って因[2]因(カルマ):【アクション】山札からカードを3枚引く。の効果を用いてカードを3枚引きます。
徳カード2とアクションカードの諦め[3]諦め:【アクション】コスト4以下の手札を一枚開放する。この効果ではお得ポイントや解放枠は消費しない。と、財欲を引きました。コスト4以下の手札を解放できる諦めを使って、食欲を解放します。諦めは徳ポイントも解放枠も使用しないので、まだ解放できます。続いて、因を使って、さらにカードを3枚引きます。徳カードの1と3、「合点カード」の気づき[4]気づき:【合点】このカードを解放したとき、解放枠を3増やす。を引きました。

まずはコスト0の気づきを解放します。解放枠が3つ増えました。

続いて、「徳カード」の2と3を使って財欲を1つ解放します。

残り2つの解放枠を使って、「徳カード」1を2枚とも解放させました。

さて、山札は残り1枚です。手札を5枚引けないので、山札を作り直さないとなりません。これは、三途の川を渡ることになり、渡し賃として彼岸にあるカードから2枚を超彼岸に送る、「超解放」を行います。

 

山札を作り直した5ターン目。手札は徳2と3、合点の赦し[5]赦し:【合点】このカードを解放したとき、お得ポイントを3増やす。、アクションの因、色欲です。因を使って山札からカードを3枚引きます。徳3と合点の赦しと特殊の縁を引きました。

お徳ポイントの合計が8になったので、コスト8の色欲を解放します。

 

6ターン目。手札は徳1と2、アクションの因、合点の悟り、財欲です。枚数を減らしたいので、徳2を使ってコスト2の悟りを解放し、コスト5以下のカードを解放できる効果を使って財欲を解放しました。

 

7ターン目。諦めを使って悟り[6]悟り:【合点】このカードを解放するとき、コスト5以下の手札を1枚解放してよい。この効果ではお得ポイントや解放枠は消費しない。を解放、コスト5以下のカードを解放できるので、コスト3の徳2を解放、解放枠は消費しないという効果があるので、徳1も解放しました。山札がなくなったので、再び超開放をします。

 

8ターン目。「徳カード」しかありません。

コスト6かかる徳3を1枚解放しました。

 

9ターン目は徳1が2枚、徳2が1枚、諦めと縁。諦めを使って縁を解放、使用したアクションカードの効果を使えるので、コスト4以下の徳2を解放。解放枠は消費しないので、残りは3回。徳1を2枚とも解放しました。

 

10ターン目。赦しが2枚に、因が2枚、縁が1枚です。山札を作り直し、因を使って徳2を2枚と徳1を引きました。

お徳ポイントを4つゲットし、因を解放します。

 

11ターン目。徳1、2、3がそれぞれ1枚ずつ。ほかは諦めと赦しです。諦めを使ってコスト4以下の手札である徳2を解放、残った解放枠で徳1を解放しました。

 

12ターン目。徳2、赦し、縁、諦め、因。諦めを使って因を解放で終了。

 

13ターン目は徳1、2、3に赦しが2枚。徳2を解放します。

 

14ターン目。縁を使って諦めの効果を発揮。赦しを解放して、諦めを使い、赦しをもう1枚解放します。

デッキは残り4枚ですが……、詰みました。どんなカードを使っても、コスト6のお徳カード3は解放できません。

 

今回は無念の敗退です。次回は、何の効果もないカードから先に解放し、続いてコストの高いカードを解放していくとうまくいきそうな気がしています。

 

『さかな、さざなみ、さようなら』

冒険企画局
プレイ人数:1人
プレイ時間:15分
対象年齢:15歳~
メーカー商品紹介ページ

 

千澤のり子さんも寄稿されている平成をテーマにしたアンソロジー小説集『平成ストライク』の文庫版が10/23に角川文庫から発売になりました。(Kindle版も発売中)

これは決して「過去」ではない。9つのミステリでたどる平成の軌跡。
JR尼崎駅で通勤電車を待っていたカメラマンの植戸は電車脱線の報せを受ける。その後、ホームで見かけた高校生が事故の取材現場にも現れて……(「加速してゆく」青崎有吾)。私は悪を倒すため、正義のために、彼のブログに殺害予告を書き込み続ける(「他人の不幸は蜜の味」貫井徳郎)。
平成に起きた、印象的な事件や出来事をテーマに9人の注目作家が紡ぐ衝撃のミステリ。今を手探りで生きる私たちの心に刺さる、珠玉の競作集!

 

脚注

脚注
1縁:【特殊】手札または使用済みエリアにあるアクションか合点のカードを1枚選び、その能力を持っているように扱うことができる。
2因(カルマ):【アクション】山札からカードを3枚引く。
3諦め:【アクション】コスト4以下の手札を一枚開放する。この効果ではお得ポイントや解放枠は消費しない。
4気づき:【合点】このカードを解放したとき、解放枠を3増やす。
5赦し:【合点】このカードを解放したとき、お得ポイントを3増やす。
6悟り:【合点】このカードを解放するとき、コスト5以下の手札を1枚解放してよい。この効果ではお得ポイントや解放枠は消費しない。

よろしければシェアお願いします

PAGE TOP