【買取事例】MTG専門誌の『ゲームギャザ』を買取いたしました。

公開日:

ゲームギャザ

ぎゃざ

MtGの専門誌として発行された『ゲームギャザ』は昔からのMtGプレイヤーなら親しみがある雑誌ではないでしょうか?

昔の情報媒体として雑誌はかなりの情報量を網羅しており、最新の情報を追うなら読んでおくことでアドバンテージが取れました。大会の情報、構築方法、新弾プレビューなど必要な情報が詰まった雑誌でした。

それが当時にマジックザギャザリングの専門誌として有名な『ぎゃざ』という雑誌の印象です。

他のトレーディングカードの情報も多く掲載されていて、TCG雑誌として抜きん出た雑誌だと思います。

 

ギャザ 表紙

ぎゃざ

表紙は田中久仁彦氏のデザインでお馴染み『ぎゃざガール』が目印になっています。この表紙を見ると書店では一目で『ぎゃざ』だとわかるほどでした。一見するとマジックザギャザリングの専門誌とはわかりません。

 

ぎゃざガール

ぎゃざガール

12人いるぎゃざガール。このイメージキャラクター内で人気投票があり、スリーブやデッキケースなどが発売されたこともありました。

今ではキャラスリーブはTCG文化の一つとなりましたが、当時では斬新な発想だと思います。無地スリーブが硬派だった時代に、かわいいスリーブを使用できる免罪符となっていました。

 

MtG ストーリー

ぎゃざ 新弾レポート

「インベンション」の攻略レポートや記事がまとめられています。MtGの広大な世界観を知るには手助けになります。ファイレクシアがドミナリア侵攻を行うインベンションでは、多くのイラストから読み取れますがパズルのようで解読が難しいです。そうした情報をまとめてくれているので、ファンには嬉しい情報誌です。

 

次の一手

デッキ構築

詰将棋のような相手の先を読む思考が必要になるカードゲームでは、多くの試行が必要になります。環境に合わせた対戦の考察がありとても勉強になります。今のようにネットが主流では無かった時代では、カードゲームにおける考え方のイロハを教えてくれる教科書でした。

大会の結果もあり当時の競技シーン活性化も担った雑誌であると感じます。今後も不定期に刊行されるマナバーンに当時の『ゲームギャザ』に思いを馳せることがあるでしょうね。


たいむましんではMTG専門ブランドのマジックラボラトリーを運営しております。MTGの高価買取から、豪華執筆陣による濃厚な記事を連載中です!

↓ぜひご確認ください↓

MTGページ

マジックザギャザリングのカードを販売中です。コレクションやデッキ構築にぜひお役立てください!

↓販売ページはこちら↓

MTGカード販売

商品カテゴリートレカ買取強化タイトル トレカを売るMTG買取 マジック:ザ・ギャザリング買取
ご依頼地域埼玉県川越市
買取方法宅配買取

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます


よろしければシェアお願いします

2022年7月に投稿したたいむましんの記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP