【買取実績】『マジック:ザ・ギャザリング(MTG)』モダンデッキ 赤緑狼

公開日:


2021年9月にリリースされた『イニストラード:真夜中の狩り』は、メインビジュアルにワーウルフを配置。厳しい気候を耐えしのぎ、秋の収穫祭を迎えた人々とそれを狙う者たちが描かれます。そして今回買取させていただきましたデッキは、リリースされたこのイニストラード次元が初登場したイニストラード・ブロック(『イニストラード』『闇の隆盛』)からのカードがメインとなっています。『真夜中の狩り』で「日暮れ」と「夜明け」としてシステム化された「変身」も、この時が初登場です。特に今回の赤と緑はこの変身を持った両面カードが特徴として割り当てられています。

デッキ内容に目を移すと、マナコスト的には低く、その分性能もささやかなクリーチャーが、変身条件を満たすと裏面の強力なクリーチャーに変化するという、まさに「変身」する狼男を中心に組まれています。
「扇動する集団/野生の血の群れ」「クルーインの無法者/クルーイン峡の恐怖」など、赤の第1面がならず者的というか物騒な連中が多いのに対し、緑は「軽蔑された村人/月傷の狼男」「狼に噛まれた囚人/爪の群れの殺人者」など、第1面がどことなく頼りない印象ですね(とはいえ「軽蔑された~」のほうはワケアリっぽいですが)。この傾向は最新弾(※記事執筆の2021年10月現在)のである『真夜中の狩り』でも似た傾向があると思います。というか赤のタチの悪さはよりひどくなっているような……。


「アヴァブルックの町長/吠え群れの頭目」などの狼男同士のシナジーに加え、「昇る満月」「ケッシグの狼の地」などの強化を得、クリーチャーが並んだところで「月霧」による変身と襲撃でフィニッシュといったところでしょうか。「霊気の薬瓶」によるクリーチャー奇襲もかなり対戦相手にはいやな要素です。まさに「殴り勝つ」お手本のような内容。『真夜中の狩り』をはじめとする最新の狼男や周辺呪文と組み合わせても面白いデッキになるかもしれません。

たいむましんではこうしたデッキ状態での買取もお待ちしております。優良カードが集まったデッキセットは、査定金額もボーナス的にアップいたします!

(Tg)


たいむましんはマジック:ザ・ギャザリングの中でも特にモダンの買取に力を入れております。『マジック:ザ・ギャザリング』以外にも『ポケモンカードゲーム(ポケカ)』『ヴァイスシュバルツ』『遊戯王OCG』『デュエル・マスターズ』など、各種トレーディングカードゲームの買取をさせていただいております。詳しくはトレカのコーナーをご覧ください。
フリーダイヤル:0120-776-700(10~20時/年中無休)でもお気軽にご相談下さい。
スマホで写真をお送り頂くだけのLINE査定もオススメです。

 

 

商品カテゴリートレカ買取強化タイトル トレカを売るMTG買取 マジック:ザ・ギャザリング買取
ご依頼地域宮城県大崎市
買取方法宅配買取

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。


よろしければシェアお願いします

2021年10月に投稿したたいむましんの記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP