【買取実績】遊戯王OCG『PREMIUM PACK』封入カード全種をお譲りいただきました。

公開日:

遊戯王OCG PREMIUM PACK

時の魔術師

『PREMIUM PACK』に封入されていたカードコレクションをお譲りいただきました。
このパックが販売された会場では、想定以上に人が集まったため販売を中止の措置を行ったため、購入できない人が続出して暴動が起きるなどの問題がありました。トレーディングカードにまつわる社会現象を起こし、全国ニュースにもなるほどで遊戯王OCGがこの頃より人気が高かった証明でもあります。

今となっては、思い返せばそんなこともあったなと言った感じです。ですが封入されいてたカードのラインナップを見ると、暴動が起きてしまう気持ちもわかる気がします。エクゾディアデッキの要になる『封印されしエクゾディア』などの強力かつ必須級のカードがあり、当時のカードプール上でも枚数が少なく、このパックから手に入るカードはデッキに採用されるものも多かったものです。
それでは当時のデッキやカードたちの思い出を振り返りながら、お譲りいただいたカードを紹介していきます。

封印されしエクゾディア

封印されしエクゾディア

手札にエクゾディアパーツを5枚集めれば勝利できるという特殊なカードで、原作でも遊戯が使用していたカードで人気が高く、デュエリストたちからはいつ『封印されしエクゾディア』が出るのかと手足のパーツを揃えながら待ち望んでいました。
そして待望の本体が登場して、エクゾディアを中心にしたデッキの構築が急がれました。エクゾディアはデザインもよくカッコいいカードでしたので、当時よりコレクションアイテムとしても人気が高かったですね。

エクゾディアデッキに追い風

天使の施し

ほぼプレミアムパックの発売と同時期頃、ブースター第4弾に封入されていた強力なドローカード『天使の施し』がエクゾディアデッキに相性がよく、当時は禁止されていなかったので3枚使用してエクゾディアを引き当てるという強力な戦法も出回っていました。
このカードと『強欲な壺』という2大ドローカードを使用してエクゾディアを完成させるという現在では”非合法”なデッキが構築されていました。

エクゾディアデッキ ~構築と勝利への遠い道のり~

エクゾディア 召喚

現在では制限カードであるエクゾディアでしたが、当時ではエクゾディアデッキで勝つなら3枚差しは当たり前という構築に当たり過酷な道のりがありました。
各手足はVol.1~Vol.4のURカードになっていて、引き当てること自体が難しくエクゾディアデッキを必要としない方にトレードしてもらい集める必要がありました。
そんな集めるのに苦労するエクゾディアパーツですが、自分で買ったパックから手足が出ると悔しい気持ちになったのは私だけではないのでは?

エクゾディア 墜つ

メタモルポッド

どんなカードゲームもずっと最強のデッキが存在していることは無く、対策カードはすぐに表れては環境に変化をもたらします。
そう、エクゾディアも例外ではありませんでした。ブースター第5版では強力な”手札破壊”や”デッキ破壊”カードが横行しました。
その象徴のモンスターが『メタモルポッド』や『ニードルワーム』でした。これらのカードを捌ききることは難しく、ほどなく高速エクゾディアデッキは息をしなくなりました。

コスモクイーン

コスモクイーン

プレミアムパック登場時ではブルーアイズ・ホワイトドラゴンに次ぐスペックを持つ☆8モンスターカードのコスモクイーン。
魔法使い族の強スペックカードで採用率も高く、このプレミアムパックにおいてのアタリとも呼べるカードでした。どんなカードゲームも攻撃力は正義なのです。

時の魔術師

時の魔術師

博打にはなりますが、サンダーボルト級の除去能力を持つカード。融合にも使用されるなどシナジーのあるカードでデッキ採用率の高いカードでした。シークレットレアでカードデザインもよく未だに人気が衰えないカードです。

気まぐれの女神

気まぐれの女神

コイントスに成功すれば☆4以下ではトップクラスの攻撃力を持つカードですが、外れたときの攻撃力が半分になるという特殊な能力を持つカード。
半分になった時の数値が475と半端になるので当時は「攻撃力1000でもよいのでは?」と思いました。スコアが50単位で変動しなくなったのは『カードを狩る死神』と『バロックス』のせいと勝手に思っています。

メテオ・ドラゴン

メテオドラゴン

単体では活躍が難しいカードで、後の融合素材モンスターになるレアカード。
”ドラゴン族”だから許されているスペックのカードと確信できてしまう。

クレセント・ドラゴン

クレセントドラゴン

「”闇・☆7・ドラゴン族”の3拍子は弱い」との格言を作らせてしまった内の1枚。
こちらもドラゴン族なので許されているであろうカードですが、後に紹介するバニラカードに比べれば全然戦えるカードになっています。

プレミアムパック 4枚のハズレ枠?

現在ではコレクターとしての人気が高いプレミアムパックのバニラカードたちですが、当時のデッキ構築では使用場面がないであろうカードが4枚封入されていました。ウルトラレア以上のカードなので、バインダーを彩ることくらいにしか用途がありませんでした。
大人になってみてみるとデザインが結構好きです。

大砲だるま

大砲だるま

ねらいは外さないが構築からは外されるカードの1枚。どうしても使いたい場合は岩石の巨兵顔をしてリバース表示で出しましょう。

カエルスライム

カエルスライム

もちろん特殊能力も持たず、攻守は1000未満という環境にやさしいカード。
なんとなく寂し気なデザインが好きです。

どうしても使用したい場合は1ターンをリバース表示で何としても凌ぎ、次のターンにアドバンス召喚のリリース推奨です。

ツルプルン

ツルプルン

カエルスライムと同じ水族のバニラカード。デッキに採用されることが無いことが共通点で、恐らく水族の奴はだいたい友達。
攻守合わせても1000に及ばない控えめなカードで、可愛いモンスターカードです。

ダンシング・エルフ

ダンシングエルフ

このバニラカードの中では最弱のスペックを誇るダンシング・エルフ。☆1なのである意味では珍しい。
攻守合わせて500のカードは大切にされるジンクスがあります。


たいむましんでは遊戯王OCGデュエルモンスターズの買取を行っています。LINEで写真を送るだけの簡単LINE査定を行っておりますので、値段を知りたいだけでもお気軽にご相談ください。

LINE

↓↓遊戯王OCG特設ページはこちら↓↓

遊戯王 高価買取

また遊戯王カードの通販も行っております。滅多に見れないカードから実践向けのカードまで、すぐにカードが入れ替わりますので是非ご確認ください。

↓↓トレカ通販ページはこちら↓↓

トレカ通販

商品カテゴリー遊戯王カード買取
ご依頼地域東京都町田市
買取方法出張買取

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。


よろしければシェアお願いします

2021年10月に投稿したたいむましんの記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP