【買取実績】遊戯王カード『Yu-Gi-Oh! WORLD CHAMPIONSHIP』配布カードをお譲りいただきました。

公開日:

Yu-Gi-Oh! WORLD CHAMPIONSHIP レプリカカード

毎年行われている世界大会の『Yu-Gi-Oh! WORLD CHAMPIONSHIP』(WCS)の配布カードをお譲りいただきました。たいむましんにお譲りいただきありがとうございました。

この大会の配布カードで一番知名度が高いのは2017年に配布された『青眼の亜白龍』でしょう。実際にデッキに組み込むことが出来ることと、実践値・観賞度の高さから人気が高いカードになっています。大会配布カードを遡ると『青眼の亜白龍』の源流のようなカードが多く存在しています。それでは全国大会WCSの配布カードを数点紹介させていただきます。

魔導神のオブジェ/Testament of the Arcane Lords

Testament of the Arcane Lords

『Yu-Gi-Oh! WORLD CHAMPIONSHIP 2007』で配布されたカードで、2006年度の優勝賞品のレプリカ版です。
例年通りの同じ属性のモンスターを3体リリースすることで召喚可能です。もちろんデュエルには使用できませんので、観賞用として楽しむほかありません。
あまり強すぎず観賞用になるかどうかギリギリの効果を狙ってくるのが好きですね。使用できないのは恐らくビクトリードラゴンの前例があるからでしょうね。

獣王キマイラ/Chimaera, the Master of Beasts

Chimaera, the Master of Beasts

例年よりお馴染みの能力を持った2007年度WCSの優勝賞品になった獣王キマイラ。2008年度には勿論去年の優勝カードのレプリカが配布されました。

見た目が有翼幻獣キマイラと(名前も)似ているのですが、スペックが全く違うという悲しさ。どう見てもこっちの方が津様相ではありますが、背景に関連性があるのかを確認したくなります。

軍神テュール/Tyr, the Vanquishing Warlord

軍神テュール

2008年に優勝賞品になった軍神テュールのレプリカ版です。
昨年の優勝賞品のSR仕様が参加得点として配布されるようになり、去年の大会を思い出しながら今年の頂上決戦を楽しむお祭要素が詰まったカードです。

北欧神話からの登場ですが、背中の羽根がどことなくガン〇ムっぽさを感じます。デザインはすごく好きなのでデュエルでの使用が出来ないのが残念でなりません。

羅阿邪神将アギバ/Aggiba, the Malevolent Sh’nn

Aggiba, the Malevolent Sh'nn S'yo

『World Championship Series 2009』の優勝賞品であった『羅阿邪神将 ( らあじゃしんしょう ) アギバ』の『Yu-Gi-Oh! WORLD CHAMPIONSHIP 2010』に配布されたレプリカカードVerになります。

仏教を意識してデザインされたカードなので、今までのデュエルモンスターズには無い女神転生のような雰囲気があって素敵なカードデザインに。エジプト神話や北欧神話以外にも遊戯王カードの世界観にマッチして、どんな世界観でも遊戯王OCGが溶け込めることを証明したと感じます。

この頃のレプリカカードは再録もされていないので、初期の三原神のようにデュエルで使用することは夢のまた夢になっています。ユーモアある効果ですが、現在のカードプールだと悪用される未来しか無いので観賞用として今後も使用されることになるでしょうか。


たいむましんでは遊戯王OCGデュエルモンスターズの買取を行っています。LINEで写真を送るだけの簡単LINE査定を行っておりますので、値段を知りたいだけでもお気軽にご相談ください。

LINE

↓↓遊戯王OCG特設ページはこちら↓↓

遊戯王 高価買取

デッキをまるごと買い取る「デッキ買取ボーナス」を行っています。
引退された方よりご相談を頂くことが多く、そのままの状態でお見積りをしております。
最大20%の査定額アップのボーナスもあるので、ぜひご相談くださいませ。

また遊戯王カードの通販も行っております。滅多に見れないカードから実践向けのカードまで、すぐにカードが入れ替わりますので是非ご確認ください。

↓↓トレカ通販ページはこちら↓↓

トレカ通販

商品カテゴリー遊戯王カード買取
ご依頼地域東京都新宿区
買取方法出張買取

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。


よろしければシェアお願いします

2021年10月に投稿したたいむましんの記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP