【買取実績】『マジック:ザ・ギャザリング(MTG)』 ホームランド/アライアンス コンプリートセット

公開日:


今回はお客様から大量にお譲りいただきましたMTGのコレクションの中から、1990年代の2つのエキスパンションのコンプリートファイルをご紹介します。とはいえタイトルでお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが少々説明が複雑です。

1995年10月発売の「ホームランド」は、アイスエイジ・ブロックの1番目の小型エキスパンションとして発売されました。そして翌1996年6月に同ブロックの2番目の小型エキスパンションとなる「アライアンス」がリリースされています。しかしこの編成は2006年に変更され、この年の7月に発売された「コールドスナップ」がアイスエイジ・ブロックの正式な2番目の小型エキスパンションとしてリリースされ、「ホームランド」は同ブロックから離脱。「アライアンス」が1番目の小型エキスパンションへと繰り上がりました。「アライアンス」発売から10年もの経っての再編成には様々な理由があったようです。

 

さて、今回のセットではその「コールドスナップ」は含まれておらず、もともとの小型エキスパンション2つのセットとなります。この時期の有名なカードとしてはやはりトップの写真にもあります、「アライアンス」の「意志の力/Force of Will」が筆頭に挙げられるようです。

本来は(3)(青)(青)と5マナも必要とする呪文打消しのインスタント(厳密にはインタラプト)呪文ですが、1点のライフを支払い、手札の青のカード1枚を追放することで唱えることができてしまいます。打ち消される側ににとってはたまったものではありませんね。また、赤最強の土地・エンチャント破壊ソーサリーであり今なおたびたび収録されている「略奪/Pillage」も、「アライアンス」が初登場でした。

もう一方の「ホームランド」は後の評価では小粒なデッキといわれていますが、「鋸刃の矢/Serrated Arrows」「センギアの従臣/Sengir Autocrat」「記憶の欠落/Memory Lapse」「イーサンの影/Ihsan’s Shade」などは「ホームランド」が初出となります。

 

MTGの歴史から見ても数奇な運命をたどったといえる「ホームランド」「アライアンス」。そんな2つのエキスパンションをコンプリートした貴重なファイルです。本当にありがとうございました。

(Tg)

(Tgはクリーチャー系を使うため除去呪文には特別な感情があるのですが、自分もコントロールや様々なスタイルを身につければ、意志の力を見る目がかわってくるんでしょうかねえ……)


たいむましんはマジック:ザ・ギャザリングの中でも特にモダンの買取に力を入れております。『マジック:ザ・ギャザリング』以外にも『ポケモンカードゲーム(ポケカ)』『ヴァイスシュバルツ』『遊戯王OCG』『デュエル・マスターズ』など、各種トレーディングカードゲームの買取をさせていただいております。詳しくはトレカのコーナーをご覧ください。
フリーダイヤル:0120-776-700(10~20時/年中無休)でもお気軽にご相談下さい。
スマホで写真をお送り頂くだけのLINE査定もオススメです。

商品カテゴリートレカ買取強化タイトル トレカを売るMTG買取 マジック:ザ・ギャザリング買取
ご依頼地域福岡県福岡市
買取方法宅配買取

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます


よろしければシェアお願いします

2021年9月に投稿したたいむましんの記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP