【ボードゲーム買取情報】タリスマン 日本語版

公開日: / 更新日:

タリスマン

ボードゲーム『タリスマン〜支配の王冠と危険な探索〜第4版改訂版・日本語版』が入荷致しました。

1983年イギリスにて初版が出た古典的名作ボードゲームの日本語版となります。今回の第4改訂版にして初めて待望の日本語版が発売となりました。改良を重ねた第4改訂版ですし全てが日本語表記になっていますので、かなり取っ付きやすくなった印象があります。

物語はかつてタリスマン全土を支配した強力な魔法使いが残した、手に入れた者が次代の支配者となれる魔法の王冠を求めて邪悪が蔓延る危険な地域を冒険する。というもので、このストーリーラインは王道中の王道、『指輪物語』など想起させるコテコテのもので正に「ハイファンタジー」といったところですね。これを聞いて燃えないプレイヤーは居ません。

タリスマンカードピース

職業も戦士やモンクなど他のファンタジーなどで見知った職業が多数、カードの他にも立体の駒もそれぞれあるのが嬉しいです。性能に差が勿論ありますので、良い職業に就けることを祈らなければなりません。カエルのカードがありますがこれは変身させられた時に使うもので、勿論これにも立体の駒が用意されています。なんだかやけにカエルの駒の造形に気合が入っているような……?

タリスマン カード2

タリスマンカード3

敵もゴブリンやデーモンなどお馴染みのモンスターが登場します。統一感のある、どこか懐かしさすら感じる絵柄がいい味出してます。これら様々な状況を生み出してくれるアドベンチャーカードは104枚あって山札からランダムに出てくるもので、さらに道具と敵では敵が優先されて、敵を先に倒さなければ道具が手に入らないなど、優先順位も設定されています。そういった要素のおかげで、2度同じ場面はなく毎回毎回違った状況を生み出します。

タリスマン マップ

マップも三層と広大です。ボードゲームという事忘れるくらいで正に一つの世界がそこに広がっている感じがします。これを見ただけでも長い長い旅になることがはっきりと分かりますね。

タリスマン 内容物

古典的な作品だけあって、カードとダイス以外はほとんど使うことはなく、本当に自分のラックと判断に殆どすべてをかけることになります。カードとダイスが織りなす浮き沈みはまるで人生のように時に理不尽であったり、逆に怖いくらいの幸運を生み出し続けたりもします。でも、そこがやっぱり癖になりますし醍醐味ですよね。あまりにのめりこんでしまってリアルファイトに発展しないようにご注意を。

古典的名作の待望の日本語版、ボードゲーム『タリスマン〜支配の王冠と危険な探索〜第4版改訂版・日本語版』のご紹介でした。

 

たいむましんでは各種ボードゲームやアナログゲームの買取を行っております。
詳しくはたいむましんのボードゲーム買取価格表を御覧ください。
ご相談は買取フォーム(写真も送れます)

メール

フリーダイヤル:0120-776-70010-20時/年中無休)からお気軽にお待ちしております!

商品カテゴリー

ボードゲーム・同人ゲーム

買取方法

宅配買取

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。


よろしければシェアお願いします

2018年6月に投稿したたいむましんの記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP