「グースカパースカ」遊び方紹介

先日、すごろくや「グースカパースカ」を買取いたしました。

RIMG0029

一言で言えば「ジャンケン勝負で、コインを獲得していく」ゲームです。

「え? ジャンケン? グースカパースカ?」と、色々困惑しそうになりますが、奥が深いゲームですよ、これ!

☆ゲーム概略☆
プレイ人数:2人
プレイ時間:約10分
対象年齢:6歳以上

今回も、サクッと楽しめる、短めのプレイ時間。

中身は、こんな感じ。

RIMG0031

☆内容物☆
グーカード:3枚
パーカード:3枚
チョキカード:6枚
コインチップ:13枚
取扱説明書:1部

カードの枚数に偏りがあるのが、ポイント。

この構成が、ゲームをより複雑に面白くしています。

では、さっそく遊び方を。

12枚のカードを全てシャッフルし、5枚ずつ配ります。

残りの2枚は使わないので「裏向きのまま」端にでも置いておきましょう。

2人対戦のジャンケン勝負なので、手番はありません。

では、ゲーム開始!

まずは、手札からカードを1枚選び「せーの」で表向きにして見せ合います

ジャンケンに勝った方は、カードに描かれた数字分だけ、コインを獲得します。

カードにはそれぞれ、0~2枚のコインが描かれていて、それがそのまま獲得できるコインの数になります。

もし、あいこの場合は、カードは据え置かれて、勝負は次へ持ち越しとなります。

勝負がついた時点で、あいこの分も含めて、コインが獲得できるってこと(素敵!)

「あれ? これ普通のジャンケンと変わらないじゃん」と思った方。

実は負けた方にも、獲得できるものがあるんです。

それは、場に出された全てのカード

これらが全て、自分の手札に加えられます。

ジャンケンに負けると、コインは獲得できませんが、使われたカードが全て手札として戻ってくるので、手札が増えることで選択肢も増え「後半に逆転できる可能性」も。

これを繰り返して、ストックのコイン、またはどちらかの手札が尽きた時点で、ゲーム終了。

獲得したコインの多い方が、勝者となります。

非常に単純なゲームですが、勝っても負けてもメリット・デメリットがあり、最後まで気が抜けないのが面白いところ。

さらに「カードの枚数に偏りがある」「最初にランダムでカードを2枚取り除いている」ことで「相手の手札が読めそうで読めない」という、心理面での影響も。

あえて負け続けて手札を増やしていき、一気に大逆転を狙っていても、ストックのコインが尽きれば、そこでゲームは終了。

ほどほどに勝って、ほどほどに負ける。

まるで人生の指針みたい…(独り言)

しかし、あいこが延々と続けば、あっという間に勝敗がついてしまうことも。

相手の手札を読む「確率計算」と、確実にコインを獲得する「戦略的思考」がカギとなる、心理戦と情報戦のゲーム。

ほらね、普通のジャンケンとは全然違うでしょ?

少しだけ運も味方につけて、

約10分の勝負を楽しんじゃいましょう!

弊社では「グースカパースカ」以外にも、多くのボードゲームをこれまでお譲りいただきました。詳しくは、弊社ホームページの「アナログゲーム買取実績一覧」にて紹介しております。

買取のご相談は、アナログゲーム買取のページをご覧ください。また、ボードゲームの買取価格表は、こちらのページに掲載しております。

買取のご依頼は、買取フォーム(写真も送れます)、フリーダイヤル:0120-776-700(10-20時/年中無休)、LINE査定よりお気軽にお待ちしております★★

商品カテゴリー

ボードゲーム・同人ゲーム

ご依頼地域

茨城県牛久市

買取価格

完品で経年相応に美品の場合、600円

買取方法

宅配買取

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。


よろしければシェアお願いします

2018年3月に投稿したたいむましんの記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP