【買取事例】ボードゲーム『パンデミック』『ドミニオン』などをお譲りいただきました。

公開日:

ボードゲーム買取

ボードゲーム『パンデミック』『ドミニオン』『アセンション』などの大量のボードゲームをお譲りいただきました。たいむましんにコレクションアイテムをお譲りいただきありがとうございます。

デッキ構築型のボードゲームや、王道のゲームも目立つラインナップ。見ているだけで楽しくなってきて、久しぶりにプレイしたいゲームも。2人からでも楽しめる人数を問わないゲームは人気があり、1プレイに時間も掛からないのでおススメ出来ます。

 

パンデミック

パンデミック

世界各国での病原体と闘うスケールを描いた作品で、世界での病原体を抑え込むスペシャリストの仕事を、世界地図が表記された盤面に落とし込んだ名作のボードゲーム。

登場から10年以上が経ち、拡張版が多数販売されていて人気の高い作品になっています。コロナ禍という時期だけに、再燃された作品でもあります。ゲーム性についてもプレイングと運の要素の塩梅がちょうどよいゲームで、1人でもプレイ可能で物足りなくなってきたら拡張版も多数ありますのでおススメおのボードゲームです。

 

どうぶつしょうぎ

どうぶつしょうぎ

小さなお子様用と侮るなかれ、大人でも楽しめる本格派の将棋です。見た目は動物のファンシーな絵柄ですが、一手目から即座に王手になるスリリングなゲームです。

3×4の狭いエリアで戦うので、ルールを知らなくても5分で終局します。各コマの動きはマークが書いてある方向へ1マス進むことが出来ます。ヒヨコは相手の陣地(森の絵・空の絵)まで行けば裏返してニワトリに成ることが可能です。

やってみるとシンプルながら奥深くて楽しいですね。『LET’S CATCH THE LION!』の表記がほのぼの感がにじみ出てて好きです。

 

ドミニオン 拡張版

ドミニオン 拡張版

ドミニオンの拡張版は現在10種類以上あり、どの拡張版が選べばよいのか・・・

そう思っている方には朗報です。基本的にドミニオンの基本セットで楽しめればどれも楽しいです!・・・それでも好みはまちまちあると思います。妨害が多めであったり、コンボが充実していたり、勝ちへのルートが多数あったりとプレイングによって好みの拡張版がわかれると思います。今回お譲り頂いた中では『陰謀』『繁栄』『錬金術』と世界観を崩すことなく広がり続けるドミニオンの世界が楽しめます。

 

ドミニオン:陰謀

ドミニオン 陰謀

アクションカードが強めの拡張版で、『拷問人』や『寵臣』などの強力なアクションカードが存在します。その分戦略性が一気に広がり、お金を増やす行動だけではなく動きの幅が広がった拡張版になります。

世界観がとてもMTG(マジックザギャザリング)に近くなったと感じる拡張版です。他のプレイヤーへの干渉がとても強くなったので、対戦カード向けになった拡張と感じます。

ドミニオンが好きな人でもこの拡張を入れる人は多く、定番の拡張とも言えますね。

 

ドミニオン:錬金術

ドミニオン 錬金術

ポーションカードが起因になる拡張で、賢者の石やゴーレムなどの『錬金術』に関連するアイテムが多数存在します。ポーションを持っていないと意味のないカードが多く、ポーションを集める立ち回りが必要になってきます。こうした特殊な発動カードが好きな人には堪らない拡張でしょうが、ポーション自体が動きを制限してしまっているので好き嫌いがはっきりする拡張でしょう。

 

ドミニオン:繁栄

ドミニオン 繁栄

白金貨や植民地などの繁栄からの新要素が多い拡張になっています。銀行や借金などの街の営みを演出するカードや、勝利点に繋がるカードが多数あり戦略性も大幅にアップしています。

妨害やパワーアップなどのカードのバランスも良いので、どんなプレイイングが好きな人でも楽しめる拡張になっています。

今後もどんな世界観を持った拡張が発売される中楽しみなボードゲームですね。


たいむましんではボードゲームをはじめD&Dの買取を行っています。
ウォーゲーム・TRPG・D&D・同人ゲームなどアナログゲーム全般を専門スタッフが査定いたします。
引っ越しで手放さなくてはならない、アイテム整理の際など、お気軽にご相談くださいませ。

↓写真を送るだけの簡単LINE査定はこちら↓

LINE

↓電話でのご相談はこちらから↓

↓たいむましんのボードゲーム買取ページはこちらから↓

ボードゲームページ リンク

商品カテゴリーボードゲームボードゲーム・同人ゲーム
ご依頼地域埼玉県鴻巣市

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。


よろしければシェアお願いします

2022年5月に投稿したたいむましんの記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP