ボードゲームブロガー ふうかが行く!

ボードゲーム好きが集まるゲームマーケット2021秋は、2日目も絶好調!

公開日:ふうか

こんにちは、ふうかです。

11月20日と21日の2日間に渡り開催された『ゲームマーケット2021秋』ですが、盛り上がりを見せた1日目に続いて2日目がはじまります。

前回の記事では1日目の様子をお伝えしましたが、今回は2日目の様子をお伝えします。

 

 

並ぶ来場者たち

昨日ほどではないものの、今日も多くの来場者が待機列を形成していました。(画像は開場数分前)
ゲームマーケットが2日間開催になってから、土曜日に当たる1日目のほうが圧倒的に来場者が多いという歴史があります。最近は新型コロナウィルス感染症の影響で来場者も少なめだったので、こんなにたくさんの人たちが並んでいると思わなく驚きました。

 

開場のアナウンスと共に2日目が始まり、一斉に入場してきます。もちろん入口で不織布バッグを受け取るのを忘れずに。1日目では1列での入場でしたが、今日は4列での入場です。一斉に来場者たちが四散していくのを眺めつつ、会場内を巡ることにしました。

 

ゲームマーケットの運営でもある株式会社アークライトの物販には、すでに長蛇の列です。先行販売品は数が限られているので、少しでも早く列に並ばなければいけないのです。

 

昨日に続き人気だったのが、株式会社ジーピーのくじ列。早い時間から己の運をかけて熱い勝負を行うのです。

 

常に人気なのが株式会社オインクゲームズ。新作を求めるだけでなく、自分の好みを探す人たちも集まっていました。

 

両日共に早い時間から大盛況だったのが、マーダーミステリーの合同会社OZON。マーダーミステリーに関わる人たちを応援する企業として、国内で流通しているマーダーミステリーが大集合していました。

 

 

 

日本ボードゲーム界の父、鈴木銀一郎氏メモリアルブース

2日目限定で設けられた特設ブース。その中の1つに今年初頭逝去された日本ボードゲーム界の父であるゲームデザイナー、鈴木銀一郎氏のメモリアルブースが設けられていました。

メモリアルスポットには、往年のファンたちからの熱いメッセージが掲示されています。

 

鈴木銀一郎氏の代表作に『モンスターメーカー』がありますが、私がここまでボードゲームを好きになったきっかけでもある思い出深いカードゲームです。近年では新版も出て新しいファンを増やしていた中、さらに新企画の『モンスターメーカーメモリアル』が進行中であることが告知されていました。イラストはもちろん九月姫氏、手に取る日を心待ちにしています。
(※一部撮影禁止の物が映り込んでいますが許可を得て掲載しています)

 

 

 

混雑する会場内、溢れる『完売』の文字

2日目も賑わいを見せる会場内は、あっという間に通路が狭く感じ始めます。開場して1時間ほどで来場者が溢れてきて体感温度も上がります。

そして忙しいのは企業だけではありません。特に2日目は早くから個人ブースに人が集まりました。

 

個人ブースは特徴的なことが多く、遠くからでも目立つブースがありました。

 

会場を使って行われる謎解きゲーム『ルールだらけのボドゲ城からの脱出』は、1日目より参加者が多い印象でした。ヒント場所に集まる人たちを目にすることが多かったのかも知れません。

 

とにかく来場者が多い! この一言に尽きます。ブースを細かく見て回るより、会場全体を眺めて歩くことが楽しくて仕方がなかったのは仕方がないのです。長く続いた自粛生活の鬱憤を晴らすかのように、どこを見ても人がいて喜びしかありませんでした。

出展者や来場者は、カップルやファミリーが多く感じられました。未来を担う子どもたちが興味を持ってくれることは、素直にうれしいですね。

 

「前回を参考に持ち込んだけれど予想外だった」という声を多く聞いた今回。言葉通り2日目には早くから『完売』の文字が表示され、あちらこちらで買い逃した悲鳴も聞こえていました。

 

私も気付いた時には完売していたものが多く、久しぶりに悔しい思いをしました。事前調査を欠かしてはいけないことを改めて強く意識します。

 

 そして会場では、今後発売になる予定の新作情報もあるので見逃せません。

 

 

 

ゲームマーケットを終えて

2日目は終了ぎりぎりまで粘らず、早めに会場を出て行く人が多かったです。両日で客層がかなり違った印象なので、その影響もあるのでしょう。終了時間には静かな会場に戻りつつありました。さっきまでの熱気はどこへいったのか、2日間の思いを回顧する間もなく、ヘルメットをつけた片付け業者がはいってきたことで、急に会場内を冷たい北風が吹き荒れているような様相になりました。まさに『兵どもが夢の跡』ですね。

 

今回のゲームマーケット2021春の来場者は、両日で18,000人だったと公式より発表がありました。前回より増えて未来に希望を持てる実感はあったのではないでしょうか。

 

次回『ゲームマーケット2022大阪』は2月6日にインテックス大阪で、『ゲームマーケット2022春』は4月23・24日に東京ビッグサイトで開催予定です。

 

ゲームマーケット公式
https://gamemarket.jp/

 

よろしければシェアお願いします

PAGE TOP