クロワのヴァイスシュヴァルツ道

WS新弾レビュー「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会feat.スクールアイドルフェスティバルALL STARS」

公開日:クロワ

みなさんこんにちは、クロワです。

「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会feat.スクールアイドルフェスティバルALL STARS(以下ニジガク)」のブースターが発売されました。
実は僕個人がめちゃくちゃ楽しみにしていたタイトルです。

僕はアニオタでヴァイスシュヴァルツが大好きですが、最近「すごく好き」なタイトルがあまりヴァイスシュヴァルツに参戦していませんでした。「そこそこ好き」な作品はちょこちょこ参戦していたのですが…
そんな中このニジガクは久しぶりに「すごく好き」なタイトルです。全力で研究したいと思っています。
今日のカードぐらいはいつも見ていますが、デッキを考えたりするのはリストが全公開されてから普段はデッキを考えています。しかし今回のニジガクは気になって公開されるたびにじっくりチェックし、事前に構築の骨組みなども考えていました。
前置きが長くなってしまいましたが、それくらい楽しみにしていたということです。

プール全体を見た印象としては、テクニカルなデッキが組めそうだと感じました。キーワード能力が多く散らばっており、「グループとしてはメンバーの方向性が揃わず、各々ソロ活動をすることになった」というニジガクのストーリーの原作再現なのかな?と思いました。やや難しい効果が多い反面、カードパワー高めに設定されている感じがして、デッキ構築の腕が鳴ります。
イベントが多く収録されているのも特徴的で、特に攻めに使えるイベントが複数あるというのは面白いです。

 

 

 

それでは、注目カードの紹介に入ります。

 ~レベル0~


「いざ!大海原へ 桜坂しずく」
キングゥ互換。常日頃から言っていることですが「殴れるシステム」は優秀です。

 


「ハートを咲かせます♪ 中須 かすみ」
オカケン互換ですが、コストでクロックへ置くカードが控え室からです。控え室に【音楽】のキャラが落ちていないと使えないというデメリットがありますが、山からクロックにCXが刺さることも起こりませんし、色発生のサポートにもなるので使い勝手は良くなっていると思います。

 


「ミルキーハニー♡ 中須 かすみ」
ややこしい書き方をしていますが、このタイトルの共鳴は同名を見せるカードばかりなので、1枚思い出にあれば2枚目以降は全ての共鳴に使えるという意味です。
ノーコストで思い出に飛ぶこと自体も優秀ですし、複数引いても木漏れ日効果を持っているので腐らず使い道があるのはとても良いです。

 


「ベアースマイル 桜坂 しずく」
対応は炎。500応援+リインフォース効果に連動までついていると思うとすごいカードです。500応援+リインフォースという時点で採用価値のあるカードなので、対応なくとも選択肢に入るかと思います。

 


「ばかしてあげますよー 中須 かすみ」
ツチノコ互換効果に共鳴でパワー・ソウル上昇がついています。前述の「ミルキーハニー♡中須かすみ」を含めれば共鳴はしやすいので、ソウル2で殴れるツチノコ互換だと思うとかなり優秀だと思います。

 


「Creamy Berry 上原 歩夢」
控え集中とCX貼った際に星杏効果。1パン目電源を(2枚とも電源出ない限り)避けることができるというだけでも優秀な一枚。

 


「上原 歩夢」
特徴500パンプと、TDの扉連動「夢への階段 上原 歩夢」に1000パンプ、オマケ程度にレベル置き場入れ替え。普通に特徴パンプに重ねての1000パンプなので計1500とかなり大きくなります。登場時効果とCXの上昇込みで8500という数字はリバース要求の連動としてはかなり信頼のおける数字です。

 

 


「ヒョウだぞ〜!うっひょ〜う 宮下 愛」
扉連動、アタック時に山札から1枚クロックに置くことで3落下し、落下の中のドラの枚数だけ控え回収。レベル0からCXを貼ってアグレッシブに殴りに行き、ブレがあるものの最大3枚の控え回収が可能なテキストは現代の高速環境に噛み合っていると思います。この手の連動は対応CXのアイコンが弱かったりするのですが、これはなんと対応が扉。なかなか可能性を感じる1枚です。

 


「みんなで歌おう エマ・ヴェルデ」
デメリットでイベ助不可、クライマックスフェイズに純移動or相手リバース時1ドロー1ディスを選択。イベントの多いこのプールでイベ助不可は少し重いデメリットのように感じますが、2500というサイズで純移動にもう一つの効果と選択ができるというのはかなりのパワカだと感じます。

 


「取り憑いちゃうわ♪ 朝香 果林」
レスト500パンプと、自分のキャラに相手よりパワーが2000以上高いなら相手をイベ助不可にするテキストを付与。なかなかすごいことが書いてありますね。数字を出せば確定で行きが通ると思えば安心感があって良いです。効果誘発がアタック時なので、トリガーチェック時のパンプや電源トリガーで後列登場には反応しない点には注意。

 

 

 ~レベル1~


「はじめましょうか 三船 栞子」
令和の新田「大切な約束 十香」、令和の島風「たった一つの約束 二乃」に続く、令和の修羅場です。CXを貼った際のパワーパンプが返しまでなので、生存→連動おかわりが決まりやすいのも高評価。

 

「桜坂 しずく」 「確かな光 桜坂 しずく」
相互チェンジですが、「桜坂しずく」の方が異常な強さです。
まずストックランサーの効果を持ち、それだけでも一仕事してくれます。問題はチェンジテキスト。形の上では1/1→1/0のチェンジなので、チェンジの際に控えから1枚ストックへ置くことができます。ところが、なぜかチェンジが過去のものと違い、アンコールステップチェンジなのに自身がリバースしていても使えます。ここで、ヴァイスシュヴァルツのルールを照らし合わせると、条件を満たしコストを支払うことができれば、効果自体を発動することはでき、処理できないテキストは無視することになります。なので、チェンジ先がいなくともストックブーストが可能。
つまり「桜坂しずく」は、実質ノーコストのストックランサーということになります。もちろんチェンジ先を出せばダイレクト面を空けずに済みますし、被アタック時のトップチェック効果を持っているので気持ちキャンセル率を上げることも可能で、そこも強いポイントです。また、電源で「桜坂しずく」を出してチェンジすることで、ストックが増えるギミックとして使用することも可能です。

 


「ホームページ公開! 中須 かすみ」
レベル比例応援と共鳴3ルック。
共鳴で同名を見せるのは使い勝手が悪いですが、このタイトルには「ミルキーハニー♡中須かすみ」があります。デッキのエンジンとしての期待が持てます。

 


「ドンドン行くよ! 宮下 愛」
500応援、レスト500パンプ、トリガーチェックでドラが捲れると2000パンプ。デッキのドラの採用枚数次第ですが、このカード自身もドラを持っていることまで考慮すると、捲れる率に対しパンプ値がかなり大きく、強烈です。

 


「日進月歩 上原 歩夢」
おそらく史上初となる電源連動で手札の増える非接触連動。
電源連動は「電源を打つ」という行為の時点で盤面に1枚還元出来ているので、手札の増える電源連動はそれだけで強いと思いますし、パワーが低めなのも非接触なのでそれほど気にならずに使用できます。

 

 

 ~レベル2~


「かすみん行進曲 中須かすみ」
ガッツンダーと風連動で回収と音楽キャラを踏み倒し早出しできるテキスト。連動効果の処理順が回収→踏み倒しなので、実質的に踏み倒しキャラが控えからの選択も可能で、しっかりと登場時効果まで発動できるのも良いですね。

 

「後輩としての自覚 桜坂 しずく」 「心が躍ります♪ 桜坂 しずく」
相互チェンジで行き向きと返し向き。ですがこれもまた片方が異常に強いパターンです。
返し向きの「後輩としての自覚 桜坂しずく」は返し上昇と起動疑似チェンジ以外に、自身を控え室に置くというだけのコストで控え室のキャラを回収できるテキストまでもっています。
「心が躍ります♪桜坂しずく」で行きアタック→「心が躍ります♪桜坂しずく」へチェンジ→11500のラインで生存→次ターンもういらないと判断したら好きなカードに還元可能ということになります。更には手札に来た場合に、1コストで実質好きなキャラに入れ替えられるカードして使用することも可能です。面取り以外にも小回りが効き、優秀なテキストです。

 


「エマ・ヴェルデ」
レベル3応援と5コストでソウル減+ヒール。
コストは重いものの効果は最高級の耐久テキスト。面取りと耐久の相性が良いこともあって強いテキストです。うまくコストを捻出できる構築をしていきたいですね。

 

 

 ~レベル3~


「ブルードロップ 桜坂 しずく」
11000出る早出しで、登場ターンの返しまで正面のソウルマイナス2。早出しでもレベル3で出してもどちらでも強いテキスト。連動無しでこのソウルマイナスはゲームテンポをこちらへ大きく引き寄せられると思います。

 


「三船 栞子」
登場時他4枚で山上ストブするヒール、アタック時2000パンプ。実質1コストヒールとして活用でき、パワーパンプまでできる優秀な逸材。

 


「Emotional Power 優木 せつ菜」
おそらく今回の目玉カード枠。バーン効果自体は平均レベルですが、このカードの連動は前列指定がなく、更に連動CXが電源というのがやばいぐらい強いです。
つまりは対応の電源は「打った時点で無から1面連動」ができるということになりますし、並べたキャラの枚数+1の連動ができるということになります。最大値の4面連動すれば火力は強烈ですし、バーンタイミングがアンコールステップというのもアタック終了後で優秀だと言えます。

 


「ついてこられるかしら 朝香 果林」
門連動でクロックシュートとイベントサポート。
後述のイベントが強いので、それをサーチして軽減できるイベントサポートとして優秀な1枚。詰めイベントと組み合わせるとクロックシュートも引導火力として充分信頼に値します。

 


「夢の世界へようこそ~ 近江彼方」
登場時ヒールとアタックせずに寝て1点3点。軽いコストでアタックを介さずバーンを飛ばせます。ただし、寝るのは強制なのでその店は注意。

 


「虹に願いを エマ・ヴェルデ」
行き最大12000の早出し、籠城ターンに相手リバースで4ルックしてキャラ2枚回収。手札還元率が高くパワーも高いので道中のテンポの取り返しが期待できる1枚です。

 


「夢のメインステージへ!」
逆圧縮イベント。最近はめっきり刷られていなかった2枚残しの逆圧縮なので相手の山を弱くするには充分。更には5000という大きなパワーパンプがついてくるので、「ついてこられるかしら 朝香果林」のクロックシュートを決めに行く上でも優秀だと言えます。

 


「私に歌わせて!」
自分のキャラ1体に、アンコールステップに正面リバースorいなければ1点バーン2回を付与するイベント。アンコールステップ発動で1点2回の刻み方は、射程圏内に入っていれば強烈な圧がかかります。これも「ついてこられるかしら 朝香果林」との組み合わせで相手を倒しきるのが期待されます。

 


「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」
イベントを回収できるイベント。手札は消費されますが、何か悪さをしそうな予感を感じさせられるカード。

 

 

 

 

今回は2種類のデッキを考えました。

 ①8電源

今回の目玉カード枠であろう「Emotional Power 優木せつ菜」が電源連動であることからも感じる通り、電源推しタイトルかと思ったので、まず一番最初に思いついた構築が8電源でした。圧倒的なパワーを出すことは向いていないと感じたので、相互チェンジギミックを採用しテクニカルに戦っていき、最後はせつ菜で決めるというコンセプトで構築しました。せつ菜が詰めとしてめちゃくちゃ強力かつ安定感のあるカードということもあり、全レベル帯を通じて強く戦えると思います。

 

 

 ②門チョイス

詰めテキストを持ったイベント及びイベントサポートのできる「ついてこられるかしら 朝香果林」に魅力を感じたので、それらを使って相手を倒しきるデッキです。
1連動は最も使いやすそうかつ、門トリガーによる連発のバリューも高いチョイス連動を採用。門連動クロックシュート2面+「私に歌わせて!」2面が決まった際には、耐えられる相手はいるのか?というレベルの火力が出ますし、それを達成するために必要なコストは8と現実的な数字です。高い火力で詰め切って勝ちたいという人にオススメの構築になっています。

 

 

 

 

 ~おわりに~

今回はニジガクの新弾レビューでした。
自分としても力を入れて触っていきたいタイトルということもあり、いつもよりも新弾レビューの文字数も多くなってしまいました。
自分が好き、というだけでなく、純粋な強さとしても大きな期待を寄せているタイトルなので、また研究して成果が出れば記事にしたいと思います。
ラブライブシリーズということで、未来の追加も期待できるので、今のうちに握って置いた方がいいかも?という意味でも、全人類にオススメしたいタイトルです。
良かったら組んで遊んでみてください。

今回は以上です。ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

 

(画像出典:ヴァイスシュヴァルツ公式サイト

岐阜・愛知で活動しているWSプレイヤーのクロワです。(@334_ws)
戦績→WGP2019東京地区ネオスタンダード3位 非公認CS優勝2回 etc… WSチーム「334ALLSTARS」(@334ALLSTARS)の代表も務めております。併せてよろしくお願いいたします。

よろしければシェアお願いします

PAGE TOP