クロワのヴァイスシュヴァルツ道

ヴァイスシュヴァルツ制限改訂の所感とちょっとWGP2021環境予想

公開日: / 更新日:クロワ

 

どうも、クロワです。

12/1施行開始の制限が発表されました。
内容がこちら

 

規制食らったタイトル

「SAO」「冴えカノ」「デアラ」「グリザイア」のWGP2020環境の4強がそろって規制を受けました。
上記の4つとそれ以外での入賞数に大きな開きがあったので妥当かと思います。

個別に見ていくと、「SAO」は優しめな規制のように感じます。
環境ランキングでも触れたように、デッキの強さというよりメタゲームを制して入賞を重ねたデッキなので、デッキパワーのぶっ壊れていた「冴えカノ」や「デアラ」よりも優しめということでしょうか。
ヒースクリフがルール介入する悪い効果だったので、それが今後減ってくれるのは嬉しい限りです。

「冴えカノ」はテンプレ扉宝には4枚採用されている3種が選抜になり、既存の型は大きな影響を受けました。
既存の型を継続するとなるとレベル0の2種類が実質使えず、安定感が大幅に損なわれますし、レベル3恵をやめて別の軸を考えるにしても、レベル0のどちらかしか使えず、規制の影響は受けることになるという厳しい内容です。

「デアラ」は8電源・チョイス電源の両方がダメージを受ける規制内容となりました。
とはいえ、超絶パワーカードであるレベル3狂三が今後も4枚使えるということで、リペア次第で今後も環境に残りそうですし、「デアラ」は実は狂三以外にも強い詰めカードはあるので、電源を使わず選抜をマイリトルシドーにするという選択肢もあります。

最後に「グリザイア」、2種選抜でアッサリしていますが実際はかなり重くのしかかってくるかと思います。
「グリザイア」は圧縮デッキのイメージが強いかと思いますが、実際は3種類しか思い出に飛ぶカードが採用されておらず、そのうち2種が片方しか使えないのは激痛です。グリザイア屈指の強カードである1相殺の思い出条件を満たしにくくなる点も困ったポイントで、リペアの難易度は高そうです。

上記を踏まえ、「SAO」「デアラ」は来期も健在で特に「SAO」は環境最前線に残るかと思いますが、「グリザイア」「冴えカノ」は数を減らすと思われます。

 

規制緩和組

今回、「デレマス」と「艦これ」が緩和されました。

「デレマス」は待っていた人も多いのではないでしょうか?緩和により全盛期にかなり近いデッキが組めるようになりました。
残った2種選抜はどちらも山を4枚削れるカードなので、4枚削り8枚体制はダメということでしょうか。どちらを選抜するかは分かれそうです。

肝心の環境に通用するかどうかですが、緩和されてもやや厳しいのではないかと感じます。
Pos凛の詰め効果を上回る詰めが現在では多く存在しますし、「デレマス」には相手の山を崩す手段に乏しいので… さすがに一昔前のタイトルといったところです。

 

「艦これ」は正直ドジっ娘が返ってきても入る枠が見つかりません…
「艦これ」というタイトル自体は新環境でかなり強いかな、と思います。「グリザイア」の弱体化によってヒールメタのアイデンティティがより輝くことになりますし、現環境で通用する思い出の貯め方ができてそこそこのサイズの面を立てられます。

 

次点から上位へ

次点勢筆頭だった「転スラ」は、順当に押し上げられ環境上位に食い込んでくることは間違いないでしょう。
全国大会でも2位のプレイヤーが「転スラ」を使用しており、もともと環境で戦えていたタイトルです。
また、WGP2020シーズンの後期に登場したにも関わらず、少ない期間でキッチリと結果が残っている「ダカーポ」は今後環境に表れてくることは間違いないでしょう。すでにPerfectAffection音姫は対策必須のカードになっていますので、忘れず対策しておきましょう。

 

復権

タイトル独自の強い動きを持ちながら、「冴えカノ」に滅法弱いという理由で環境では苦戦を強いられていた「Charlotte」は、「冴えカノ」の規制によりかなり動きやすくなりました。今後結果を残す人が現れてくる可能性は大いにあります。
また、環境に長い間居座りながらも2020は少し元気がなかった「ラブライブサンシャイン」も、天敵である「デアラ」の規制、アンコールメタのヒースクリフの選抜入りによりかなり動きやすくなり、元々高いデッキパワーを発揮できると思います。

 

新規タイトル

1枚でデッキの魅力となりうるカードが多数存在し、構築の幅が広いサマポケ。既にCSなどでもちょこちょこと結果を残しており、環境に絡んでくると思います。
光景内臓タイトルで、相手の邪魔するカードの性能が高い防振り。研究はまだが進んでいませんが可能性を感じるタイトルです。
今後が楽しみです。

 

今回は以上です。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

 

(※記事内の表はヴァイスシュヴァルツ公式サイトから転載しました。)

 

よろしければシェアお願いします

PAGE TOP