クロワのヴァイスシュヴァルツ道

「SAOアリシゼーションVol.2」で超強化されたアバターネットデッキ

公開日:クロワ

どうもクロワです。

先日、「SAO アリシゼーション Vol.2」のブースターが発売されました。
アリシゼーションの共通特徴は≪フラクトライト≫であり、収録内容の大半は特徴が≪フラクトライト≫で占められています。
しかし、一部旧弾の特徴である≪アバター≫≪ネット≫の特徴を持つカードおよび、≪アバター≫≪ネット≫を指定する効果のカードも刷られています。これは、アリシゼーションの第一弾ブースターでも刷られていましたが、今回の強化は前よりも大幅な強化になっています。

今回の記事では、追加されたカードの個別紹介と、デッキ紹介をしていきます。

 

 

 


「望外の救援 ユナ&エイジ」
コストの支払いがストックをそのままクロックに置く形になっているオカ研互換。
オカ研互換自体がそもそも強いカードですし、コストの支払いがストックをそのままクロックへ置くので、デッキトップがCXで降ってくるのが嫌な時にも使いやすいです。反面、支払うストックがCXだった場合にそれがクロックに置かれてしまいますが、ストックに噛んでいるCXはもうトリガーで役割を一つ行っているのに対し、デッキ内のCXはまだある役割を失うことになります。また、デッキトップはトップチェックの何かしらを行わなければ分からないのに対し、ストックはトリガーしたカードを覚えてさえいれば大丈夫です。総合的に見て、デッキトップからクロックに置くオカ研互換よりコストの払い方は優秀だと言えます。

長々と話しましたが、特に重要なのがここから。
今まで≪アバター≫≪ネット≫特徴のカードには、自ターンメインフェイズに自傷する手段が一つもありませんでした。このカードは、そういった意味で待望の存在だったのです。
特に電源を採用した構築の場合、自傷で自分のレベルを1つ上げれるかどうかで、電源で出せるキャラのレベルも1つ変わります。これが面取りの上で非常に大きく、地味に見えますが大幅な強化だと思っています。

 


「リアルワールドへの帰還 和人」
単レスト山集中と、起動1コストでパワーパンプを持っています。
これまで≪アバター≫≪ネット≫を回収できる単レスト集中は、もう一つの効果が≪Anniversary≫指定でアバターネット軸では死にテキストになってしまう、「次の世界へ ユウキ」しかありませんでした。あちらは控え集中なので住み分けはできていますが、起動1コストのパンプがかなり強いと思っています。起動効果なので「兄想いな妹 リーファ」の起動時パンプが誘発され、パワーが合計3000も上がるので面勝負にはめっぽう強くなります。

特に電源軸では面勝負が命であり、面取りデッキ同士での勝負に勝つために、経験がやや苦しいのを飲んでまで「打ち解けた微笑 アスナ」を採用している場合もあったくらいです。このカードの登場で、面勝負がかなり有利になった上に、デッキに無理なく単レスト集中を採用することができます。サーチ先が山札なのも、控え室を「オンステージ シリカ」で触れることで役割分担になっており噛み合っていると思いました。

 

「蘇る雄姿 エイジ」「重なる面影 ユナ」
セットでハイスペックになるというよくあるやつですが、この手のカードは今まで大抵前列枠がバニラでした。しかし「蘇る雄姿 エイジ」はそうではありません。単体でも軽い条件で往復6000のパワーと、手札を1枚切って盤面のキャラを手札に戻せるどろんこ互換効果を持っています。相方がいなくても充分優秀と言えるスペックを持っているのは使い勝手がかなり良いかと思います。もちろん揃った際は更に強力で、エイジのパワーは7000まで上がった上に、相殺無効とツインドライブを得ます。レベル1でコスト0のアタッカーとしては破格の性能になり、色が緑なのもあって「《絶剣》ユウキ」の相方サブアタッカーになれると思います。

 

「虚無の刃」「憎悪の伝道」
本来は≪ダークテリトリー≫のデッキ用の電源CX。しかし、ネオスタンダード区分「ソードアート・オンライン」にきた2種類目以降の電源であるということが重要なポイントです。扉電源のSAOは扉であるうま味も確かにありましたが、電源を上手に使えるデッキだったので8電源にしたい欲が常々ありました。ついにそれが叶ったということです。

 

 

 

 

上記のカードを使ったデッキを2つ紹介します。

 ①「2018年世界大会優勝宝扉アプデデッキ」

2018年を無双して世界大会を優勝した扉宝SAOをアプデしました。
現代でも通用する強カード「≪絶剣≫ユウキ」を主軸に最初から最後まで走りきるコンセプトで、「望外の救援 ユナ&エイジ」のおかげで元々高い0の殴り性能が更に磨きがかかっています。「蘇る雄姿 エイジ」が緑なので「≪絶剣≫ユウキ」と色が一致し、レベル1も安定感があります。

 

 

 ②「8電源」

本命はこちら。思い出送り後列「波状攻撃 アスナ」が8電源で使えるというのは面取り勝負で大きなアドバンテージ。面取り+「盾による対抗」は言わずもがな強力で、面取り性能が上がったことで相手への圧が扉電源よりも大きくなりました。扉を失った分ソウル作りができなくなり、コンセプトを通せなかった試合でのゴリ押しは効きにくくなりましたが、コンセプトそのものを通す能力が上がっており、総合的に勝率は上がるかと思いました。

 

 

 

 

アリシゼーションVol.2の新弾レビューの際に≪アバター≫≪ネット≫の記事を書くことを予告していましたが、期間が空いてしまい申し訳ありませんでした。
少ないカードながら、なかなかのテコ入れがされています。パーツはどれもR以下で、お値打ちに強化できますので、過去弾のデッキをもっている方はアップデートして遊んでみてください。

今回は以上です。
読んでいただき、ありがとうございました。

岐阜・愛知で活動しているWSプレイヤーのクロワです。(@334_ws)
戦績→WGP2019東京地区ネオスタンダード3位 非公認CS優勝2回 etc… WSチーム「334ALLSTARS」(@334ALLSTARS)の代表も務めております。併せてよろしくお願いいたします。

よろしければシェアお願いします

PAGE TOP