クロワのヴァイスシュヴァルツ道

WS新弾レビュー「アイドルマスターミリオンライブ Welcome to the New St@ge」

公開日:クロワ

 

こんにちは、クロワです。
アイドルマスターミリオンライブの追加ブースター『「アイドルマスターミリオンライブ Welcome to the New St@ge」』が発売されました。
今弾も前弾と同じく、無印アイドルマスターのキャラが収録され、それらは両方のタイトルで使えるので、実質的に2タイトルの追加ブースターということになりますね。
既存強化にも、新規軸を組むにも面白そうなカードが結構刷られており、楽しませてくれそうな追加だと感じます。前弾段階で悩みだった部分が新たな汎用カードで解決することで、日の目を浴びていなかった旧弾軸が輝くこともあるので、注目です。

 

それでは強そうなギミックを見ていきましょう。

 

①「ドキドキ・テーマパーク 永吉 昴」+「憧れの先生 桜守歌織」
普通に使っても強い「ドキドキ・テーマパーク 永吉 昴」ですが、相性の良いレベル0カード(=ドキテマで確実に回収できるカード)が追加されています。
「憧れの先生 桜守歌織」のアタック時効果は初パン噛みを回避しながらアドを取ることができます。ドキテマはトップチェックできる点も強い点ですが、CXを捲ると結構嫌で、「それをストックを使わず」、「山のCXを減らさず」、「手札を増やしながら」という最高の形で処理してくれます。
(※「ドキドキ・テーマパーク 永吉 昴」は旧弾)

 

 

 

照れ笑いの撫子 エミリー百花は月下に散りぬるを

②画期的なソウル+2
「照れ笑いの撫子 エミリー」「百花は月下に散りぬるを」

このカードはかなりソウル+2の連動の中では画期的だと思います。
ソウル×1500パワーが上がるテキストにより、連動時のパワーは8500。1/1の7500に特徴1000をかけたラインまで触りにいけるサイズが出せ、有象無象には上が取れます。
連動テキストがキャンセル時のみですが、2アド+山削りとかなり優秀で、3面連動すれば1週目の山を一気に進めることが狙えます。(全部通ったら相手はダメージで瀕死レベルまで追い込めるので結果オーライです。)

使ったデッキレシピはこちら。

エミリーは1連動なので相方はなんでも良いのですが今回は門との組み合わせにしてみました。
レシピを見て嫌な気持ちになる人もいるんじゃないかって構築になってます。ソウル+2連動だけでも対面すると嫌なのに、門なので複数回の連動を視野にしつつ、山下4枚落下が連動と非連動で両方入っています。そう、この構築は「対面したくない」を意識して構築しました。
対戦ゲームにおいて「相手の嫌がること」はイコールで「強いこと」でもあります。そういった意味で「強い」デッキにはなっているかと思います。
あ、このデッキで僕の対面には来ないでくださいw

 

 

 

③8電源+赤覚醒アイテムデッキ強化
「冬も元気いっぱい! 高坂海美」「へっちゃらプライド 中谷育」
「常夏パラダイス! 舞浜 歩」「梅雨限定スタイル 松田亜利沙」

上記4枚が特に強化ポイントだと感じたカードです。
旧弾構築の赤覚8電源ミリオンライブは「テンポ電源」の始祖だと思っています。
「冬も元気いっぱい!高坂海美」は、テンポ電源デッキに置いて強力な「電源貼ってそのまま殴れるアタッカー」枠になり、かなりの強化ポイントになると思います。
五等分の花嫁の二乃と比較してしまうと控えめに感じますが、あちらがおかしいだけでこれも相当強いと思います。

「へっちゃらプライド 中谷育」「常夏パラダイス!舞浜歩」の2枚は、赤覚醒アイテムを手札に加えるのを狙いつつ山削りの出来るカードです。赤覚醒アイテムを手札に加える手段も、山削りも課題ポイントだったので、そこの解決につながるカードが2種も増えたのはかなり良いですね。

「梅雨限定スタイル 松田亜利沙」はちょっと変わった効果で、自身をクロックに置くことで控え2枚回収。手出しで使っても手札が1枚増えますし、電源トリガーから出せば2枚分のアドになります。普通に電源と相性の良いカードですし、赤覚醒アイテムは手札枚数の要求もあるので、コスト稼ぎの手段としても優秀です。

これらを追加して考えた構築がこちら。

シンプルに新弾パーツを足して、ゴールに突き進むことを意識して構築しました。
ヒールがなくなってしまうので、「新しい自分へ 田中琴葉」は続投でいいかなと思います。

 

以上です。
今回はまた注目ギミック&構築を紹介する形での新弾レビューにしてみました。
プールが広く、まだまだいろんな構築があると思います。いろいろな構築が考えられる反面、圧倒的に抜けた構築はすぐには見つから無さそうに感じましたので、まだまだ研究しがいがあるタイトルだと思います。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

よろしければシェアお願いします

PAGE TOP