【買取実績】デュエル・マスターズ 切札勝舞世代 プロモ/ドルバロム/ボルバルザークなどSR/VR含むカード約1400枚

公開日:

『デュエル・マスターズ』の原作コミックは1999年、「コロコロコミック」誌上にて連載開始。当時は『遊戯王OCG』が話題となっており、主人公たちは当初『マジック:ザ・ギャザリング』で対戦していました。その後小学館と『マジック:ザ・ギャザリング』の開発元ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社が協力して、『マジック:ザ・ギャザリング』を基に「コロコロコミック」の読者向けにアレンジした新たなカードゲームを創出しました、それが『デュエルマスターズ』です。発売のタイミングにあわせて原作コミックでも主人公たちはデュエマと出会い、その新ゲームで対決していくようになります。その誕生経緯には多分に『遊戯王OCG』の影響があったと思われますが、年齢層の住み分け(単純にいえば「ジャンプ」と「コロコロ」の違い)など「うまくやる」ことで、その他のカードゲームと併せて一大TCGブームを現在までけん引してきたブランドの一つと言えるでしょう。

さて、原作コミックの『デュエル・マスターズ』は、2021年現在3人の主人公の代替わりを経ることによって、読者の世代交代に合わせたリニューアルを計っています。また、カードゲーム版も先述の通り原作コミックとの連動をこまやかに行っており、主人公交替にあわせて世界観などをリニューアルしています。このへんは『遊戯王OCG』と同じくコミックを原作としたカードゲームでありつつ、コミックの世界観をよりダイレクトに行っているのが特色といえるでしょう。


そんな中で今回お譲り頂きましたのは初代主人公の「切札勝舞」世代のカード約1,400枚! 各種プロモカードも含みますが、当時実際に対戦に使用していたカードで、歴戦の勇士を思わせるスレなども残っています。切札勝舞編は連載開始のマジック~時代を含めると1999年から2011年と長期にわたります。その時期に十分楽しまれたのか、あるいは以後も続けていて勝舞世代を切り離してお譲り頂いたのかわからないのですが、10年代・20年代のデュエマを楽しんでいる人たちにとっては異なる世代の、しかも大量のカードとなります。このカード群を新しい時代に、あるいは当時を懐かしむ方に、引き継ぐお手伝いをさせて頂きます。

(Tg)


 

たいむましんでは『デュエル・マスターズ』以外にも『マジック:ザ・ギャザリング』『ポケモンカード』『ヴァイスシュバルツ』『遊戯王』など、各種トレーディングカードゲームの買取をさせていただいております。詳しくはトレカ買取のコーナーをご覧ください。
フリーダイヤル:0120-776-700(10~20時/年中無休)でもお気軽にご相談下さい。
スマホで写真をお送り頂くだけのLINE査定もご利用いただけます。

商品カテゴリートレカ買取強化タイトル トレカを売るデュエルマスターズ デュエマ買取価格表
ご依頼地域福島県郡山市
買取方法宅配買取

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。


よろしければシェアお願いします

2021年5月に投稿したたいむましんの記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP