【買取実績】デュエル・マスターズ メヂカラ・コバルト・カイザー/アカカゲ・レッドシャドウ/ポクチンちんなど約5.2kg

公開日:

2022年にトレーディングカードゲームとしての発売20周年を迎えようとしている『デュエル・マスターズ』(原作コミックは1999年スタート)。『マジック:ザ・ギャザリング』と同じ「ウィザーズ・オブ・ザ・コースト」社によって開発されており、デザイナーの一部も重複しています。そのため『マジック:ザ・ギャザリング』にあったギミックがアレンジを経て『デュエル・マスターズ』に導入されていたり、逆に『デュエル・マスターズ』のギミックが『マジック:ザ・ギャザリング』に使用されていたりします。また、「ニコル・ボーラス」などをはじめとした『マジック:ザ・ギャザリング』の人気クリーチャーの何体かは『デュエル・マスターズ』にもラインナップされたりと、事実上兄弟のような関係ですね。

今回お譲り頂きました『デュエル・マスターズ』のカードは実に5kg以上! 表題に揚げました「メヂカラ・コバルト・カイザー」(2019)「アカカゲ・レッドシャドウ」(2019)「ポクチンちん」(2018)など、ここ3年ほどにリリースされた高性能・高人気のカードも含まれています。

 


どうしても目を惹かれてしまうのが「凶戦士ブレイズ・クロー」のいらすとやさんバージョン(2020:▲写真右上のカード)でしょうか。「凶戦士ブレイズ・クロー」じたいは、デュエマ第一弾のエキスパンションから登場している速攻性能の高いクリーチャーです。その歴史の長さと性能から何度かのバージョン違いでの再登場を果たしており、いらすとやさん版のほかに『ケロロ軍曹』ほかでおなじみ吉崎観音先生や『ベイブレードバースト』の森多ヒロ先生などの筆によるブレイズ・クローがリリースされています。こうした人気や話題性のあるイラストレーターとのコラボは、MTGでも時々行われていますね。カードをコレクションする上では様々な変化は欠かせないのだと思います。このへんの展開の仕方も人気の秘密なのかもしれませんね。

(Tg)


たいむましんでは『デュエル・マスターズ』以外にも『マジック:ザ・ギャザリング』『ポケモンカード』『ヴァイスシュバルツ』『遊戯王』など、各種トレーディングカードゲームの買取をさせていただいております。詳しくはトレカ買取のコーナーをご覧ください。
フリーダイヤル:0120-776-700(10~20時/年中無休)でもお気軽にご相談下さい。
スマホで写真をお送り頂くだけのLINE査定もご利用いただけます。

商品カテゴリートレカ買取強化タイトル トレカを売るデュエルマスターズ デュエマ買取価格表
ご依頼地域岡山県倉敷市
買取方法宅配買取

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。


よろしければシェアお願いします

2021年7月に投稿したたいむましんの記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP