【買取実績】アメイジング スパイダーマンアルティメット18″スーパーポーザブルアクションフィギュア

公開日:

 

今回ご紹介するのはトイビズ社の18インチスーパーポーザブルアクションフィギュアです。2004年の映画『スパイダーマン2』の公開時に発表されたアイテムで、全高約45cm、全身67か所の関節が可動してすさまじいまでの自在なポージングが可能です。


「スーパーポーザブル」はトイビズ社が90年代から使用していたフレーズですが、当初は5インチ(約13cm)、16か所の可動でした。2001年には6インチにサイズアップし、可動箇所は30か所と倍増しています。そして満を持して発売された18インチ・67か所可動版は手の指関節まで可動する優れもの。もうあとはブーツの中の足の指やマスクの下の顔くらいしか可動箇所は思いつきませんというくらいの可動っぷりです。

 


肩や股関節などの主要部分にはクリック式可動が採用されており、ポージングの固定に貢献しています。全体の重量も相当なのでポージングでビシッと決めるのは難しいのですが、重心やいわゆる体幹などを意識してバランスをとらせていく形になります。うまくサポートなしで立たせることができるとうれしいものですよ。実際今回の個体はほぼ全身にわたって関節の固定具合も好調でした、ただ、頭部がプラプラで今一つ決まらないというか、小首をかしげるケースが多く、挑発的な感じになってしまいます。これはこれで。


▲12.9インチiPad Proとの連携。身近なツールや家具と絡めてもそれっぽい雰囲気になります。屋外で岩や石などと絡ませるといいかもしれませんね。

 


▲どうしても東映版の地を這うようなポージングをさせてしまいます。

 


▲唯一のオプションパーツともいえるウェブシューター。手首に装着してミサイル状のスパイダーウェブを発射します。装着時は手首(前腕)と一体化して違和感はあまりないのですが、東映版を知る身にはいっそブレスレット状態のものが欲しいですね。ミサイルパーツは3種あったようですが残念ながら残っているのは2種のみ。

 


▲もちろん指が可動しますので、中指と薬指を折りたたんだ(手のひらのスイッチを押している)ウェブ発射の指先も再現できます。

 


▲パッケージ裏面では67の可動箇所を解説してくれます。

 


▲(どうしてもポーザブルなフィギュアはおどけた雰囲気になってしまいます。このサイズ・仕様でデップーが出たらすごいヒットしそうなんですけどねえ……)

(Tg)

 


たいむましんでは、アメコミやアメトイグッズを買い取りをさせて頂いております。
詳しくはアメコミ・アメトイの買取ページを御覧ください。
フリーダイヤル:0120-776-700(10~20時/年中無休)でもお気軽にご相談下さい。
スマホで写真をお送り頂くだけのLINE査定もご利用いただけます。


 

商品カテゴリーアメコミ・アメトイフィギュア 買取アメトイ ホットトイズ買取価格表
ご依頼地域長崎県諫早市
買取方法宅配買取

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。


よろしければシェアお願いします

2021年2月に投稿したたいむましんの記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP