愛媛県のお客様から「1000体限定 トムとジェリー 20インチ貯金箱」をお譲りいただきました。

公開日:

アメリカのファンコ社の「ワッキーワブラー」シリーズは、ちょっとディフォルメした姿が愛らしい製品です。バットマンやスーパーマンなどのアメコミ作品や、キッス、プレスリーといったロックスター、チャック・ノリスなどの映画俳優がラインナップされています。この「トムとジェリー首振り貯金箱」はその中でも一段とサイズの大きい50cmのもので、トムが左手で後ろに隠している木づちに貯金箱のコインを入れる口がついています。大きな頭プルプル揺れるようになっていてユーモラスです。50cmの大きさだといっぱいになるといくら入るのでしょうね。

2013年12月に1,000体限定で発売されたモデルにはこのステッカーが付いています。

『トムとジェリー』は、1940年から映画会社MGMが製作した7~8分程度の短編映画です。日本でも1964年からテレビ放送されました。その後何度も再放送されていますので、一度はご覧になったことはあると思います。

動画共有サイトでも昔の作品が公開されていますので、今回改めて見てみましたが、猫のトムと鼠のジェリー、仲が悪いのかいいのかその短いストリーの中に様々な感情が含められていて、子供向けと一言では済ませられない深さが感じられました。

第19回アカデミー賞 短編アニメ賞を受賞した「ピアノ・コンサート」を見ると音とピアノの鍵盤の動きとトムとジェリーの動きのシンクロ具合など作品のクオリティは目を見張るものがあります。なにしろ「トムとジェリー」はアメリカの作品ですので、セリフがあるとすると英語ですが、ほとんどセリフがないですし、動きだけを見ていても十分楽しめるようにできているのがさすがだと思います。

「トムとジェリー」は1940年が公開ですので、来年ちょうど80年となります。ちょうど今月から東京の松屋銀座でトムとジェリー関連の展示会が開催されます。『トムとジェリー』のセル画やスケッチなどの他に、「トムとジェリー」を製作したウィリアム・ハンナとジョセフ・バーベラの他の作品『チキチキマシン猛レース』『原始家族フリントストーン』も展示されるようなのでこの機会にお出かけください。

『誕生80周年 トムとジェリー展 カートゥーンの天才コンビ ハンナ=バーベラ』
2019年4月17日(水)-5月6日(月)
場所松屋銀座
webサイトへのリンク


たいむましんでは『トムとジェリー』『チキチキマシン猛レース』『原始家族フリントストーン』などアメリカのアニメ・グッズの買い取りをさせて頂いております。 詳しくはアメコミ・アメトイ・グッズの買取ページを御覧ください。

フリーダイヤル:0120-776-700(10~20時/年中無休)でもお気軽にご相談下さい。
スマホで写真をお送り頂くだけのLINE査定もご利用いただけます。


商品カテゴリー近年のアニメ('00年代~)アメコミ・アメトイホットトイズ/アメトイ
ご依頼地域愛媛県松山市
買取方法宅配買取

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。


よろしければシェアお願いします

2019年4月に投稿したたいむましんの記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP