【買取実績】『仮面ライダークウガ』『仮面ライダーアギト』の香港版装着変身をお譲り頂きました

公開日:


「装着変身」シリーズは『仮面ライダークウガ』放映時にリリースされ、「変身」とフォームチェンジを玩具上で実現したブランドです。80年代中盤に「聖闘士聖衣大系」で確立されたクロス系玩具の流れを、「変身もの」の源流の一つである『仮面ライダー』ブランドの復活に組み込んだアイテムであり、ヒット商品となりました。本編1話でもクウガ グローイングフォームへの初変身シーンは、五代雄介の感情の高まりにあわせ手、足、胸、頭、アークルと変化していくかたちで、まだ不完全であるという演出と、意図してのものかどうかはともかくとても優れた装着変身のプロモーションになっていたと思います。

さて、今回お譲り頂きましたのは下記の3点。

・装着変身 仮面ライダークウガ アメイジングマイティフォーム(『仮面ライダークウガ』)

本編終盤、ライジングマイティと同様に雷の力を得たゴ・ガドル・バに対抗するため、雄介はサイド電気ショックを受ける。その結果ゴ・ガドル・バとの闘いには勝利したが、その姿は黒く変化し、幾度となく雄介の幻視に現れたアルティメットフォームに近いものになっていた……。

製品は手甲が一体となったマイティフォームの素体に、黒色化したアーマーと、ライジングマイティのアークルとマイティアンクレットを組み合わせたもの。アンクレットは劇中通り両足分の2点が付属します。

 

・装着変身 仮面ライダーG3マイルド(『仮面ライダーアギト』)

テレビスペシャル『新たなる変身』に登場。誰にでも扱える機体として大量生産を前提に試作された。出力などは抑えられ、人命救助やG3-Xのサポートが主目的となる。G3チームの尾室隆弘が装着した。

製品はG3とG3-Xのパーツをミックスした本編のデザインコンセプトを踏襲したものとなっています。

 

・装着変身 仮面ライダーG4(『仮面ライダーアギト』)

『劇場版 仮面ライダーアギト PROJECT G4』に登場した自衛隊使用の仮面ライダー。G3の後継機として小沢澄子が設計したものの、装着者への負担が大きすぎることから封印されていたが……。

製品はG3-Xをベースに、頭部アンテナのパネルや使用武器のギガントが新規造形で付属しています。

 

いずれも本編での登場回数が少なかったり、スペシャルや劇場版のみの出演のため、放送当時の国内では商品化されなかったバージョンになります。しかし香港およびアジア地域で人気だったのか、独自アイテムとして立体化されたようです。2002年の終わり頃でしょうか、国内でも専門ショップはもちろん、一部の一般店頭でも販売されました。特に事前情報などもなかったので、そりゃあもうびっくりしたものです。それが好評だったのかあるいは要望が多かったのか、のちにハピネット流通限定商品の国内商品として再発売。この時に超合金シリーズとしての通し番号となるGDナンバーを割り当てられて販売されました。ちなみに装着変身エクシードギルスも同様の経緯で香港版から国内流通限定として販売されています。

まだこの頃は装着変身も2~3年目で、スタート当初といってもいい時期です。この頃のマニア向けトイではカラバリなどを乱発してファンの反感を買っていた玩具がぼちぼちでてきた頃でした。ましてや装着変身はふつうに子供向けとしてリリースされていた玩具でもあります。当のバンダイもカドなバリエーションは必要以上にユーザ―を怒らせるのではないかという不安もあったのでしょうか。しかし、実際にはバリエーションの需要もあったわけです。ただしもちろん劇中での活躍があってこそだったとはと思います。こののちの装着変身はバリエーション展開も活発になっていきました。私もまんまと海外版を購入した後、やっぱGDナンバーが欲しいなと思っていた口です……。

当時は仮面ライダーという伝説的なコンテンツの復活に加え、装着変身による変身の再現など、マニアックな旧シリーズファンから『クウガ』で初めてライダーを知る子供たちまで、幅広いファンがクウガ以降もライダーを見守っていたと思います。キープコンセプトの『アギト』から、いきなり13人のライダーによるバトルロイヤルの『龍騎』と、常にパターン破りな新ライダーが生み出されていきました。近年のライダーはそのパターン破りがパターン化してきたかなというのが個人の感想です。(Tg)

なお、2021年3月13日からは、YouTubeの東映公式チャンネルにて『仮面ライダーアギト』の無料配信がスタートしています。

東映特撮YouTube Official
https://www.youtube.com/channel/UCEbPgdUbZgme40WpYmR0ocA

 


たいむましんでは装着変身をはじめ、フィギュアからなりきりまで、
仮面ライダーや石ノ森章太郎作品のおもちゃの買取りをさせて頂いております。
詳しくは仮面ライダーおもちゃのページをご覧ください。
フリーダイヤル:0120-776-700(10~20時/年中無休)でもお気軽にご相談下さい。
スマホで写真をお送り頂くだけのLINE査定や、WEBからのお問合せフォームもご利用いただけます。


 

 

商品カテゴリー特撮仮面ライダー・石ノ森章太郎作品特撮フィギュア
ご依頼地域石川県金沢市
買取方法宅配買取

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。


よろしければシェアお願いします

2021年3月に投稿したたいむましんの記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP