【買取実績】ポピー 改造人間サイボーグ「超人バロム・1」ソフビ

公開日:

 

今回お買取りさせていただいたのは、1970年代前半に「改造人間サイボーグ」ブランドでリリースされた『超人バロム・1』よりバロム・1です。後年はどうしても「あの『ゴルゴ13』のさいとう・たかを原作!」といった部分がクローズアップされがちですが、当時は「視聴者と同じ子供が友情の力で変身する」という、変身ヒーローの新たな方向性にチャレンジした作品でした。『仮面ライダー』後期においても、少年仮面ライダー隊というメイン視聴者に寄せたアイデアが盛り込まれましたが、本作では主人公となったわけです。ちなみに同時期に制作された『変身忍者 嵐』では、変身ヒーロー版時代劇に挑戦していました。『仮面ライダー』のヒットに甘えることなく、常に新しいものを創り出そうとする東映の意気込みを感じます。

 


そして、こういった制作陣の挑戦を支えたのが、玩具を中心とするマーチャンダイジング展開だったといえるでしょう。本アイテムは全高約12cmほどのソフビ人形で、透明のボディにメカニック状のパーツやシートが内蔵されています。本来のバロム・1は改造人間やサイボーグというわけではありません。本アイテムのようなパーツ構成は当時人気だったタカラ(現:タカラトミー)の「変身サイボーグ」の影響と思われます。同様のアイテムはブルマァクも商品化しており、クリアボディの中にメカニカルなパーツを内蔵したウルトラの父のソフビ人形(宇宙人間)をリリースしていました。
昨今の設定重視、映像再現へのこだわりに比べると、おおらかで自由で、そして貪欲であったといえるでしょう。変身ヒーロー黎明期ともいえる時代の空気を感じてください。


たいむましんでは、各種変身ヒーローグッズを買取りをさせて頂いております。
詳しくは特撮ページを御覧ください。
フリーダイヤル:0120-776-700(10~20時/年中無休)でもお気軽にご相談下さい。
スマホで写真をお送り頂くだけのLINE査定もご利用いただけます。


 

商品カテゴリーその他特撮グッズ買取
買取方法宅配買取

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。


よろしければシェアお願いします

2020年3月に投稿したたいむましんの記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP