東京都あきる野市のお客様から1970年代~80年代の貴重な児童向けテレビ雑誌をお譲りいただきました。

公開日:

児童向けテレビ雑誌は1971年に発売された講談社の『テレビマガジン』が最初でした。この頃は、第2期ウルトラシリーズの『帰ってきたウルトラマン』や仮面ライダーシリーズ第1作『仮面ライダー』が始まった年です。

『テレビマガジン』1985年4月号の付録『テレビマガジンスペシャル』

その『テレビマガジン』1985年4月号の付録『テレビマガジンスペシャル』がこちらです。表紙にはスーパー戦隊シリーズの『電撃戦隊チェンジマン』が大きく扱われています。


1973年には東映が企画した『テレビランド』が創刊されました。この頃は『仮面ライダーV3』『キカイダー』『ウルトラマンタロウ』などが放映されていました。

ひかりのくにてれび絵本『ウルトラマンタロウ』

ちょうどこの頃のひかりのくにてれび絵本『ウルトラマンタロウ』です。

きれいなカラーの見開きの絵が迫力がありますね。あっという間に戦って地球を守ってくれます。タロウというネーミングが斬新というか親しみを与えた感のあるシリーズでしたね。


『TVアニメマガジン』はもともと秋田書店が1966年から発行していた『冒険王』が時代の趨勢にあわせてテレビ・アニメ、ヒーロー戦隊物に内容特化し、1983年に誌名変更した雑誌でした。

『TVアニメマガジン』1984年6月号最終号

『超電子バイオマン』が表紙のメインを飾っています。

『超電子バイオマン』

『らんぽう』

ギャグ漫画『らんぽう』は『週刊少年チャンピオン』で連載されていましたが、テレビアニメになったのでここで紹介されています。

赤と青のセロハンの眼鏡を通して見ると立体に見えるという漫画が載っていますね。立体に見えたかというのはまさしく「個人差があります…」という事ですが。

『重戦機エルガイム』

アニメ監督富野由悠季の『重戦機エルガイム』が放映開始したのもこの頃です。

この頃のテレビ雑誌は付録が豪華なのが特徴です。目次の「超ごうかなふろく」の欄には9つのふろくが載ってますね。内容は紙ものがほとんどでカードやシール、厚紙を組み立てて作る物が主流でした。「エルガイムびゅんびゅん飛行機」はどんなものだったのでしょうか。

『巨神ゴーグ』

『機動戦士ガンダム』などで知られる安彦良和の作品『巨神ゴーグ』もこの頃の作品です。

1983年に『冒険王』から誌名変更した『TVアニメマガジン』ですが、早くもこの1984年6月号で残念ながら休刊となってしまいました。

休刊のおしらせ

雑誌は創刊号もレアアイテムになりますが、このような最終号というのもレアアイテムになっています。


1976年からは小学館の『てれびくん』が発売になります。ライバル誌がなくなった今、現在でも発売されている唯一の子供向けテレビ雑誌となります。

『てれびくん』1986年6月号

この号は1986年6月号です。以前「【持込買取】小学館の『小学一年生』『小学二年生』を埼玉県大宮区のお客様から買取いたしました。」というブログを書きましたが、その中でファミコンの扱いが増えてきた時として1986年を注目しましたが、こちらもちょうどその年のものです。表紙に「ファミコン5大特集」とあります。スーパーマリオ、ハットリくん、マイティボンジャックが取り上げられていますね。

マイティボンジャック

マイティボンジャックは、1986年テクモ株式会社が以前アーケードゲームとして制作したボンジャックを元にファミコン向けへ作り直したものだそうです。この紙面の説明を読むと「パメラという国の王さまたち4人が、ま王『ベルゼルフ』につかまった。なんと、王さまたちは、なぞのピラミッドの中に、とじこめられたのだ…」とありその王さまをジャックが救いに行くというストーリーです。ゲームの舞台がピラミッドの中という事で画面の推移も横スクロールに加え縦スクロールもあり、かなり難しかったようです。点数はクリアした面や単純な数字ではなく、学校のテストの偏差値のようなゲーム偏差値というもので評価されるちょっと変わったものだったようです。

広告にもファミコン、ディスクシステムが大きくでていますね。

漫画には『うらわざ戦士ファミまるくん』が。

『ドラゴンボール』や『キン肉マン』、そして長い人気の藤子不二雄の『オバケのQ太郎』『パーマン』『忍者ハットリくん』がありますね。

この頃テレビで有名だった「カバゴン」こと教育評論家の阿部進先生が監修を手掛けていました。目次の一角にイラスト入りで「今月のもくひょう」という欄が先生のひとことです。

現在の『てれびくん』を見てみると付録が豪華ですね。まだまだがんぱって続けて欲しい雑誌です。

今回は貴重な児童向けテレビ雑誌をまとめてお売りいただきありがとうございました。


たいむましんでは懐かしいテレビ雑誌や子供向け雑誌などの買い取りをさせて頂いております。創刊号や休刊号、全巻揃いなどであれば高価買取の可能性もあります。

詳しくは懐かしい子供の本、紙モノの買取ページを御覧ください。

フリーダイヤル:0120-776-700(10~20時/年中無休)でお気軽にご相談下さい。
買取お問い合わせフォームスマホで写真をお送り頂くだけのLINE査定もご利用いただけます。


商品カテゴリー懐かしい本・紙モノ
ご依頼地域東京都あきる野市
買取方法宅配買取

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。


よろしければシェアお願いします

2019年7月に投稿したたいむましんの記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP