買取入荷|名作アニメえほん『龍の子太郎』(講談社)

公開日:

  「ふたりのイーダ」「オバケちゃん」等の作者、松谷みよ子さんによる児童書「龍の子太郎」。  

この作品は、なんといっても1979年に「東映まんがまつり」の中の1つとして上映された「龍の子太郎」が脳裏に残っている人も多いのではないでしょうか。    

その映像は、VHSビデオとLDでも存在しますが、その衰えない人気のせいか2010年にはDVDまで発売されましたが、すぐに廃盤になってしまい高値となり、 国外版のものまでネットオークションなどで取り引きされているようです。    

この映画作品を当時に映画館で見た人にとっては、龍の子太郎が普通の人間では持ち上げられない程の稲の束を、 映画スクリーンいっぱいのド迫力で力強く持ち上げるシーンが忘れられない場面の1つだと思います。

  RIMG3950
       また、上映当時には変わった趣向として、映画を見ながら体験が出来る臭いの出るシートが配られたようですが、当時に映画館で見た私は、そのような記憶がないので、上映館によっては、やった所と、やらなかった上映館があったのかもしれません。

 そんな「龍の子太郎」の正方形のような形をした絵本がある事は、あまり知られていないと思います。 これは、講談社のテレビ絵本系の「飛べ!孫悟空」や、「まんが日本昔ばなし」のシリーズかと思われますが たいむましんに入荷しました。     龍の子太郎1     昭和54年3月15日の初版発行です。

   「東映まんが祭り」版の「龍の子太郎」ファンは、是非、DVD等と共に、手元に置いておきたい資料です。    CS・BS等で「東映まんがまつり」を同時上映作品も含めて特集して復刻放送してくれる事がありますが、 龍の子太郎の時のものは、まだ放送されていないと思います。

  その日が来て録画出来るまでは、現在、全て廃盤ですが、VHS・LD・DVDと、この絵本を頼るしかなさそうです。     RIMG3947   RIMG3948   RIMG3949   RIMG3951   RIMG3952   RIMG3953        

商品カテゴリー懐かしのアニメ('60年代~'90年代)懐かしのアニメ懐かしい本・紙モノ

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。


よろしければシェアお願いします

2017年2月に投稿したたいむましんの記事一覧

PAGE TOP