ボードゲーム エポック社『武田騎馬軍団』を愛知県名古屋市のお客様からお売りいただきました!

公開日:

先日、宅配買取にてウォーシミュレーションボードゲーム、エポック社『武田騎馬軍団』を愛知県名古屋市のお客様よりお譲りいただきましたのでご紹介いします。

item img 1

戦国時代を生きた有名な戦国大名の一人、武田信玄の保有したとされる、常勝を誇った騎馬隊を看板に掲げ、実際に起きた合戦を体験できるウォーシミュレーションボードゲームとなっています。こちらのボードゲーム、戦国の合戦を舞台にしたものでは珍しく、戦術級の合戦が楽しめるものとなっています。また、ソロプレイにも対応しております。

item img 2

こちらの作品では、7つの合戦のシミュレーションが体験できます。できるものは「瀬沢の合戦、上田原の合戦、塩尻峠の合戦、戸石の合戦、川中島の合戦、三増峠の合戦、三方ヶ原の合戦」となります。非常に有名な戦いばかり7つも体験できてしまうお得なセットになっております。どの合戦も一度は名前を聞いたことのある有名武将ばかりが登場するので、どのシナリオを遊ぶか迷ってしまいますね。上杉謙信が好きなので、やっぱり特に有名な川中島の合戦を遊んでみたいです。

item img 3item img 4

駒の形は武田菱を模倣してひし形……ではなくて正方形、流石にひし形は使いにくいでしょうか。群青や赤色が鮮やかでいいですねぇ。マップの色合いも相まって日本画を見ているような気分になってきます。

item img 5

武田信玄と言えば「風林火山」という言葉が有名だと思いますが、これには続きがあって「疾如風 徐如林 侵掠如火 不動如山」の後に「難知如陰 動如雷霆 掠郷分衆 廓地分利 懸権而動 先知迂直之計者勝」と続きます。現在でも引用される兵法を唱えた孫氏の言葉で、続きの読み方は「知り難きこと陰の如く 動くこと雷の如く 郷を掠めるには衆を分かち 地を廓めるには利を分かち 権を懸けて而して動く 迂直の計を先知する者は勝つ」となります。

戦って勝つだけではなく、そもそも戦わずして勝つという事を説いてるんですね。ボードゲームだと中々実現できない部分もありますが、この精神は非常に勝負ごとに大事な要素だと思いますので是非覚えておきたいものですね。

エポック社『武田騎馬軍団』のご紹介でした。風林火山と聴くと、どうしてもキン肉マンが出てきてしまいます。


たいむましんでは、各種ウォーゲーム・シミュレーションゲームの買い取りをさせて頂いております。
詳しくはウォーゲーム・シミュレーションゲームの買取ページを御覧ください。
フリーダイヤル:0120-776-700(10~20時/年中無休)でもお気軽にご相談下さい。
スマホで写真をお送り頂くだけのLINE査定もご利用いただけます。


 

ご依頼地域愛知県名古屋市
買取方法宅配買取

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。


よろしければシェアお願いします

2019年2月に投稿したたいむましんの記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP