「ゲシェンク(Geschenkt)」遊び方紹介

公開日:

先日、メビウスゲームズの「ゲシェンク(Geschenkt)」を買取いたしました。

RIMG0156

一言で言えば「マイナス点を相手にゲシェンク(プレゼント)する」ゲームです。

☆ゲーム概略☆
プレイ人数:3~7人
プレイ時間:約20分
対象年齢:8歳以上

中身は、こんな感じ。

RIMG0161

☆内容物☆
カード:33枚
チップ:55枚
取扱説明書:1部

ルールは超シンプル。

では、さっそく遊び方を。

3~35までの数字が書かれた、33枚のカードをシャッフルし、そこから9枚を裏面のままランダムで抜き取ります。

この9枚は使わないので、誰も見ないようにして仕舞っておきましょう。

残りの24枚は山札とし、中央にセットします。

全プレイヤーに同じ枚数のチップを配ったら、ゲーム開始!

チップの枚数は後々の展開に大きく影響するので、他プレイヤーから見えないようにしておくのも大事です。

手番が来たら、山札の一番上から一枚をオモテ(数字が書かれている)面にして出します。

カードに書かれた数字は、そのままマイナス点になります。

プレイヤーの選択肢は、2つ。

「カードを引き取る」「チップを1枚出してパスをする」か。

パスをした場合、次のプレイヤーが同様の決断を迫られます。

このようにして、誰かがカードを引き取るまで、延々と同じことが繰り返されます。

誰かがカード+チップを引き取れば、山札から新たなカードを捲ることができます。

大きい数字のカードは、なるべく取りたくない。かと言って、パスを続けていれば、手持ちのチップがどんどん減っていく…。

ちなみに、チップは1枚につき「プラス1点」です。

ということは?

カードを引き取ったとしても、場に出されたチップの枚数によっては、相殺されてダメージを最小限に抑えることだって可能なんです。

しかも、連続した数字のカードを引き取れば、一番小さい数字分だけのマイナス点で済む、という一発逆転が狙えるチャンスも残っています。

例えば…

場に出されたカードが「30」だった場合。大きい数字のカードは、誰だって取りたくありません。次々に皆がパスをし、チップが場に溜まっていきます。手持ちのチップはどんどん少なくなり、これ以上は減らしたくない…もういい、カードを引き取ってやるわ!

と引き取ったら、チップも当然一緒についてきます。

そのチップの枚数が10枚であれば「30-10」で「20」のマイナスで済む、というわけです。

それでも20のマイナスかぁ…と落ち込んでいたら、次に場に出されたカードが「29」でした。

あれ? 連続する数字じゃん? じゃあ引き取るわ!

と引き取れば、29と30で連続した数字となり、少ない数字が適用されます。

つまり、マイナスが1減って「19」。

カードを引き取ったデメリット」はありますが「チップも一緒に受け取ったメリット」もあるわけです。

チップは「パスをするための代金」でもあるので、チップがなければパスをすることも出来ません。

つまり、手元に1枚もチップがない状態で大きい数字のカードが出たら、引き取るしか選択肢がない、ということ。

大きい数字を避けてチップを払い続けていると、あっという間に大量失点を被ることだってあるんです。

チップの残数を計算しつつ、ダメージの少ない段階でカードを引き取っていくのが手堅い戦略かもしれません。

また、各プレイヤーが引き取ったカードは、誰もが見ることの出来る状態で置いておきます。

そこから、残りのカードの数字を予想していくのもひとつ。

でも、ここで残念なお知らせ。

山札を作る前に、9枚のカードを取り除きましたよね?

大きい数字のカードを引き取ってしまい、連続した数字が来るのを待っていたとしても、その9枚の中に欲しかったカードがある場合も…。

「30」のカードを引き取ったとしても「29」のカードが最初から取り除かれていれば、いくら待ってもマイナスは「30」のまま。チップの枚数で減らしていくしかないんです。

また、小さい数字のカードだけが、運悪く取り除かれている場合もあります。

これを繰り返し、山札が尽きたらゲーム終了!

最終的に、マイナス点の少ないプレイヤーが勝者となります。

人生も、マイナス点が少ない方がいいですもんね(大げさ!)

カードとチップの狭間で揺れる、ジレンマが楽しめるゲームです。

弊社では「ゲシェンク(Geschenkt)」以外にも、多くのボードゲームをこれまでお譲りいただきました。詳しくは、弊社ホームページの「アナログゲーム買取実績一覧」にて紹介しております。

買取のご相談は、アナログゲーム買取のページをご覧ください。また、ボードゲームの買取価格表は、こちらのページに掲載しております。

買取のご依頼は、買取フォーム(写真も送れます)、フリーダイヤル:0120-776-700(10-20時/年中無休)、LINE査定よりお気軽にお待ちしております★★

商品カテゴリーボードゲームボードゲーム・同人ゲーム
ご依頼地域栃木県足利市
買取価格完品で経年相応に美品の場合、400円
買取方法宅配買取

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます


よろしければシェアお願いします

2018年2月に投稿したたいむましんの記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP