クロワのヴァイスシュヴァルツ道

WS 新弾レビュー 『東京リベンジャーズ』

公開日: / 更新日:クロワ

 

いねぇよなぁ!! マイキー

 

最近のブースター発売ペースが速すぎて購入を日和ってるクロワです。
まあ買うんですけど。
『東京リベンジャーズ』のブースター&トライアルデッキ+が発売になりました。
プール全体をザっとみた感想としては、システム系が強く、CX連動は控えめという印象を感じました。個人的にはそうゆうタイプの方が一人ひとりの構築が違ってきて面白いので好きです。
ここから先はしばらく追加ブースターが続くので、新規にタイトルを組みたい人はここがチャンスかと思います。

 

 

 

 

 

それでは収録カードを見ていきましょう。

 

不良の時代 マイキー

①「不良の時代 マイキー」

直接クロックにカードを叩き込む連動テキストを持つカード。
最大値の3枚置くことができれば勝負を決定づけるレベルの殺傷力だと思います。
選ぶカードの合計値は自分のパワーを参照するため、いかにして最大値をあげていけるかがポイントになるかと思います。パワーパンプ手段はいろいろとあるので、それらを駆使していきます。

デッキレシピがこちら。

東京リベンジャーズ_デッキ01

 

純粋な電源デッキで考えると単体でのパワー不足が目立つように感じたので、最後のマイキーの連動の最大値を狙えるように考えて構成しました。共鳴で同名を見せないといけないのが難しいのですが、あくまで共鳴は見せるだけでいいので、2面以上したほうがコスパがよくなります。3面はさすがに難しいとは思いますが、積極的に2面連動は狙っていきたいです。パワーを高めて2面連動すればレベル2からの詰めもワンチャンスあるかと思います。

 

 

②「参番隊隊長 パーちん」「参番隊副隊長 ぺーやん」

ペーやんが2枚あればパーちんのパワーは16500にのぼり、簡単には触れないサイズになります。レベル2ガッツンダーの数値でも届かないパワーは魅力。
ぺーやんのテキストでパーちんの早出しが狙え、立ち集中なので連打で複数体出すことも可能。レベル1段階だとぺーやん1枚の12500でも充分場持ちがよく、面取り勝負に一石を投じる存在になっているかと思います。

デッキレシピがこちら。

東京リベンジャーズ_デッキ02

 

 

このタイトルには防御札「“死ぬ”と思った瞬間」があり、これが防御しながら反射ダメージを与えられるタイトル内屈指の強カードです。防御札を上手に使うためには面取りが必要かつこの防御札は手札も要求されるので、手札を温存しながら面取りする必要があります。ぺーやん・パーちんは早い段階からの面取りで手札の温存が狙え、防御札につなげやすく上手に使えているデッキだと思います。
ぺーやん本体だけでなくオカ研互換「守ってあげる 日向」も同じ控えを山札に戻すテキストをもっているので、併せてレベル1からパーちん多面を狙っていきたいです。

 

 

 

 

 

いかがだったでしょうか。
構築センスが問われるタイトルだと思うので、どのような構築が生まれるか楽しみです。良い構築あったら教えていただけると嬉しいです!
今回は以上です。ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

 

(画像出典:ヴァイスシュヴァルツ公式サイト

よろしければシェアお願いします

PAGE TOP