クロワのヴァイスシュヴァルツ道

WS新弾レビュー「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」

公開日:クロワ

どうもクロワです。

本日はブースター&トライアルデッキ+「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」、通称「ダンまち」の発売日です。

僕個人は作品についてはキャラぐらいしか分からないのですが、このタイトルが一番好きという友人もいるくらいの人気作品です。
プール全体を見て、最近結構増えてきたイベント多めのタイトルだと感じました。また、CXコンボのレベル3が2種類しかなく、構築は足回りの部分で人によって差異が出そうに見えました。

ド派手な「ゾンビランドサガ」の次、大人気シリーズの「ラブライブスーパースター」の前ということで話題タイトルに囲まれてしまっているブースターですが、意外とこうゆうタイトルが一番強かったりすることもあります。

 

 

 

それでは注目カード紹介です。

 


「ダンジョン探索 リリ」
ジョー互換の効果と登場時に相手に0~3の数字を宣言させ、自分のトップを落としてその数字と同じレベルなら+1枚のドロー。
登場時の効果を使いまわせるジョー互換効果との相性はかなり良いです。
余談ですが、基本的にはこのようなカードを出された時は0を宣言しておくのが無難です。(特に序盤)
デッキ内の比率が少ないであろう2などを宣言して2だった場合は3ドローになり、序盤のリソース差でゲームが傾いてしまいます。

 


「勝利の宴 ティオナ」
登場時効果でCX入れ替えとレベル置き場入れ替え。
どちらもデッキに少しだけ欲しいタイプの効果なので、くっついているのはデッキスペースの圧縮になって良いですね。

 


「したたかな街娘 シル」
クライマックスフェイズ開始時に1000パンプとオンステシリカ効果。
オンステ効果は1体に付与してリバース要求なので、本家オンステシリカの前500応援よりもこちらの1000パンプのほうが噛み合いが良いです。

 

「あざとい哀願 シル」
クライマックスを貼ったら1体選択して往復1500上昇。
宝連動でアンコールステップに宝を落としてトップ2枚公開、その中から控え室の「魔導書」の枚数のレベル以下のカードをストックへ。
ストックへ置くカードの指定は特にないので、イベントを多く積んだデッキでも問題なく採用できます。
レベル0のうちからストックに余裕を作ることができるので、戦略の幅はかなり広がり、面白いカードだと思います。

 


「事件の結末 エイナ」
フィレス効果+ボトム相殺。
アタッカーになれるフィレスは優秀。最近ではホロライブの「山田ハーマイオニー 湊あくあ」のような控え室で効果を発揮する優秀なカードが増えてきているので、特殊相殺の価値は相対的にかなり高いと思います。

 


「バイトの掛け持ち ヘスティア」
イベント版3枚小梅、移動メタ効果。
イベント版の小梅です。本家小梅と同じく、とりあえず落下するためだけに出すこともでき、落下したくないときはしなくてよいというのも使い勝手の良いポイントです。

 

「初めての冒険 ベル」
アタック時に控え室の「【ファイアボルト】」×1500上昇。
扉連動で山か控えから「≪ヘスティア・ナイフ≫」を回収。
言わずと知れた強力なイベント回収系の連動効果。ゴブリンスレイヤー以来となるカウンターもち4ルックイベントを回収できるキャラです。
パワーパンプ条件にはまた別のイベントなので、デッキスロットの問題やデッキ内がイベントだらけになる問題はあります。しかしそれを差し引いてもレベル0で最大10500というパワーは魅力ですし、参照する2種のイベントはどちらもノーコストでキャラに変換できるイベントですのでそこまで窮屈にはならないかと思います。

 


「英雄願望 ベル」
経験3で11000アンコール、経験7で扉連動連パン。
残念ながら経験の都合で連パンはレベル3からしかできませんが、経験3・1コストで11000アンコールというのは破格のスペック。中盤からアタッカーとして活用し、終盤はアンコールで生き残らせて連パンなんて使い方もできますね。

 


「デートの待ち合わせ ヘスティア」
「何か大切なこと キリト」がパンプ条件と数字が変わって、門連動になったもの。
キリトが強かったのでこれも強く見えます。一番のネックはパンプ条件の「ベル」ネームかもしれません。

 


「【剣姫】アイズ」
聖剣早出し、同名経験で1500上昇とアンタッチャブル、神原互換。
スーパー神原とでも呼びましょうか。アンタッチャブルが非常にありがたい1枚です。

 


「サポーター リリ」
登場時バウンスとそのターン中自身が再度アタックしてもソウル減少無し。
アタック時に2コストと「ダンジョン捜索 リリ」を捨てると自身と他に1点ショット付与。
登場時効果は、最近増えつつある「プリシラ互換」を1枚で完全ケアできます。
ショット付与はコストにネーム指定があるのがネックですが、「ダンジョン捜索 リリ」はジョー互換効果を持っており、手札に戻る可能性のあるカードなので噛み合いは◎。

 


「二人の時間 アイズ」
青ブタの「かけがえのない存在 翔子」のような3枚モカ効果。あちらで厄介すぎた経験もなく、対応もチョイスなので使い勝手は良さそうです。

 


「変わった趣味 シル」
登場時サーチ、アンタッチャブル付与と2000応援。
アンタッタチャブルの重要度はインフレが進むごとに上がっていくと思うので、今もこれからも強いカードになると思います。

 


「元冒険者 リュー」
経験6で常時11500、ボトム送りヒール、手札2枚切ってクロックシュート。
スペックがすごいカードです。経験6はやや重めですが、ヒールでクロシュがこのパワーは破格すぎます。

 

「鍛冶師の覚悟 ヴェルフ」「『クロッゾの魔剣』」
榛名バーン効果と相手リバース時に『クロッゾの魔剣』を安く打てる効果。
榛名バーンと組み合わせてアタック外で1・3点なので火力はなかなかのもの。必要ストックが減っている代わりにハンド要求があるため、手打ちしたほうが良さそうな時は手打ちしましょう。

 

 

 

今回考えたデッキはこちら。

「デートの待ち合わせ ヘスティア」でストックを貯めて、『クロッゾの魔剣』で詰めるデッキです。
「デートの待ち合わせ ヘスティア」のようなストックを増やせるカードは、ストックをいかに活用するかがカギです。通常の構成だとストック的に複数発打つのが難しい『クロッゾの魔剣』を何発も打てれば、広い射程圏内から詰めにいけるだろうと考えて構築しました。
デッキのメインとなる動きはレベル2以降ですので、序・中盤は山の速度とパーツ集めを意識した構成にしました。

 

以上です!
ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

 

(画像出典:ヴァイスシュヴァルツ公式サイト

岐阜、愛知で活動しているWSプレイヤーです。
実績→WS公式レシピ9回
(WGP2019東京ネオスタンダード3位、タイトルカップ優勝5回etc…)
気軽に交流して頂けると嬉しいです! Twitter:@334_ws

よろしければシェアお願いします

PAGE TOP