オンラインショップ大会優勝「彼女、お借りします。」チョイス電源デッキ解説

公開日:クロワ

どうも、クロワです。

今回は「彼女、お借りします。」の僕が使用しているデッキリストの紹介と、使い方解説、なぜこの構築になったかのお話をしていこうかと思います。

先日、Kさん(@CardGamerK)さん主催の「オンラインショップ大会」に参加させていただき、このデッキを使用して、3-0で優勝をすることができました。(このレシピは正確には1枚変わっていますが)
このデッキは、普段リモート対戦する仲間と共にみっちり調整していたものでしたので、優勝という結果を残すことができたのはとても嬉しく思います。
リアルでの大会が制限されている中で、こういった催しは調整したデッキを試す良い機会でしたし、大会に飢えている身には良い刺激にもなりました。

「オンラインショップ大会」に興味を持たれた方は、下記Kさんのツイートを読んでみてください。僕も時間の許す限り参加するつもりなので、もし参加される方はマッチングした際はよろしくお願いします!

 

 

デッキリスト

「彼女、お借りします。」(以下、かのかり)というタイトルは、派手な詰めや山破壊のあるタイトルではない分、構築が難航している印象が強いです。構築に悩んでいる人は是非試してみてほしいリストになっています。

それではデッキリストをご覧ください。

様々な型を試し、同じく「かのかり」のデッキを使っている友人との意見交換を重ねた末に、この「チョイス電源」の構築に固まりました。

電源連動の「朝の日課 墨」が爆アドを取れることによって、電源採用デッキでありながら、序盤からの多パンがしやすく、相手にダメージで圧をかけていくことが可能になっています。

当然、パワーラインも高く、「桜沢 墨」「恥ずかし乙女」「待ち焦がれる 墨」を中心としたパワー形成で相手に余裕を与えません。

僕は微調整の末にこの構築になっていますが、枠の都合で泣く泣く枚数を減らしたカードや、採用を見送ったカードもあります。
なので、ちょっとした環境の変化で、またデッキの内容が変わってしまうかもしれませんが、良い調整ができたこの段階での構築での記事を書きたくなり、今回の執筆に至っています。

 

 

このタイトルの強み

「朝の日課 墨」「桜沢 墨」「恥ずかし乙女」
この3種が僕の考えるこのタイトルの強みです。
「朝の日課 墨」は電源連動で、リバース要求でこそあるものの最大4アドを取ることができるカードです。
他タイトルにもこのような大きく手札を稼げる連動はありましたが、そのどれもが2ドラ(ストブ等)連動であり、採用するだけでデッキの安定感を落としてしまうようなデザインでした。このカードはCXのアイコンが電源なので、電源を軸として組むことでそのままデッキコンセプトにすることができています。そうなると、デッキの安定感を犠牲にすることなく大きなアドをとれるカードということになります。
こういった大きなアドを取れる連動は、対応が引けない試合がどうしようもなくなりがちです。しかし、電源のデッキはそもそも対応無しでも電源を採用する場合だってあるので、このカードを使った構築では連動CXを引けなくともお通夜にはなりにくいです。

とはいえ、電源のCXを採用する以上、面取りを軸にしないと電源そのもののバリューが下がってしまい、残念な感じになります。
そんな中、かのかりには「桜沢 墨」があります。
経験が必要なものの、パワーは驚愕の単体11500というスペック。それでいてヒール持ちなので手出しでも強く複数枚採用しやすいという強カード。
これだけでも強いのに、「恥ずかし乙女」というイベントで、「追加効果を持たせながら1コストで早出し」が可能になっています。イベント採用は4ルック回収の連動との相性が本来なら悪いのですが、これらはセットでデザインされているようで、電源連動の4ルックは「恥ずかし乙女」の回収が可能になっています。ノイズにならないどころか、握りやすくなっており、非常に強力だと言えます。
これらのセットが、デッキを面取りに寄せる上で、ものすごく心強い存在です。

 

 

電源の相方

 

このタイトルには電源が1種類しか存在しないため、相方となるCXを電源以外のアイコンから選択しなければなりません。
まず目につくのは、電源の相方として最有力候補であり、連動で詰め効果を持っている扉「互いの気持ち」かと思います。
CXのアイコンでみた場合、まあ無難に強いかと思います。連動も、パワーが低いという難点こそあれどそこそこの詰め火力は出るので、他に良いものがなければ消去法で残る選択肢かなーと思いました。
世間一般でも、「かのかり」で最もメジャーな構築は扉電源かと思います。
ただ、僕はそれは無難すぎて魅力の薄い選択肢かと感じてしまったので、別の電源の相方を模索しました。

 

 


・宝「”目標”に向けて」
→上の項では特に触れていませんでしたが、「桜沢 墨」は本来宝連動でのソウル減カードです。「桜沢 墨」が宝連動抜きでもそもそものパワーカードで採用されている以上、宝を採用する選択肢は誰もが考えるかと思います。
ですが、これは微妙でした。そもそも、宝と電源というCXアイコン同士の相性があまり良くないです。面取りが成功した場合はダイレクトアタックでソウルがもらえますので、CXを貼ると打点が過剰になり、キャンセルされていくうちに山を作られてしまいます。
そして、使いやすいCX入れ替えがプールに存在しない、という問題点もあります。ソウル減を活かすためには、そのキャラが生き残り続け、かつ対応CXを連打できると強いのですが、CX入れ替えがプール内では青のレベル2にしかなく、もう片方のCXが電源となると、CX連打をするのは難しいかと思います。

 

 


・門「高鳴る鼓動」
→電源連動の恩恵が大きい以上、門で電源を拾う動きが通常他デッキに比べて強いです。門連動の効果も攻撃・防御から選べる効果であり、悪くありません。
問題点となるのは色とデッキスロット。青で採用したいレベル0はあまり多くなく、採用圏内のカードでも複数の採用が厳しかったです。ただでさえその状態なのに、レベル3の門連動も連動疑似チェンジであり、メインの方は登場時効果を持っていません。メインの方のみを採用するのはさすがにカードパワーに難を感じてしまいますし、疑似チェンジ元を採用するとデッキの枠をかなり喰います。
悪くない発想だったかと思いましたが、結局「門電源」という手札の管理が難しくなるCX構成にしてまでやることではないかと思ってしまいました。

 

 


・チョイス「付き合ってる時よりも」
→最終的にたどり着いた答え。
とはいえ、連動時の詰め能力に関しては一長一短であり、圧倒的に優れてるというわけではありません。圧倒的に優れているわけでは無い、と言ったものの、光景互換を持たないこのタイトルでは、相手に作られた固い山に対する回答になり得る貴重な存在ですし、面を取ってキャラが返ってきやすいこのデッキでは、多面でなくとも連動の恩恵が受けやすいチョイス連動の方が合っているかと思います。
更に、チョイスにしたもう一つの大きな理由として、手札よりストックの方が足らなくなりやすい構築であるという点があります。要するに、扉よりもチョイスの方がトリガー時のバリューが高いからという理由です。あとで触れますが、山を進める能力はそれほど高くないデッキなので、椎名互換を使うためのストックが用意しやすくなるのがすごく大きかったです。また、チョイスを採用した際に生まれる「ドラ付きカードの採用枚数」と「埋めていいドラ付きカード」の問題も、自然と構築上で解決しており、無駄はありません。
強いて扉に劣っているポイントを挙げると、色が2色ではなく3色になるので、発生をしくじる可能性が少しあることくらいです。これに関しても、経験失敗対策に入れているレベル置場入れ替えカードが解決してくれます。

 

 

個別カード紹介

レベル0


「元カノ 麻美」 4枚
オカケン。電源連動がレベル2なのでサーチが出来ず、いらないのでは?と思う人も多いかもしれません。しかし、0での多パンをしたいので、横並べさせるレベル0を呼んだりフィレスを呼んだりもできますし、レベル1での指定カード経験があるので、レベル置場入れ替えにアクセスする手段にもなります。このように意外と仕事が多く、序盤は引いただけ楽になる札だと思うのでフル投入。
もう一つの効果のCXトリガー時にバウンス効果も、中盤以降ダイレクト面をもらいやすいこのデッキでは空いた枠に適当に投げて、相手のコストのかかる後列を戻す上振れ狙いがあり、役立つ試合も結構ありました。

 


「人見知りの”彼女” 墨」 4枚
集中で、経験の指定カード。手札を整える手段が潤った昨今で、本来は集中を4枚もデッキに入れたくはないのですが、このカードそのものが経験でレベル置場に置かないといけないこと、経験でレベル置場へ行く=実質1枚は集中として使えないこと、を考慮するとフル投入以外の選択肢はありませんでした。
特に多くを語るカードではないかと思いますが、相手リバース時の500パンプが効くこともあるので忘れずに宣言しましょう。

 


「更科 瑠夏」 4枚
リバ3ルック。山削り要員であり、序盤のアタッカー。パワー3000出るのが偉く、0からキャラを並べるので3000になる条件も満たしやすいです。中盤以降は山ケアのためのチャンプ要員として活躍してくれることも多々あります。

 


「夜9時のベランダ ちづる」 2枚
「恥ずかし乙女」を回収できるカード。電源連動でつっかえないとはいえイベントなので、確定で握れるようになるこういったカードは採用しておきたいです。2落下が付いているので、山削りで使うこともあり。

 


「告白バンジージャンプ 麻美」 2枚
最近の環境は霞互換が増え、その対策になる移動を採用している人が増えてきていると思います。そこに刺さる焼きカードであり、黄色のかさ増しでもあります。
高松互換の効果も、3パンの中に含んでおいて返しでレベルが上がらなかった場合などに使えば、もう一度3パンをしやすくなり役立ちます。
移動に対して投げられる確率を高めたいので本当は多めに採用したかったのですが、他のカードの優先度に勝てず作れた枠に入る形で2枚の採用。

 


「告白バンジージャンプ 墨」 1枚
レベル置場入れ替え。経験が安定しないこと及び失敗した際の辛さを考慮しての採用。
墨ネームで特徴パンプ持ちなのでレベル置場入れ替えの役割が無くなった後はアタッカーとして前列で投げたり、ミラーでパワー500差を作ったり。

 

 

レベル1


「運動でリラックス 墨」 4枚
1ドロー1ディス付きフィレス。電源連動を持ってくる役割や、雑に増えた手札の質を高める役割を持ってくれます。
電源で出したいレベル2が落ちていないときに、フィレスでサーチ→1ドロー1ディスで控えに落とす、なんて動きもやれちゃいます。
電源が引けていない際にドローでワンチャン引きにいける可能性があるのもポイント。引けたらただの上振れですが、リターンが大きく狙う価値は高いです。
墨ネームなので、応援を入れて5500とバニラサイズまではいってくれるところも良いです。
このように強い要素しかないカードなのでフル投入で良いでしょう。

 


「理想の恋人 千鶴」 1枚
邂逅+アタック時1500パンプ。電源連動がパワー負けしてリバースを取れないのは寒すぎるので、そのサポートにこういったパンプカードは最低1枚は欲しかったです。邂逅で自身のパワーも出ますし、1500パンプを自分に振ることも可能で、単体8000まで出すことができるのも強みです。

 


「彼女と彼女 瑠夏」 1枚
加速拳。2/1PRとの相性を考慮してノーコストの拳を1枚は採用したかったので、ついでに山削りも狙えるこのカードに。加速が控えからなので色を狙って出すことができるのも地味に効いたりします。
加速を打った際は2000拳になって手札も減らないので、普通にパワカって感じもします。

 

 

レベル2


「朝の日課 墨」 3枚
デッキコンセプト。連動は1試合に1回打てれば充分で、終盤は邪魔になりがちなのですが、それがチョイスでストックに埋める対象としてうってつけです。役割的には1枚で充分ですが、デッキコンセプトとして行方不明になると困るので多めの3枚採用。

 


「待ち焦がれる 墨」 2枚
このデッキの高いパワーラインを支える後列。ネーム指定とはいえ、レベル2のカードで1500パンプできるのは破格だと思います。パワーライン勝負になりそうな対面には後列を2枚ともこいつにしちゃいましょう。

 


「心の穴埋め 千鶴」 2枚
椎名互換。心強い存在です。
チョイスで回収できて、打つためのストックをチョイスで稼げるというチョイスとの相性が抜群の助太刀ですね。

 


「麻美&墨&千鶴&瑠夏」 1枚
最強のネームカード。後列が2枚ともあるだけで9500、応援が入れば11000になります。応援が何故か偶然たまたまレスト500パンプを持っているので、起動パンプも簡単に起動でき、使い勝手の良いカードです。1コストなので手出しも考慮することができ、強いカードですが、「恥ずかし乙女」からの早出し面取りが強すぎてこのカードが霞んだためだんだん枚数が減っていきピン投に。プランを増やせるカードなので1枚は残したいです。

 


「恥ずかし乙女」 3枚
コンセプト。どこまでいってもイベントなので、手札に来すぎるとダブつくのと、回収できるキャラもいるので採用は3枚にとどめています。
現環境だとCharlotteに対してアンタッチャブルが有効であり、このカードの強さに拍車がかかっています。
助太刀不可がある都合上、ミラーでは先出し不利が付きます。ミラーでは注意してプレイしましょう。

 

 

レベル3


「桜沢 墨」 4枚
11500という数字はレベル3になってからでも大きい数字です。最も優先して握りたいレベル3でありながら、シンプルにサイズが大きいので、電源を捲った際に出す対象としても申し分ない強さです。手札にも控えにも欲しいので、フル投入です。

 


「七海 麻美」 2枚
チョイス連動。効果タイミングがアタック終了時で、詰めとして利用する上では最大2面なので、墨ネームでないということもあり採用は2枚にとどめています。
効果タイミングがアタック終了時なのを嫌がって評価を下げている人も結構いましたが、僕はかなり強力なカードだと思っています。2コストかかる所を自身の効果でツインドライブしてアタック開始時0コストからでもテキストを使える所はかなり好きなポイントです。

 


「もう恋なんて 麻美」 1枚
Xルック。CX入れ替えの採用ができないので、CXそのものを探しに行ける枠として採用しています。
5面いる状態で5枚の山削りになる、という考え方もできますし、手札を減らさずに出せるソウル2、という考え方もできます。控えCX2枚以下なら早出し可能なので、最後にCXを探しにいく役割意外にも使いどころは案外あることを考慮しておくと、戦略の幅が広がるかと思います。

 


「千鶴の後輩 墨」 1枚
面勝負をする相手への秘密兵器兼上振れ楽々面取りマシーン。このカードを絡めることで面取りがすごく楽になりますし、パワーラインで負けそうな対面に逆転の一手になり得ます。電源はデッキに4枚しか採用していないので捲って出すのは上振れないといえけないし、手打ちで出すにはラグも後列の枠も気になるので、毎試合使うカードではありません。しかし、面勝負する相手には手出しも考慮した上で出したい枠で、そうでない相手でも出れば強いので、1枚入れて取れるルートを増やしています。

 

 

プレイング

レベル0~レベル1

レベル1での電源連動を確実にキメたいので、この点はめちゃくちゃ意識してください。電源及び対応キャラを握るのはもちろんですが、エサを残してもらうように立ち回る、レベル1のパワーラインが高い対面なら先上がりするなど、一つ一つの細かい事象が大切です。初歩的ですが、対応キャラを出すのに1コストかかることも計算に入れ忘れないように気を付けましょう。
これを踏まえた上で、レベル0はできるだけアタック数を増やします。電源連動が決まるのあれば、ある程度雑に殴っても大丈夫です。
なぜなら、手札を温存しても、電源連動で大きく増えたときにハンドオーバーするだけであり、電源連動を決めるターンには手札が少なくてちょうど良いくらいに手札が増えるからです。
3パンしておけば、オカケン→フィレス→電源対応といった連鎖サーチをすることが可能ですので、3パンして3ストック作る意識は持っておきたいです。副次作用として、ダイレクト面を空けないことになるので、大きなダメージ貫通でレベル1が飛ぶ展開も他デッキより起こりにくくなっています。
打てない展開だと厳しいですが、せめて最低限電源のトリガーか連動無しでの貼りでもいいので「待ち焦がれる 墨」を早期設置し、中盤以降の巻き返しがきちんと狙えるようにしておきたいです。

 

レベル2以降

「恥ずかし乙女」で「桜沢 墨」を早出しして面取り。電源をレベル1で打てていれば、「待ち焦がれる 墨」が設置できているはずなので、この時点でかなりのパワーを出すことが可能です。
出したターンに助太刀不可とアンタッチャブルを付与されるので、相手に先に早出しをプレイさせると返しに取り返すことができて一番強い動きです。
電源・恥ずかし乙女を絡めるとこの時点でこのデッキの全ての動きが可能になっています。順調にいけば、ここで相手をかなり追い詰めたところまでいけますし、実際調整の段階ではレベル2で勝てる試合もそこそこありました。

 

最終盤

「七海 麻美」はヒールこそありますが、墨ネームではないのでパンプ対象にならず、面が返ってくる期待はできないので、手出しは連動を打てるタイミングまで温存しておきたい所です。ただし、連動ができるのであればそれが詰め切るターンでなくても打っていって構わないと思います。結局アタックによるダメージを通さないといけないデッキなので、アタックを通せる確率の上がるターンが変わるだけですし、その性質上、詰めきるターンにするつもりが無かったとしても結果通して勝てることもあります。デッキコンセプト通りに回ると2面返ってきていると思うので、空いた1面に麻美をプレイして連動を打つ動きが相手への圧のかけ方として強かったです。

 

 

不採用カード

不採用カードの中でも3つにランク分けしました。
A…強いけどなんらかの理由(枠,環境etc…)で採用を見送ったカード
B…使えるシーンが少ないと判断したカード
C…このデッキでは使えないと判断したカード

 


「ボルダリングデート 瑠夏」 …B
霞互換。一見、レベル0での多パンをしたいこのデッキでは強そうですが、あまり強さを感じませんでした。と、いうのも多パンしたい理由が「ダメージを入れたい、ストックを稼ぎたい」という所よりも「どうせ手札返ってくるから使って大丈夫」という所にあるからです。序盤に手札を温存することのメリットがこのデッキでは薄く、後ろに下げたいキャラも少なく、極めつけに色も弱いです。
緩い条件でパワー3000になるのがけっこう強かったので、使えるシーンはたまにありましたが、もっと他に入れるべきカードはいくらでもあると感じたので、デッキから抜けました。

 


「“むぎゅ――♥”瑠夏」 …A
ボトム相殺と伊織互換効果で、0アタッカーと山削りを両方こなしてくれる1枚です。 引けば強いカードですが、チョイスにしている都合上トリガー時の回収が不可能で、かといって山削りをする際には1コストかかってしまうためリバ3ルックの方が多投に向いていてそちらを多く採用したこともあり、こちらを多く採用することは枠的に難しかったです。扉採用の型であればピン投とかでも機能しそうでしたが、チョイスということもあり思い切って不採用にしました。

 


「レンタル彼女 千鶴」 …C
どうしてもフィレスに役割で劣ります。レベル0で使えるというメリットもこの構築ではほぼ活かせないので、この構築では必要なさそうです。

 


「ボーリング 墨」 …A
初手アタッカーで3500としても、被アタック時の1000パンプも優秀で、墨ネームなので応援込み5000でサイズも出せてかなり強かったのですが、あれば強いけど無くてもいいかな、と感じ、枠を空けるためにデッキから抜けました。
どうてもいいことなんですけどこのカードってボウリングの誤植なのか本当にボーリングしてるのかどっちなんでしょうか…この作品の話を詳しく知らないので分かりません。

 


「一歩一歩 墨」 …B
パワーが出せて「恥ずかし乙女」を回収できるのは強いと思います。ただ、ストックはやや辛めですし、後列のレストコストも気になる試合がそこそこ起きました。あって困るカードではないですが、無くても困らなかったので不採用になりました。

 


「”やだなーっ” 麻美」 …B
邂逅+1500パンプと比較して、最大パンプ値が500高いこと及び思い出メタを持っている点が勝っているポントです。が、この500の差が生きることよりも自身が邂逅を持っていることの方が生きるのが多いこと、現環境では思い出メタの刺さる相手がほぼ居ないことから、邂逅+1500パンプの方が良いと判断しました。入れ替わるとしたら思い出メタが刺さる相手が環境に増えたときです。

 


「一口どうぞ 墨」 …A
山下からルビィ拳。拳の数字も3000あり、面取りが主体となるこのデッキではとても強いのですが、椎名拳の優先度が高く、レベル1の拳も入れたいこのデッキでは拳の枚数が増えすぎてダブつくという理由で不採用になりました。

 


「超ハイスペック 墨」 …B
プール内で数少ないCX連動無しで詰め効果を持ったカード。墨ネームはこのデッキには多めに採用されており条件は達成しやすいですが、詰めのターンは麻美を絡めたいので、盤面のネームはギリギリになりやすいです。効果そのものは言わずものがなの強さですが、条件が足を引っ張りがちで、劣勢を捲りにいく試合ではそれが特に顕著に現れます。麻美とコストが競合しにくそうに見えて、麻美はストックの確保のために手札を切ってツインドライブをすることがそこそこあるので、結構手札コストが競合します。

 


「宝石のような一時を 千鶴」 …C
緩い条件での早出しヒールが可能ですが、墨の早出しセットが強すぎました。パワー・ネーム共にこの構築ではほぼ劣化になってしまいます。決して弱いカードではありませんが、この構築では出番が無さそうです。

 

 

このデッキの問題点

かなり良いデッキになったとは思っていますが、問題点もいくつかあります。

経験の不安定感とその対策に割く枠
レベル1段階で指定カードの経験を要求されています。 デッキに最大4枚しか入れられないカードをレベル0のクロック7枚の中に含まなければならないというのは、かなり意識的にプレイしてもどうしても失敗してしまうことがあると思います。
その対策にレベル置場入れ替えを採用していますが、ただでさえ経験指定のカードを経験の為にフル投入してデッキの枠を圧迫している中さらにレベル置場入れ替えまで採用しないといけないというのは問題点かと思います。

山削りの速度
かのかりというタイトル自体の問題でもあります。この点はかなり意識して構築したので、かなり改善しているつもりではありますが、それでもやはり山削りが得意なわけではなく、一気に削ろうと思うと何かしらの犠牲が必要になりがちです。

電源連動への依存度の高さ
電源連動の強みとして連動を打てなくても電源なので~とは書きましたが、やはり電源連動の恩恵が大きすぎるが故に打てた試合と打てなかった試合の差はかなり大きいものとなってしまいます。

 

 

おわりに

かのかりチョイス電源のデッキ紹介でした。
電源連動が一番魅力的に感じ、デッキを組むなら電源一択と思ったので、電源を使わない構築は全く試していませんが、それだけ結論づけられるほど電源
連動は強いと思っています。
まだまだ研究は続けますが、短期間でかなり形に出来たと思うので、ひと段落ということでこの度記事を書かせていただきました。皆様の参考になれば幸いです。
また何か新たな発見があれば記事にさせていただきますので、その際はまたよろしくお願い致します。

今回は以上です。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

岐阜・愛知で活動しているWSプレイヤーのクロワです。(@334_ws)
戦績→WGP2019東京地区ネオスタンダード3位 非公認CS優勝2回 etc… WSチーム「334ALLSTARS」(@334ALLSTARS)の代表も務めております。併せてよろしくお願いいたします。

よろしければシェアお願いします

PAGE TOP