WS新弾レビュー「デート・ア・ライブ」

公開日:クロワ

こんにちは、クロワです。
今回はデート・ア・ライブ(以下デアラ)の新弾レビューです。
カード自体は富士見ファンタジア文庫のブースターで何種類か出ていましたが、この度単ブースターとして発売されました。何気に、この形での発売は初ではないでしょうか?
今日のカード以外でも多くのカードが公式から事前に公開されており、しかもその多くが強力な効果を有していました。販売元のブシロードとしてもかなり力を入れて販売しようとしているブースターなのではないでしょうか。
それでは早速、注目カードから紹介していこうと思います。

 

 

 


「最悪の精霊 狂三」
10500のヒール、電源連動で3種の効果から選択。
今回の目玉カードと言って差し支えないでしょう。
今までサマポケやグリザイアなどにも効果選択式のレベル3連動はありましたが、それらと比べると選べる数が増えているのにも関わらずノーコストになっており、明らかにハイスペックです。一応コストの代わりに≪デート≫か≪精霊≫のキャラが2体以上という条件がありますがそんなものはほぼ気になりません。

3つの効果はどれも強く、また複数体並べた際の相互の噛み合いの良いです。例えば、【光景効果で山の枚数を減らす→逆圧縮効果で通りやすい山を作る】という動きや、【逆圧縮効果で通りやすい山を作る→バーン効果を打ち込む】という動きもできます。もちろん、相手の山が固すぎる所に光景連打する動きや、打点が足りない場合にバーン連打するという動きも可能で、状況に応じて3つの効果を使い分けられるというのは、言葉で表現する以上にかなり強力です。

ヒールを持っていることもあり、このカードを採用しているデッキはとりあえずこいつを集めつつ動かせば優勢・劣勢のどちらでも役立つでしょう。
唯一問題点を挙げるとすれば、対応CXが電源であるためにソウル不足に陥りやすいことでしょうか。これは、後述の別のカードとの組み合わせで解決できます。

 


「大切な約束 十香」
超ハイスペック1連動。
軽い条件で往復6000になりながら、連動成功時に相手ターン終了時までの500パンプも入るため連動キャラでありながら全面埋まったガウルサイズになるのは強力。
連動条件もリバース又は正面のキャラがいない、なので踏む必要がなく、冴えカノの朧互換などに逃げられても問題なく効果が発動するので、単なるリバース要求とくらべて格段に使いやすいです。効果発動タイミングがアンコールステップなのも、CXの噛み方などを考慮した上で削る枚数を決められます。枚数が5枚なのも大きく、3面で最大15枚削れるので1週目の山を早く終わらせてくれるのにも大きく貢献してくれます。

 


「天真爛漫な少女 十香」
ハデさはプール内トップと言っても過言ではないカード。
効果は3枚トップ盛りからの5点バーン。これはつまり、2点を通すハードルで5点を通せるということになります。レベル3ならもちろん一気に致死圏内ですし、劣勢時に一気に追いつく役割もとれます。

更には、トップ盛りするカードに指定がないので敢えてCXを盛ることもできます。これを利用して3枚の内一番上のカードをCXにすると、5点バーンをトップでキャンセルした後に確定2点ができ、後続のアタックを確実に通すことができます。バーンは確定でキャンセルされるので少し勿体ないですが、相手のダメージが3-5や3-6などあと少しなのであれば、確定のダメージで確定の勝利を取りにいけるので、覚えておくとこのカードの使い道が広がるでしょう。
コストでCXを控え室に置かないといけない都合上、2面以上は事実上不可能ですが、1面で充分強力な上に、CXを控え室に置いた後はソウルが減るのでアタック順をうまくやればソウル調整にもなります。

今までも詰め効果だけは優秀かつハデなカードは刷られてきていましたが、このカードはヒール持ち。しかも、ガウル効果で11000までのパワーが出ます。リバース要求はありますが、ロマンという枠だけには収まらない、使って強そうなカードです。
レアリティもRなのでお財布にも優しい。

 


「頼れる妹 琴里」
チョイス連動。
僕の記憶違いでなければ、初の「リバース要求の無い2アド取れる1連動」なんじゃないかと思います。

効果は山上を公開して加えるといういわゆるマサチューセッツ互換ですが、2枚加わるなら一気に強さを感じます。しかも、このカードは指定対象にイベントも含まれているため、公開からの失敗はCXのみになります。この手の効果のネックとしてイベントを積みづらくなる問題点が無いのはかなり使い勝手が良いです。

更に、対応CXがチョイスなのもポイントが高く、チョイスそのものも捲ればアドにできるCXですので、相方のCXも捲ってアドが取れるアイコン(扉、宝、電源等)にすれば連動を打って1枚も稼げなかった、という状況を確定で避けることができます。特に電源は捲ってナンボなので相性が良く、電源連動が強い上にチョイス電源というCX配分も悪くないため、その組み合わせはかなりアツいと思います。

 


「鳶一 折紙」
みちるバーン亜種。他4枚の条件が付いた代わりにバーンが刻みになりました。
もともと強いみちるバーンの効果になぜ強化版のような効果を出してしまうのでしょうか…?
実際本家と比べてヒールがついていないことや、条件が100%満たせるものではないという問題もありますが、先述の通りもともとが強い効果なので強いです。
盛り5点バーンの十香と同じくこちらもRでお財布に優しい。デアラはR以下でも強そうな詰めに選択肢があってすごいです。

 

 
「四糸乃&よしのん」
宝連動の早出しソウル減。
ハデな詰めをもったレベル3達に埋もれていますがソウル減の中でも優秀な部類だと思います。早出し時の弱点である早出しメタの対策が行き・返し共に自身の効果で持っているのは他と一線を画しています。ソウル減自体も対象を取らないソウル減なので、冴えカノやCharlotteに対しても有効です。

 


「精霊を救うために 琴里」
2000応援に選択できる登場時効果持ち。
3ルック・控え回収・ソウルパンプからの選択で、状況に応じてどの効果も強く使えると思います。特にソウルパンプが電源連動のソウル不足を解消してくれる良い効果ですね。2000応援も電源で出して強い効果なので、電源との相性はバツグンです。

 


「マイ・リトル・シドー」
3つの効果から一つを選択して使えるイベント。
特に相手のキャラを小さくする効果は、対面次第でかなり有効に働く反面、いらない対面には腐る効果なので、選べる中の1つにあるのは良いですね。
レストコストの要求から1ターンに何発も打つのは厳しいですが、使い勝手はなかなかだと思います。

 

 

 

今回考えたデッキはこちらです。
まず第一に電源連動がめちゃくちゃ優秀で、これは軸にしたいと思いました。そして、注目カード紹介でも触れた通り1連動のチョイスは電源と相性が良いと考えています。なのでまずはこのチョイス電源という組み合わせから始めてみようと思いました。

回し方の紹介。

マリガン

チョイス連動を決めたいので、チョイスは必ず残します。他は基本0残しですが、電源が噛む可能性を考慮してレベル1が控え室に落ちていないのであればレベル0の後列は1枚マリガンで切りましょう。

レベル0

電源をレベル0で噛むと弱いので、レベル0はさっさと流して終わりたいです。しかし、チョイスを持っていないのであれば引き込む猶予が欲しいので引くまではレベル0でいたいです。どちらにせよ、こちらからアタックする回数は少な目で良いでしょう。

レベル1

チョイス連動をします。増える手札が選べず質より量なこと、電源を噛める場合は早い段階の方が強いことから、レベル1になったら手札オーバーする場合を除いてさっさと打ってしまって構いません。チョイスが引けなかったのであれば、手打ちで電源を打つのも手です。強みを活かせるレベルなので、ここでチョイス連動・電源貼り・電源噛みのどれもできないと厳しいです。

レベル2

電源で出したキャラで戦います。レベル3は早い展開・遅い展開どちらも戦えるので、早出しヒールは相手の状況を見て出すか決めましょう。

レベル3

電源連動の効果がものすごいので、基本はそこに頼り切っても構いません。
連動できない場合は、ヒールが多めに積んであるので、ヒール耐久しましょう。連動できるように立ち回るのがベストですが、電源連動は登場コストしかストックがかからないので、ストックをヒールに回す余裕はあります。

今回は以上になります。
とりあえず最初はチョイス電源のデッキを考えてみましたが、プール全体的に強く、練りがいのあるタイトルになっています。
みなさんも是非使ってみてください。

(画像出典:ヴァイスシュヴァルツ公式サイト

 

岐阜・愛知で活動しているWSプレイヤーのクロワです。(@334_ws)
戦績→WGP2019東京地区ネオスタンダード3位 非公認CS優勝2回 etc… WSチーム「334ALLSTARS」(@334ALLSTARS)の代表も務めております。併せてよろしくお願いいたします。

よろしければシェアお願いします

PAGE TOP