クロワのヴァイスシュヴァルツ道

WS新弾レビュー 『バンドリ! ガールズバンドパーティ! 5th Anniversary』

公開日:クロワ

 

こんにちは、クロワです。

『バンドリ 5thAnniversary』のブースターが発売されました。このブースターの発売でバンドリが5周年ということを気付かされ、結構最近だと思っていたバンドリのスタートからもう5年かと思うと、月日の経つ速さを実感しています。

今回は最近ちょこちょこと発売されている≪Anniversary≫特徴のブースターです。既存とも混ぜられるよう各バンドと≪Anniversary≫の2特徴指定のカードで形成されていますが、ネオスタンダードを考えると本音を言えば≪音楽≫特徴指定が良かったところ…
バンドリはかなりの数のブースターやTD、PRが出ており、プールの広さはWS界でもトップクラスなので仕方ないかもしれませんね。
今回は新たな試みとして「イントロデッキ」という、500円で買えるTDが出ています。この内容が下手なTD+より強くてかなりビビっています…。光物に興味が無い人からすれば値段が安いのはメチャクチャありがたいですね。

それではギミック・アーキタイプを紹介していきます。

①ハロハピ

まずはハロハピ。僕はバンドリのカードが出るたびに黄色いカードにはかなりの注目をしています。
理由は皆様もお察しかと思いますが、この2種類の互換。

 

暁互換「“世界を彩る役者”瀬田薫」と、神通互換「”ステージ”北沢はぐみ」「”止まらないバンド活動!”弦巻こころ」です。

この2種は最近では強すぎて互換が滅多に刷られないパワーカードです。弱点として色縛りがあり、バンド単ならともかく、ネオスタンダードでは入るデッキが限られ、黄色のカードの強さ次第になっていました。
今回はハロハピ(黄色)の強力カードがかなり増えており、上記2種の互換がより活かしやすいデッキが作れています。

 

 

「“決意の一歩”松原花音」「“私の勇気”松原花音」は共通のチョイス「変身の術?」連動。チョイスというCXが多噛みしても強いといえるトリガーであり、ツインドライブしながらアタッカーになれる存在、チョイス自体を増やせる存在は、トリガーだけでリソースの確保まで見込めるかなり強力な存在です。

 

“とびっきりの元気をあげる!”弦巻こころ

ハロハピのカードには既存に「“とびっきりの元気をあげる!”弦巻こころ」という、使いやすいいつでもツインドライブできるカードもあり、8チョイス・ツインドライブ構築が可能になっています。

 

“新しいお友達”北沢はぐみ

パワーはそこそこ高いですが、出せるパワー以上の固い面形成には弱かったです。しかしそれも、「“新しいお友達“北沢はぐみ」で解決できています。
控えCX2枚以下というよくある条件で早出し可能で、ハイライト効果は1面ですが、なぜかストブがついている上にパワーが10500もあります。ストブのおかげで多面出しするにもそんなにストックがかからないので、かなり心強い存在です。

 

“世界を繋ぐ笑顔”弦巻こころ

新しいチョイス連動「“世界を繋ぐ笑顔”弦巻こころ」は山破壊とバーン効果。そしてヒール持ちの詰めカードです。8チョイスで安定感の高い道中を送れると思うので、詰めがヒール持ちなのはかなり大きいかと思います。バーン効果はドラ参照なので、相手によって効き方が変わってきます。それでも山破壊はできるので、リフレッシュ狙いなどのタイミングを考えて使っていきたい所。

 

サンプルレシピはこちらになります。

前述の通り詰めのチョイス連動は効くタイミングが限られているので、前弾の疑似連パンと共存させ使い分ける構成をしました。神通互換のおかげで選んでCXを持ってこれるので、それも共存に一役買ってくれています。
ハロハピのカードは黄色ばかりですが、バンドリの強みの一つである「がんばれパン」は採用したかったので、アドが取れて特徴指定なく使える「“TRY!”牛込りみ」を赤枠で採用しています。手札に加える対象がレベル1以上の4ルックなので、「がんばれパン」自体を加えることも見込めますし、「“世界を彩る役者”瀬田薫」と併せて1週目から山をガンガン削っていける点も強力に感じます。

 

 

 

②8扉Anniversary

 

最初に「“STAR☆”戸山香澄」というカードを見た時には「悪くないけど、今の環境だとちょっと物足りないかな?」という印象を抱きました。しかし専用防御札である「リビングでデッド」を見て評価が一変しました。
ソウルマイナス3という現代でも充分強いと言える防御効果で、「”STAR☆”戸山香澄」にしか使えないという縛りこそあるものの、なんとコスト0。つまりは引きさえすれば使えるということです。自身のバーン封じと併せて、かなり「生き残る」能力の高いセットだと感じました。

 

 

サンプルレシピがこちら

相方の1連動には、イントロデッキの「“共に見る未来”湊友希那」を採用しました。8扉で高い安定感のデッキになります。本来8扉というCX配分にすると、ソウルが細くなりがちという弱点がありますが、専用後列の「“エールソング”丸山彩」があるので、高いソウルで戦いやすく、パワーも高いです。

 

「”STAR☆”戸山香澄」の登場時効果が2ドロー2ディス1ストブなので、並べやすい反面ヒールを持っていません。なので、他のレベル3はヒール枠で採用しました。実質登場コスト1で、ソウル減もストックがかからないので、他のカードにストックを回しやすく、ヒールも補えるかと思います。

今回は2つのデッキを紹介しました。
バンドリは過去弾も合わせて構築が無限大なのでかなり悩みましたが、それだけ楽しめるプールです。バンドリーグも開催されると思いますので、バンド単も考えたいですし、今後もバンドリから目が離せません。楽しんでいきましょう!

今回は以上です。ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

よろしければシェアお願いします

PAGE TOP