社内研修も兼ねて、羽生ボドゲ会(自称)開催しました!

公開日:


スタッフのボドゲ知識向上も兼ねて
不定期ではありますが「羽生ボドゲ会(自称)」なるものを開催しています。
単にゲームに詳しい方にインストして頂きながらゲームやるなんですけどね!(・∀・)
ちなみに今回が3回目

今回は最終的に初心者さん3名を含む計6名の参加者でしたので、6人で遊べるゲームをセレクトして頂いて遊ば勉強せて頂きました。

 


最初はサクッと遊べる「エスカレーション」からスタート!
UNOみたいな感じのゲームですが、カードを出せない場合にはそれまでに場に出ているカードが
全てその人のマイナスポイントとなり
一人でもプレイヤーのカードが無くなった時点でラウンドが終了して手元のマイナスポイント計算。
これを数ラウンド行って合計ポイントの多い少ないで勝者が決まります。

小さいカードでも複数枚あれば合計して大きい数字にできるのも面白いですし、特殊カードが2種類しかないので、一度ルールを聞けば誰でも遊べる感じ♪
人数にもよるのでしょうが、以外にサクッと短時間で遊べるのでちょっとした空き時間に遊ぶのにいいかもしれないですね。

 


続いては正体隠匿系のカードゲーム「シャドウレイダーズ」
今回は発売されたばかりの拡張版を含めて遊びました。


ルールやゲームの流れはインストを聞いている限りでは難しそうな感じでしたが
はじめてみたら結構みんなすぐにルールを理解してコツを掴み始めて
結局2回続けてプレイするほどにハマってました(*´ω`*)

 


頭を使った後は簡単なゲームでということで「横暴編集長」をプレイ

上と下で別れたタイトルカードを組み合わせて面白いタイトルを作るゲームですが
面白いタイトルを作らなければ行けないという妙な空気感が漂って色んな意味で楽しめました


最終的に残った候補はこちらで一番人気は「ゴッドバナナかよ」でした。
個人的には「最強の見積書」が気になってしょうがなかった・・・

 


続いては個人的に遊びたくて、5人用ですが遊ばせてもらった「クリプテッド」
結構話題になってるゲームですが、想像していた以上に面白かったデス(・∀・)
日本語版出たら個人的に即買い決定♪

 

写真は無いのですが、ここで「テレストレーション」をプレイ!
なかなかの画伯っぷりでいい感じに盛り上がりまくり♪

 


続いては前回プレイした際に謎キーワードが連発して盛り上がった「デクリプト」

カードに書かれた番号から仲間がキーワードを考え、それが何を指しているのかを特定しつつ
相手側もそのキーワードから何番の事を指しているのかを特定していくゲーム。
味方にはわかるようなキーワードを考えなきゃいけないけど、簡単すぎると相手にばれてしまうので、この駆け引きがなんとも楽しい。

チーム分けをしたら見事に若手とおっさんで別れて、結局おっさんにしかわからないキーワード連発で若手を抑えておっさん達の勝利でした♪

「内田裕也」「バンブー」「ゾーン」のキーワードで答えは「コミック」
「植村直己」「デビルマン」のキーワードで「北極」とか、おっさん&マニアじゃなきゃわからないでしょ\(^o^)/

 


最後は時間調整も兼ねてサクッと遊べる「コヨーテ」をプレイ!

配られたカードを数字を見ないで他のプレイヤーに見えるように出して
自分のカードの数字はわからない状態で場の合計数字を予想するゲーム。
これも簡単なルール説明だけで誰でも楽しめて、しかもサクッと手軽に遊べるのがいいですよね♪

 

こんな感じでボドゲのお勉強を兼ねて不定期ではありますが本社のある埼玉県羽生市でボドゲ会を開催しております。
次回は7月末頃を予定していますが、次からは参加者さんを募集しようかと思っておりますので、ボドゲ初心者さんはもちろん、「ボドゲを教えてやるぜっ!」という方も是非ご参加頂けると。
詳しい開催時期が決まりましたらツイッター等で告知させて頂きますのでよろしくお願いいたします。


よろしければシェアお願いします

PAGE TOP