トレカ MTG

まつがん

クソデッキビルダー。独自のデッキ構築理論と発想力により、コンセプトに特化した尖ったデッキを構築することを得意とする。モダンフォーマットを主戦場とし、代表作は「Super Crazy Zoo」「エターナル・デボーテ」「ステューピッド・グリショール」など。

デバッグ・マジック! vol.4 ~『D&D:フォーゴトン・レルム探訪』環境終盤戦!~

まつがん

By まつがん この1ヶ月はモダンフォーマットのカードプールが増える新製品もなく、『D&D:フォーゴトン・レルム探訪』もそれほど環境に影響を与えなかったため、モダンのメタゲームが停滞してしまうのかとも思われた。 しかし、そんな心配は杞憂だった。『モダンホライゾン2』がモダ ...

≫ 記事の続きを読む

デバッグ・マジック! vol.3 ~『モダンホライゾン2』後の環境概観と『D&D:フォーゴトン・レルム探訪』編~

/ 更新日:まつがん

By まつがん 『モダンホライゾン2』、バグる。 前回の『モダンホライゾン』がモダンに与えた影響を考えれば当然予測できた事態ではあるが、やはりと言うべきか、『モダンホライゾン2』は完全にウィザーズ側がバグを放り込んできた格好となった。 多くのカードがあまりにあからさまにバグってい ...

≫ 記事の続きを読む

デバッグ・マジック! vol.2 ~『モダンホライゾン2』編~

まつがん

『モダンホライゾン2』、襲来。 カードリストが出た段階で既に各所で話題にのぼっていたこのセットだが、実際モダンというフォーマットに与えるであろうインパクトは計り知れない。膨大な数のパワーカードが収録されたこのセットから「バグ」を解明するためには、ここから膨大なデバッグ作業が必要に ...

≫ 記事の続きを読む

カルドハイム発売! 〜主役はティボルト!?〜

ラマダーン柿沼

みなさんこんにちは。ラマダーン柿沼です。 いよいよ新エキスパンション、カルドハイムが発売となりましたね! 北欧神話をモチーフとした今舞台では久々に氷雪カードが採用されたこともあり、プレビューはおおいに盛り上がりました! 今回はそんな発売して間もないカルドハイムに収録されたカードの ...

≫ 記事の続きを読む

トップメタデッキにも勝てる!オリジナリティ溢れたローグデッキ解説 〜グリクシスフェニックスアライブ〜

ラマダーン柿沼

皆さんこんにちは。ラマダーン柿沼です。 1月も中旬になりますます寒くなりましたね。昨今ではEDH1)エルダー・ドラゴン・ハイランダー(Elder Dragon Highlander)の略。以前はこの名称が使用されていたが、2011年に統率者セットが発売される際に現在の名称である統 ...

≫ 記事の続きを読む

2020年下半期レガシー環境の総括 ~レガシー環境の変遷について~

ラマダーン柿沼

みなさんあけましておめでとうございます。ラマダーン柿沼です。 年も明けて新たな1年がはじまろうとしています。Mtg界隈でも本年は『カルドハイム』『ストリクスヘイヴン』『Adventures in the Forgotten Realms』と新しいエキスパンションの発売が次々に控え ...

≫ 記事の続きを読む

統率者レジェンズ発売!新カードがレガシー環境に与える影響とは!?

ラマダーン柿沼

皆さんこんにちは。ラマダーン柿沼です。 いよいよ統率者レジェンズが発売されてEDH界隈がますます盛り上がりを見せていますね。一方で新規で収録されたカードの中にはEDH1)エルダー・ドラゴン・ハイランダー(Elder Dragon Highlander)の略。以前はこの名称が使用さ ...

≫ 記事の続きを読む

トップメタデッキにも勝てる!オリジナリティ溢れたローグデッキ解説 〜ミノタウルスペインター〜

ラマダーン柿沼

皆さんこんにちは。ラマダーン柿沼です。 11月も下旬に差し掛かり、来月に控えた「MMM finals2020」と「エターナルフェスティバル2020」に向けて調整に余念の無いプレイヤーが多いのではないでしょうか? コロナ禍以来となるモダン、レガシーのテーブルトップの競技である本大会 ...

≫ 記事の続きを読む

【MtGエターナルのススメ】 ミドルスクールをはじめよう!

ラマダーン柿沼

こんにちは。ラマダーン柿沼です。 皆さんはミドルスクールというフォーマットをご存知でしょうか? 筆者は1999年にマジックザギャザリングを始めました。当時は小学生であり、雑誌等に掲載されている有名なデッキを組むことは叶いませんでした。しかし現在では当時のカードは安くなり、憧れてい ...

≫ 記事の続きを読む

【MtGエターナルのススメ】 私は7枚貴方は1枚!? 「ナーセットエコーコンボ」

ラマダーン柿沼

36人のプレインズウォーカーが参戦『灯争大戦』 こんにちはラマダーン柿沼です。 2019年はモダン以下のフォーマットに於いて強力なカードを収録したエキスパンションが次々に発売され、環境は数ヶ月ごとに一変する様相を呈しました。単を発したのは5月に発売された『灯争大戦』です。ゲートウ ...

≫ 記事の続きを読む

PAGE TOP