【買取事例】ウルトラ怪獣シリーズ ソフビフィギュアをお譲りいただきました。

公開日:

ウルトラ怪獣シリーズ ソフビ

ウルトラ怪獣シリーズ 買取

ウルトラマンシリーズを盛り上げている怪獣をソフビ化したウルトラ怪獣シリーズを大量にお譲りいただきました。今や一大コンテンツになっているウルトラマン怪獣シリーズのソフビですが、何度もバージョンアップがされていて時期によって変化しています。同じ怪獣でも見た目が変わっていたりと集める面白さが高いコレクションになっていますね。

その中でも個人的に好きな怪獣をいくつか紹介させていただきます。

バルタン星人

バルタン星人

20億3千万人のバルタン星人を乗せた宇宙船と共にはるばる地球へやってきた宇宙人。ウルトラマンでは最初に闘う侵略者としての印象が高い怪獣ですね。

ご存じ宇宙忍者としての異名をもち、分身能力をはじめ多彩な技を持っています。ウルトラマンもバルタン星人との戦闘に苦戦していて、この戦いからウルトラマンシリーズに続々現れるバルタン星人との因縁が生まれました。

バルタン星人

フィギュアは腕の可動が出来るのであの名シーンも再現可能に。「フォッフォッフォッ」というしゃべり方で手のハサミをカチカチしている例のやつです。

写真だと少し手が上になっていますが、バルタン星人と言えばこのポーズがバルタン星人たらしめている気がしています。こちらのソフビだと目が点灯状態の黄色でないところも良いです。

エレキング

エレキング

ウルトラセブンに初登場したエレキングですが、こちらもバルタン星人と同じで人気が高くウルトラシリーズに度々登場してファンを喜ばせております。

私もエレキングは好きでウルトラセブンで好きな怪獣を3体挙げるなら、間違いなく1つにエレキングが上がります。

エレキング 全体

長い尻尾が特徴の1つで、接続することで長い尾を再現することが出来ます。
触覚部分も可愛らしく、デフォルメにされていたりと老若男女に人気が高い怪獣ともいえます。

ソフビでもエレキングのまだら模様が再現されていて、様々な角度からエレキングを堪能出来て楽しいです。それにしても幼体時はウナギみたいな姿なのが未だに信じられませんね。ウルトラ怪獣の不思議であり、奥深い設定だと思います。

ガッツ星人

ガッツ星人

分身宇宙人の異名を持ち、若干バルタンと技が被っているのではないかと思うガッツ星人。ウルトラセブンに会うまではどんな戦いにも負けたことがない、自称負けなしの怪獣。

見た目が鳥のようで頭が大きいのが特徴的です。何を考えているかわからないところが怖いですが、それは怪獣全般に言えることでもありますがガッツ星人は表情が無いだけに恐ろしく感じます。

メトロン星人

メトロン星人

夕焼けと共に散った印象があまりにも強いメトロン星人。見た目がのほほんとした感じですが今まで紹介した中では一番知略に長けている怪獣でもあります。

幻覚宇宙人の異名があり、タバコに幻覚を見せる地球外物質を混入したりと地道な作業が得意な知能犯。結局ウルトラセブンに瞬殺(に近い)負け方をして、戦いでは強かったのかは不明ですが色々と考えさせられる怪獣でした。見た目もグッド!

ゼットン

ゼットン

宇宙恐竜ゼットンは作中でウルトラマンを倒した最強の怪獣です。ウルトラマンの最後に闘う怪獣でアルファベットの「Z」と平仮名の「ん」をしようしたネーミングは秀逸だと思います。

ゼットンはウルトラマンシリーズでも屈指の強敵として登場していて、ウルトラ怪獣では1,2を争う人気の高さです。見た目も鳴き声も統一感が無く、そして異常に強いので子供ながらに初めて見てウルトラマンが負けたときは怖かったですね。ソフビでもその恐ろしさが表現されていて、よく怪獣の特徴が出ていると思います。


たいむましんでは『ウルトラマン』シリーズをはじめ特撮ヒーローグッズの買取りをさせて頂いております。

詳しくはたいむましんの特撮グッズ買取のページをご覧ください。
フリーダイヤル:0120-776-700(10~20時/年中無休)でもお気軽にご相談下さい。
スマホで写真をお送り頂くだけのLINE査定や、WEBからのお問合せフォームもご利用いただけます。
皆様からのご相談心よりお待ちしております。

 

商品カテゴリー特撮ウルトラマン・円谷プロ作品
ご依頼地域栃木県宇都宮市
買取方法宅配買取

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。


よろしければシェアお願いします

2021年12月に投稿したたいむましんの記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP