【買取実績】マルサン プラモデル『ウルトラマンタロウ』コンドル1号

公開日:

  

本日のお買取り品は1973年放送開始の『ウルトラマンタロウ』より、ZATの主力戦闘機コンドル1号です。『タロウ』における防衛軍「ZAT」のビークルは曲線を多用したデザインが多いのが特徴でした。どこか海草を思わせる大型戦闘機のスカイホエールにサークル型の主翼を持つコンドル1号、斧のような主翼のスーパースワロー、そしてウルフ777やラビットパンダといった地上車両など、インパクトのあるシルエットばかりでした。これらのデザインは前作『ウルトラマンA』から本編美術に参加し、超獣やTACガンなどのプロップを手掛けていた鈴木儀雄氏によるもの。氏は『ウルトラマンタロウ』と『ウルトラマンレオ』にて防衛隊のビークルも担当、のちに東京ディズニーランドをはじめとするテーマパークのデザインや、企画・演出なども手掛けられています。たしかに氏の曲線が生み出すラインは、ファンタジー世界にもマッチしそうですね。

キットは接着剤を使わずに組み立てることが可能。「新案 高級リール方式発火装置付き」となっており、後部の紐を引いてリリースすると、車輪から火花を散らしながら走行します。また、「新案 多連装連続発射ミサイル」として、ミサイルの連続発射が可能なユニットを主翼上に取り付けることができました。かなりプレイバリューの高い製品といえるでしょう。「新案」と銘打つだけあって、当時としてはかなり先進的なギミックだったと思います(そのぶんスタイリッシュさと引き換えではありますが……)。ボックスアートは多くのプラモデルを手掛けた梶田達二氏によるものです。さりげなくマゼラン(円盤)が映り込んでいるのがポイント高いですね。マゼランは玩具やプラモデルは発売されていますが、映像には出てこないZATの円盤型宇宙船です。


たいむましんでは、『ウルトラマンタロウ』をはじめとする、円谷プロ作品グッズの買取りをさせて頂いております。
詳しくは特撮ページをご覧ください。
フリーダイヤル:0120-776-700(10~20時/年中無休)でもお気軽にご相談下さい。
スマホで写真をお送り頂くだけのLINE査定や、WEBからのお問合せフォームもご利用いただけます。


商品カテゴリー特撮ウルトラマン・円谷プロ作品プラモデル
ご依頼地域広島県広島市
買取方法宅配買取

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます


よろしければシェアお願いします

2020年11月に投稿したたいむましんの記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP