【買取実績】ポケモンカード第1期「初版」多数を、出張買取にてお譲り頂きました

公開日:

国産初の本格的トレーディングカードゲームであり、今なお高いプレイヤー人口を持つ『ポケモンカードゲーム』。その発売開始は1996年の10月でした。これは同年2月に出たゲームボーイソフト『赤』『緑』に続き、第3のカラー『青』の販売開始の月となります。つまりリザードン、フシギバナにカメックスと、初期ポケモン3体がパッケージで揃い、151匹からなる最初のポケモンの世界観が完成した時ともいえるでしょう。

しかしその絶妙なタイミングに間に合わせたためか、あるいは無関係なのか、1期初版にはいくつかの悲劇が存在します。まず第1期の初版には、カード右下にレア度を示すアイコンがプリントされていなかったのです。そのため早々にアイコンが追加された2版へと切り替わります。

 


しかし初版の悲劇はそれだけではありませんでした。初版に含まれたポケモンのうち、ポケットモンスター「赤」のシンボルキャラクターでもあるリザードンのプロフィールが「かいりきポケモン」となってしまったのです。もちろんリザードンは炎を操る「かえんポケモン」でした。レア度表記が抜けたエラーとあわせた二重のエラーカードです。出版・印刷関係者が見たら、ひとごととはいえ胃がキリキリ痛むこと間違いありません。


ですが、こうしたトラブルが起こるほどの発足初期の難関を乗り越えたからこそ、以後四半世紀近くにもおよぶ人気タイトルとなったともいえるのかもしれません。1期初版のエラーカード群は、単なる希少性ではなく、名誉の負傷としての価値があるのではないでしょうか。今のプレイヤーさんも縁がありましたら(リザードンとは言いませんが)1枚くらい持っていていもいいかもしれませんね。何かのお守りになるかも?

 

今回この初版カード約300枚、しかもいずれもかなり良い状態でお譲りいただきました! ありがとうございました! 

実はこのカードをお譲りいただいたお客様は、カードではなく別ジャンルのアイテム(ゲーム&ゲーム雑誌)の買取ご依頼でした。出張買取でお宅にお邪魔させていただいた弊社買取スタッフが、ふと戸棚にあったカードの束を拝見させていただいたのがきっかけでした。お客様自身もポケカの発売直後に購入されて、そのままとっておいただけとのことです。初版であることを確認したスタッフが先述の由来などをお話し、お譲りいただいたという経緯です。そのスタッフはたまたま出張担当班の中でも特にカードに「も」詳しい人物でした。

こうしたご縁こそが様々なグッズ買取をしている弊社の楽しみでもあります。皆さんも弊社にご相談いただく時は、カードのついでに子供の頃遊んだゲームやおもちゃ、古い本などもご相談ください。グループをあわせると「おまけシールから自動車まで」取り扱うスタッフがお待ちしております。

 


たいむましんではポケカを含む各種トレーディングカードの買取りを行っています。
詳しくはトレカコーナーポケカコーナーをご参照ください。

買い取り方式についてのご相談はフリーダイヤル:0120-776-700(10~20時/年中無休)でもお気軽にご相談下さい。
スマホで写真をお送り頂くだけのLINE査定や、WEBからのお問合せフォームもご利用いただけます。


 

 

 

商品カテゴリーポケカ ポケモンカード 買取表
買取方法出張買取

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。


よろしければシェアお願いします

2020年10月に投稿したたいむましんの記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP