【買取実績】90年代 集英社「りぼんオリジナル」「りぼんおたのしみ増刊号」

公開日:


本日はお買取りさせていただきました昔の雑誌をご紹介します。ともに「りぼん」姉妹誌の90年代中盤の号です。
1981年創刊の「りぼんオリジナル」は、若手から中堅クラス作家による読み切りや読み切り連載が多めの構成。表紙は「りぼん」本誌のキャラクターが描かれます。創刊当初は季刊でしたが、この時期は隔月刊で発行されていました。
「おたのしみ増刊号」もこの時期に創刊されたシリーズで、不定期に「びっくり大増刊号」などと並行して刊行されていたようです。今回は「オリジナル」の中から2点ほどピックアップしてその内容に触れてみたいと思います。

 


りぼんオリジナル1991年の早春の号は、『ももこのほのぼの劇場 陽だまりの粒』を掲載。『ちびまる子ちゃん』8巻にも収録された、さくらももこ先生の淡い思い出を描いた作品です。ツイッターではそれぞれの発売時期を勘違いしてしまい、「オリジナル」掲載分が再録かとつぶやいてしまいました。実際にはこちらが早春発売、8巻が10月発売ですので、こちらが初出の作品を秋の8巻に収録したという流れのようですね。失礼いたしました。本誌サイズでカラー扉を見ることができるなど、ファンの方には機会あれば手にとってほしい一冊です。

 


りぼんオリジナル1995年4月号には、岡田あーみん先生の連載作品『ルナティック雑技団』の最終回が掲載されています。今なお熱狂的なファンが多い作家さんで、本作のネームとスピード感は今読んでも圧倒されます。現在の活動休止の状況が惜しまれますね。ちなみに本号の後に発表された番外編は、2015年の新装版に収録されています。

 

本誌に比べて読み切りや読み切り連作が多く、現在単行本などで追うとかなりの手間となりがちな姉妹誌系雑誌。自然とまとめて手に入る時に入手したいという需要が高くなります。手放す時もまとめてのほうが部屋もすっきりしますよ。

 


たいむましんでは「りぼん」をはじめ、昔の少女漫画雑誌の買取りをさせて頂いております。
詳しくは少女漫画買取のコーナーをご覧ください。
フリーダイヤル:0120-776-700(10~20時/年中無休)でもお気軽にご相談下さい。
スマホで写真をお送り頂くだけのLINE査定や、WEBからのお問合せフォームもご利用いただけます。


 

商品カテゴリー少女漫画/付録
ご依頼地域広島県福山市
買取方法宅配買取

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。


よろしければシェアお願いします

2020年5月に投稿したたいむましんの記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP