河合奈保子さんのポスターを大阪府のお客様よりお譲りいただきました。

公開日:

河合奈保子さんは1979年に西城秀樹の妹コンテストで優勝し、翌1980年歌手デビューしました。デビュー曲の「大きな森の小さなお家」は清純はつらつの女の子で、まさにアイドルの鏡のような存在でした。デビュー時のキャッチフレーズは「ほほえみさわやかカナリー・ガール」というもので、カナリーとはカナリアの事で、歌がうまいという事を入れ込んでいるのでしょうね。改めて当時の歌番組の映像を見てみると音程の不安定なところがなく、確かに歌がうまいですね。そして1981年の「スマイル・フォー・ミー」が一番の大ヒット曲です。この曲も元気はつらつ若さがはじけるいい曲ですね。

1980年デビューの同期は松田聖子さん、田原俊彦さん、岩崎良美さん、甲斐智枝美さん、浜田朱里さん、三原順子さん、柏原よしえさんなどがいらっしゃいます。豪華なメンバーですね!

この頃の芸能雑誌、「平凡」「明星」「近代映画」などで表紙やグラビアをこの頃デビューのアイドルたちが飾っているわけですが、河合奈保子さんのグラビアや雑誌、ポスターは今でも人気なのです。今回買取させていただいたのはこちらのポスター、まずは水色の衣装が清純そうなタイプです。

おまけについていたアイロンプリントも超懐かしアイテムですね。うまくアイロンできるかドキドキしながらやっていた子供時代を思い出しました。

こちらは、特に人気の高い水着のものです。河合奈保子さんは水着になっても健康的な感じが全面にでていていいですね。年上の男性からだと、ヒデキの妹というデビュー時の事と同じでこんな妹がいたらな、という気持ちで、年下の男性からだとこんなお姉さんがいたらな、という感じかもしれませんね。

その後、1982年に竹内まりやの曲「けんかをやめて」で、しっとりとした曲調で変化をとげた彼女は、1986年に自分で作曲をした「ハーフムーン・セレナーデ」をヒットさせ、その後は自分のシングルやアルバムで自作の曲を披露するようになって、アイドル歌手からアーチストへと変化していきます。残念ながら1996年の結婚を機に引退してしまいます。もう一度その姿を見たいというファンからの希望が毎年いろいろな河合奈保子さんのアイテムの発売につながっていますが、昨年から今年にかけては「別冊近代映画」の河合奈保子の特集号が電子書籍として発売されていたりします。


たいむましんでは雑誌やポスターをはじめ昭和のアイドルグッズの買い取りをさせて頂いております。
詳しくは昭和のアイドルグッズの買取ページを御覧ください。
フリーダイヤル:0120-776-700(10~20時/年中無休)でもお気軽にご相談下さい。
スマホで写真をお送り頂くだけのLINE査定もご利用いただけます。


商品カテゴリーアイドル河合奈保子
ご依頼地域大阪府枚方市
買取方法宅配買取

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。


よろしければシェアお願いします

2019年6月に投稿したたいむましんの記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP