大量のボードゲームを群馬県伊勢崎市のお客様から出張にてお譲り頂きました!(G.I. Anvil of Victory(勝利への礎)、7thFREET(第7艦隊)など)

公開日:

大量のボードゲームを買いました。
先日、群馬県伊勢崎市のお客様からG.I. Anvil of Victory(勝利への礎)含む大量のボードゲームを出張買取にて買い取り致しました。どうもありがとうございました。

今回ご依頼くださったお客様はボードゲームが大変お好きな方で、「ボドゲが部屋にしまいきれない!」との事で、コレクションの整理の為にご依頼いただきました。

大量のボードゲームを買いました。 2

モリモリお譲りいただきました。

また、出張時にはボードゲームでの苦労話や、面白かったボードゲームなど教えていただき貴重な経験をさせていただきました。

加えて、面白そうな最近のボドゲタイトルもお教えいただいたので、弊社内ボードゲーム部の参考にさせていただきます。重ね重ねありがとうございました!

それでは、お譲りいただきました数々のボドゲの中から個人的に取り上げたくなった2作品をご紹介します。

第7艦隊 G.I. 勝利への礎 ボードゲーム

G.I.のほうは箱の重さからも重量ゲーであることを感じさせてくれます

 

まずはこちら、G.I. Anvil of Victory (G.I.勝利への礎)になります。『スコードリーダー(SL)』シリーズは、第2時世界大戦時の地上戦を意識したゲームとなっています。
G.I. 勝利への礎 ボードゲーム

今作はシリーズ第4作目で、ルールの根幹から見直されたので、ルールブックが80ページの大ボリュームとなっています。

・・・が正直なところ、続編である『アドバンスト・スコードリーダー(ASL)』シリーズに移行したなんて方も多かったような印象でした。

なぜ、こちらを取り上げてみたのかというと個人的に思い出のあるゲームだからなんですよね。このシリーズどれも複雑な重量級ゲームと言う印象でしたが、今作では更に複雑になっていました。
ですので、学生時代にバイトし貯めたお金でコツコツボドゲを買って、小学生からの付き合いの近所に住むY君とルール理解に勤しんだりと。

もし重量級ゲームをコンプしてみたいなんて方は、ぜひ遊んでみてくださいませ。

 

お次はこちら、7th FREETになります。『FREET(フリート)』シリーズの第7作目です。

第7艦隊 ボードゲーム

サイコロもついています

先程紹介したゲームとは違い、ルールが理解しづらいということはありません。ルール量は少ないので理解はしやすいと思います。そして、内容も太平洋で米ソ艦隊が雌雄を決する、というシンプルなもの。

史実ではこの2大国が激突したというようなことはありませんが、だからこそ架空戦記的なロマンあるゲームと言えるかも知れませんね。(若干米国サイドが優位な感じが否めませんがそこも楽しんでみていただけたら嬉しいな~?)

気になった方はこちらの7thFREETも是非チェックしてみてくださいませ。

 


たいむましんではボードゲームの買取を行っております。

LINEで写真を送るだけのかんたんライン査定(平日10-17時)から、
お電話からのご相談はフリーダイヤル:0120-776-700(10-20時)まで。

皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。


商品カテゴリーボードゲームボードゲーム・同人ゲーム
ご依頼地域群馬県伊勢崎市
買取方法出張買取

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。


よろしければシェアお願いします

2019年3月に投稿したたいむましんの記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP