昔の『週刊少年ジャンプ』を大量に出張買取(群馬県前橋市より)

公開日: / 更新日:

群馬県前橋市のお客様より昔の『週刊少年ジャンプ』などを大量出張買取させていただきました。とても暑い日でしたが、暑さに負けない多数の漫画雑誌やグッズの量でした。その一部をご紹介いたします。

ジャンプ こち亀

写真は一部ですが70年代の週刊少年ジャンプです。200巻を迎えてめでたく完結いたしました『こち亀』が新連載として表紙に出ています。注目していただきたいのは作者名のところ。「山止たつひこ」さんになっていますね。これは秋本治さんの旧ペンネームなんです。両さんの顔が現在と違って濃い感じになっています。この頃の過激な内容も好きでした。『サーキットの狼』など70年代を支えたジャンプの看板がづらりと並んでいます。この時代からずっと週刊少年ジャンプに掲載され続け、ジャンプを見つめ続けたと考えると『こち亀』の連載期間の長さと偉大さが分かりますね。

ジャンプ 表紙

こちらは愛読者賞というジャンプが当時行っていた、ジャンプ作家以外も含めて好きな作家をアンケートで投票し、受賞した上位10名は読み切りを描くというもの。写真はその賞を受賞した手塚治虫先生、赤塚不二夫先生、吉沢やすみ先生の読み切りが載っている号です。手塚先生の『低俗天使』は収録されているコミックスでは読んだことがありましたが掲載誌は初めて見ました。状態もかなり良いです。ジュジュがとても可愛いだけに、ラストの後味が凄く悪いんですけど、それがまた良くて手塚イズム溢れるブラックな作品でしたね。
赤塚先生の『ガキトピア』、吉沢先生の『どすこい鬼が島』の2作は読んだことがない作品でしたので、査定中思わず手を止めて読んでしまいそうになりました。危ない危ない……。

他にも様々な漫画雑誌やグッズを買い取らせていただきましてありがとうございました。

 

たいむましんでは出張買取を行っています。数が多すぎて持っていけない! という方は是非ご活用ください。遠方でも量や内容により全国どこへでも向かうので大丈夫です。ご依頼はこちらから。

メールでのご依頼の場合は、買取のお申込みページより お願いします。
写真を送るだけのお見積もりをご希望の場合は、らくらくLINE査定ページより。
お電話からのご相談は、フリーダイヤル:0120-776-700(10-20時/年中無休)までお願い致します。

皆様からのご連絡お待ちしております。

商品カテゴリー

少年青年漫画・劇画

買取方法

出張買取

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。


よろしければシェアお願いします

2018年6月に投稿したたいむましんの記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP