池田貴浩のレガシープリズン

池田貴浩のレガシープリズン 第一回 ~ラガバンに支配されたレガシー~

公開日:池田貴浩

みなさんこんにちは。東京を中心にレガシーをプレイしている池田と申します。この度、縁あって現在のレガシーのメタゲームと、モダンホライゾン2(以下:モダホラ2)発売以降の注目カードについて記事を書かせていただくこととなりました。

私はレガシー専門プレイヤーで、特に紙での競技を中心に活動しています。主な実績は日本レガシー選手権優勝や、晴れる屋レガシー神挑戦者といったものがあります。これからどうぞよろしくお願いします。

さて、2021年6月18日、レガシー界に激震が走りました。エターナルフォーマット向けに設計された、モダホラ2の発売です。
発売前からいくつもの強力カードが話題になりましたが、その中でも特に注目されていたのが《敏捷なこそ泥、ラガバン/Ragavan, Nimble Pilferer》でした。

 

 

この《敏捷なこそ泥、ラガバン》は早速多くのデッキに組み込まれ、猛威を振るっています。
また、モダホラ2で強力なカードは《敏捷なこそ泥、ラガバン》だけではありません。
《ウルザの物語/Urza’s Saga》《濁浪の執政/Murktide Regent》、各色想起エレメンタルサイクルなど、強力なカードが目白押しです。

 

 

今回は、そんなレガシーの今が一体どうなっているのか、最新の情報をお伝えします。

 

ラガバン率いるURデルバー

いま環境の中心になっているデッキは、間違いなくURデルバーです。レガシーにおいてはURデルバーは常に環境に居続けてきたデッキではありますが、現在のURデルバーは約4分の1(17枚)のカードが新たなカードに組み替えられています。

『青赤デルバー/UR Delver』(レガシーチャレンジ2位)
プレイヤー名:kentaro_hokori
呪文(28枚)

4《表現の反復
4《思案
4《渦まく知識
4《目くらまし
4《意志の力
2《はらわた撃ち
4《稲妻
2《ミシュラのガラクタ

サイドボード(15枚)

2《削剥
1《否定の力
1《水流破
1《カラカス
1《溶融
3《紅蓮破
1《赤霊破
1《水没
2《外科的摘出
2《真の名の宿敵

(デッキリスト作成 STUDY HALL OF M:TG

勝ち上がったURデルバーの中には、そのデッキ名の由来であり、10年間レガシーの顔でもあった《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》が採用されていないデッキリストすらあります。
それでもURデルバーと名乗って良いのかは所説ありますが… (参考:《秘密を掘り下げる者》が収録された「イニストラード」の発売は2011年9月30日

 

 

《敏捷なこそ泥、ラガバン》の攻撃が通ると、《水蓮の花びら/Lotus Petal》の精製と対戦相手のデッキから衝動的ドローをすることができるため、2つものアドバンテージを得ることができます。
レガシーというフォーマットで2アドというのはゲームを決定付けるだけのインパクトがあります。それをカウンターと除去でバックアップし、圧倒的なテンポで攻めるこのデッキは環境の最適解です。

 

 

モダホラ2のカードではありませんが、ストリクスヘイブンの《表現の反復/Expressive Iteration》も強力なドローカードとして加わりました。

 

 

 

《敏捷なこそ泥、ラガバン》以外にもモダホラ2から得た新たな戦力があります。《ドラゴンの怒りの媒介者/Dragon’s Rage Channeler》《濁浪の執政/Murktide Regent》《邪悪な熱気/Unholy Heat》の3枚です。

 

 

この中でも《濁浪の執政》の存在がURデルバーには大きく、《敏捷なこそ泥、ラガバン》《ドラゴンの怒りの媒介者》を捌かれた後に唐突に出てくる2マナ8/8飛行は、相手に立て直す隙を与えず、速やかにゲームを終わらせます。

今のレガシー界で《濁浪の執政》をキレイに対処できるカードは非常に少なく、《剣を鍬に/Swords to Plowshares》《紅蓮破/Pyroblast》しかありません。一番安心して任せられるクロックであり、私の知り合いのURデルバー使いは、「ラガバンが禁止になっても《濁浪の執政》がいればURデルバーはtier1に居続けられる」と言っていました。

このようにURデルバーは間違いなく強力なデッキです。しかし、私たちのようなレガシーの民は、全員がすぐにtier1のデッキに鞍替えするわけではありません。tier1のデッキに勝てるよう、自分のデッキのアップデートを試みる人もいれば、ゼロからデッキを作り直す人もいます。
ここからは王者URデルバーに立ち向かうデッキたちを紹介していきます。

 

 

 

対応力と安定性を手に入れた”4cコントロール”

『多色コントロール/Multi Color Control』(レガシーチャレンジ1位)
プレイヤー名:AnziD
土地(22)

4《溢れかえる岸辺
1《カラカス
4《霧深い雨林
1《Plateau
1《Savannah
1《冠雪の森
1《冠雪の島
1《冠雪の平地
1《Taiga
2《Tropical Island
2《Tundra
2《Volcanic Island
1《吹きさらしの荒野

クリーチャー(6)

1《忍耐
2《瞬唱の魔道士
3《自然の怒りのタイタン、ウーロ

呪文(32)

2《精神を刻む者、ジェイス
3《表現の反復
4《思案
4《虹色の終焉
2《終末
4《渦まく知識
2《否定の力
4《意志の力
4《剣を鍬に
1《サメ台風
2《森の知恵

サイドボード(枚数)

2《忍耐
1《否定の力
3《花の絨毯
2《激しい叱責
3《エーテル宣誓会の法学者
1《狼狽の嵐
2《紅蓮破
1《赤霊破

(デッキリスト作成 STUDY HALL OF M:TG

URデルバーに対抗するデッキとして、最初に注目されたのが、4cコントロールです。 このデッキもモダホラ2で新たなカードを手に入れていました。

 

 

コントロールデッキが手に入れたこれら2種のカードの特徴は、とにかく対応できる範囲が広いことです。
《忍耐/Endurance》は3マナ3/4到達という恵まれたスタッツで、URデルバーにおける《濁浪の執政》以外のクリーチャーを全て受け止めることが可能です。
さらには墓地のカードをデッキに戻すCIP能力によって、《濁浪の執政》の着地を遅らせます。

《虹色の終焉/Prismatic Ending》は、コントロール使いにとっては念願の万能除去です。
白のダブルシンボルで使い勝手の悪さを感じていた《議会の採決/Council’s Judgment》の代わりとして採用されています。
メインボードに複数枚採用することが許される除去カードなので、コントロールデッキはメインボードから軽量アーティファクト、エンチャントに触れるようになりました。

特に《霊気の薬瓶/Aether Vial》《虚空の杯/Chalice of the Void》などの強力な置物に触ることができるようになったことが大きく、デス&タックスやストンピィ系との相性が劇的に改善しました。
また、《突然の衰微/Abrupt Decay》のための黒タッチも必要なくなり、足回りが綺麗に動くようになりました。

 

 

 

最強の「矛」を手に入れた”デス&タックス”

『デス&タックス/Death&Taxes』(レガシーチャレンジ1位)
プレイヤー名:YawgmothPT
土地(32)

4《カラカス
13《平地
4《リシャーダの港
5《冠雪の平地
2《ウルザの物語
4《不毛の大地

 

(デッキリスト作成 STUDY HALL OF M:TG

デス&タックスもURデルバーに対して有力なデッキとしても台頭しています。このデッキがモダホラ2で手に入れたカードは《カルドラの完成体/Kaldra Compleat》《孤独/Solitude》です。

 

 

そもそもデス&タックスは、メインから無理なく《カラカス/Karakas》を複数枚採用することができるため、伝説のクリーチャーである《敏捷なこそ泥、ラガバン》に強いです。

また、デス&タックスはヘイトベア戦略によって、相手の展開を遅らせることが得意な盾のデッキなイメージでしたが、モダホラ2の登場によって、ついに《カルドラの完成体/Kaldra Compleat》という最強の矛を手に入れました。

更に《護衛募集員/Recruiter of the Guard》からのサーチ先として追加された《孤独/Solitude》は、《否定の力/Force of Negation》によって消されない&《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》に対応できる数少ないカードとしても重宝します。

これらのETB能力持ちが増えた為、最近はデッキを80枚にして、サイドボードに相棒として《空を放浪するもの、ヨーリオン/Yorion, Sky Nomad》を採用するケースが主流になりつつあります。

 

 

 

ウルザの物語デッキたち

次に忘れてならないのが、ラガバンに次ぐ禁止候補、モダホラ2の新カード《ウルザの物語/Urza’s Saga》を使用するデッキです。
《ウルザの物語》は無色土地であり、構築物トークン精製能力と、1マナ以下のアーティファクトを場に出す能力を持っています。一見、専用の構築が必要に思えますが、パッケージとしても《ウルザの物語》に加えて、1マナ以下のアーティファクトを2枚程度入れるだけで十分な強さを発揮するため、多くのデッキに採用されています。

 

 

1章では土地として機能し、2章ではインスタントタイミングでクロックを展開することができ、3章ではシルバーバレット戦略もできるので、非常に柔軟性の高いカードです。

この強力な土地カードを引っ提げて、最初に頭角を表したのは白青奇跡コントロールに《行き詰まり/Standstill》を入れたサーガミラクルです。従来の奇跡コントロールのボードコントロール力に加え、《ウルザの物語》と相性の良い《行き詰まり》でアドバンテージを得られるようになっています。

『白青赤コントロール/WUR Control』
(第17期レガシー神挑戦者決定戦Top8)
プレイヤー名:Kobayashi Tatsuumi
クリーチャー(3)

3《永久のドラゴン

(デッキリスト作成 STUDY HALL OF M:TG

《行き詰まり》によってお互いが呪文を唱えづらい中、こちらだけ《ウルザの物語》と、モダホラ2からの新戦力である《永久のドラゴン/Timeless Dragon》でのクロック展開が可能なので、コントロールデッキながらも勝ち筋が多く、多角的な攻め方ができるデッキになっています。

 

 

 

他にも、モダホラ2から《思考の監視者/Thought Monitor》を得た青単親和や、コンボパーツがサーチできるアーティファクトデッキのペインター、土地であることを最大限に生かした土地単、古くからある部族デッキのマーフォークなど、様々なデッキに採用されており、私がこよなく愛する赤単プリズンにも採用実績があります。

『ローグコンボ/Rogue Combo』(レガシーリーグ 5-0)
プレイヤー名:Minest110
土地(14)

4《古えの墳墓
4《教議会の座席
2《冠雪の島
4《ウルザの物語

サイドボード(15)

2《四肢切断
2《仕組まれた爆薬
1《探検の地図
4《否定の力
1《船殻破り
1《真髄の針
1《魂標ランタン
3《外科的摘出

(デッキリスト作成 STUDY HALL OF M:TG

 

また、現在のレガシー界のカードパワーを結集させたデッキである、《敏捷なこそ泥、ラガバン》《ウルザの物語》のカウンターモンキーというデッキも開発されました。カウンターモンキーはマナベースに少し難があり、足回りの歪さはあるものの、デッキのパワフルさは凄まじく、一度回り始めると手が付けられないカロリー満点のデッキとなっています。

『カウンターモンキー/Counter Monkey』(レガシーチャレンジ2位)
プレイヤー名:Bullwinkkle6705
クリーチャー(7)

4《濁浪の執政
3《敏捷なこそ泥、ラガバン

呪文(30)

4《表現の反復
4《思案
4《渦まく知識
3《目くらまし
4《意志の力
4《稲妻
1《紅蓮破
2《邪悪な熱気
1《上天の呪文爆弾
1《大祖始の遺産
2《改良式鋳造所

サイドボード(15)

2《不毛の大地
3《紅蓮破
1《邪悪な熱気
2《否定の力
1《墓掘りの檻
1《水流破
1《カラカス
1《真髄の針
2《赤霊破
1《倦怠の宝珠

(デッキリスト作成 STUDY HALL OF M:TG

 

 

サイドボードにも大きな変化が

このような環境変化により、構築やサイドボードにも大きな影響を与えました。まず《敏捷なこそ泥、ラガバン》対策として、1マナの軽量除去が増えました。以前は多めに採用されていた《突然の衰微》などの2マナ除去は、後手だと《敏捷なこそ泥、ラガバン》のコンバットを許してしまうため数を減らし、その枠は《虹色の終焉》《邪悪な熱気/Unholy Heat》に代わりました。

 

 

 

一方、URデルバーではミラーを意識して《はらわた撃ち/Gut Shot》が採用され始めています。また《敏捷なこそ泥、ラガバンr》《濁浪の執政》の両方に対応できるカードとして、《死亡+退場/Dead+Gone》も見る機会が増えました。

 

 

 

もう1枚の問題児、《ウルザの物語》対策としては《溶融/Meltdown》《激しい叱責/Dress Down》の採用が増えています。《溶融》《ウルザの物語》が生み出した構築物トークンと、サーチしたアーティファクトをまとめて破壊することができます。

《激しい叱責》は、構築物トークンの能力の失わせて状況起因で墓地送りにすることができます。 また《激しい叱責》の影響下で《自然の怒りのタイタン、ウーロ/Uro, Titan of Nature’s Wrath》をキャストすると、自身を生贄にする能力が誘発せず、3マナ6/6のクリーチャーとして運用できるのもポイントです。

 

 

 

 

まとめ:レガシーは変わり続ける

まだまだ進化し続けているレガシー環境。今でも遅くありません!レガシーの世界に飛び込んできてください。1枚のカードと1つのアイデアで環境が激変するエキサイティングな環境です。特に《敏捷なこそ泥、ラガバン》《ウルザの物語》については、今後いろんな意味で注目のカードです。それではまた来月、お会いしましょう。

 

 

 

 

MTGカード買取中!
『マジック:ザ・ギャザリング』カードをお譲りください!
レガシーフォーマットはもちろん、モダンや最新のスタンダード
マットなどの関連アイテムまで高価買取!
宅配が利用できないような高額カードも、出張買取でご自宅までお伺いいたします。

 

レガシーカードの特価セールを実施!
レガシープリズン公開を記念して、グループ会社のBEEP通販部にて、
レガシーカード20種類をどーんと値下げ販売中!
ラインナップは下記バナーより!!

記事公開のお知らせやキャンペーン情報はツイッター(@Time_Machine_Go)で公開中
フォローよろしくお願いします。

 

 

池田貴浩

赤単プリズンをこよなく愛するレガシー民。赤単プリズンを擦り続けて5年以上。青が強いレガシーには珍しく、非青デッキを得意とする。レガシー以外には、EDHとボードゲーム、Among Us、お酒が大好き。
実績:日本レガシー選手権2018春優勝、14期レガシー神挑戦者

よろしければシェアお願いします

PAGE TOP