クロワのヴァイスシュヴァルツ道

WS新弾レビュー「ご注文はうさぎですか?BLOOM」

公開日:クロワ

僕が人生で2番目に作ったフルレアはチノココ全盛期のごちうさでした。
ちなみに最初はビビッドレッド・オペレーションです。
どうもクロワです。
3年以上の間隔を経て、ついに待望のごちうさ追加弾が発売されました。僕を含め、多くの人が待ち望んでいたブースターです。
前弾のDear My Sisterは電源解禁後の発売だったにも関わらず、電源が刷られていないタイトルだったのですが、ついに今回電源が刷られました。電源と相性の良さそうな「私らしさ リゼ」などの存在もありますし、かなり期待が持てるかと思います。
また、今までのブースターで特徴がバラけていたことが配慮され、今までの特徴+≪BLOOM≫を参照するカードがほとんどであり、旧弾強化をしつつ最新弾のみで組むことも可能な配慮がされています。

 

 

 

 

それでは、注目カードを見ていきましょう。

 

 ~レベル0~

 


「“Halloween Night” シャロ」
相手リバース時に500パンプできる単レスト控え集中。
シンプルながら、集中のオマケとしては優秀なテキストを持ち、面取り性能が上がるため電源との相性も良いです。
後述各種カードの参照にもなっているのですが、単体で優秀なため複数積みやすいところも◎。

 


「“いつもの仕事着” シャロ」
山札立ち集中と「”Halloween Night”シャロ」に入れ替わる効果。
「”Halloween Night”シャロ」が重要なため、別の役割を持ちつつ実質的な採用枚数を増やす格好をとれるのが優秀。サーチ先が分かれているところも良いです。

 


「“Halloween Night” 千夜」
他の≪BLOOM≫か千夜かシャロがいればレベル1・パワー3000・お互いサイド不可になる中央移動。
レベル1でサイド不可というプレッシャーは大きく、序盤のやりあいが大きく有利になる1枚。

 


「“トレジャーハンティング” チマメ隊」
登場時トップ確認し、青か≪BLOOM≫か≪ラビットハウス≫なら自分のキャラにパワー+2000する効果と、フカ次郎効果。
フカ次郎のもう一個のテキストとしては過去最強クラスかと思います。参照する特徴の多さ的にも、多くのデッキに入るカードです。

 


「“オフの過ごしかた” 真手凛」
ストックが増える可能性のある門連動と単レスト山集中。
門を採用する場合、ストックを増やせる集中というスーパーカードになります。後述しますが、3の門連動もかなり強力です。

 

 

 ~レベル1~

 


「“おまわりさん” リゼ」
「”Halloween Night”シャロ」がいれば7500になる1/1アンコールで、電源連動で2/2への擬似チェンジが可能。シンプルに電源デッキにはメインアタッカーとして採用したい7500アンコールに加えて、こちらも電源デッキには採用したい2/2への疑似チェンジなので、デッキ内に採用が無理なくできるというところがかなり強いポイントかと思います。

 

 

 ~レベル2~

 


「“Halloween Night” リゼ」
「”おまわりさん”リゼ」の擬似チェンジ先で、2/2・10000のアンコール持ち。更には相手リバース時にCXを張っていた場合デッキトップを公開し、レベル1以上なら手札に加えられるというオマケ付。電源デッキのメインアタッカーを担いつつ、手札を増やせる可能性もあるというスーパーカード。擬似チェンジで出した場合はCXが張られた状態で出てくるので、効果もそのまま狙えます。

 

 

 ~レベル3~

 


「“一緒にお仕事!” ココア&シャロ」
「”Halloween Night”シャロ」がクロックにあれば早出し可能なXルック2000応援。2000応援がレベル2段階で出てくるのは脅威なので、2000応援は電源デッキに採用したいのですが、このカードは自身の効果での早出しも可能なので、レベル2段階での着地の安定感が高くなります。電源デッキ以外でも、採用が検討できる強力な1枚でしょう。

 


「“シークレットサンタ” シャロ」
登場時ヒールとチョイス連動で他に2点ショット付与。
効果は地味ながら強力で、ヒール持ちの対応もチョイスと優秀なポイントを取り揃えています。

 


「“トリック・オア・トリート” リゼ&千夜」
他2枚以上で11000・登場時ヒール・アタック時の逆圧縮。
かなりハイスペックなカード。逆圧縮時の参照イベント「魔女の怒り」も控え室に触れる、使えるカードなので、そこも評価点ですね。

 

 


「“積み重ねた朝” 千夜」
時ターンガウルで最大11500、搭乗時2ドロー1ディス、宝連動での詰め。詰め効果はバンドリの「鳥籠の歌姫 友希那」に似ています。現環境でリバース要求が通じるかは微妙なところではありますが、タイトル内最高クラスの火力を出せるカードであると思います。

 


「“Halloween Night” チノ」
シンプルな早出し千鳥ヒール。先日のバンドリもそうですが、「最大11000」「千鳥ヒール」「パンプが後列参照」が早出し最高峰だと思ってます。

 


「“オフの過ごしかた” 青山ブルーマウンテン」
ガウルと門連動。連動は「”受け止めた思い”青葉モカ」+連パンといったところで、登場時効果こそもたないものの、「”積み重ねた朝”千夜」と並んでタイトル内最強クラスの詰め性能を誇る1枚です。

 


「“不思議の国” メグ」
ごちうさにとって待望だった「相手の山に干渉できるカード」です。
1枚残しの逆圧縮なので、劇的に相手の山を弱くできるかは状況次第ですが、それでもあるのとないのでは雲泥の差だと思うので、うれしい追加です。

 

 

 

 

 ~今回考えたデッキ~

いろいろなデッキを組めそうだったので悩みましたが、考えた中で綺麗にまとまったかなと思ったのがこちら。

6電源2扉 ラビットハウス軸です。
旧ごちうさを代表するカードである、チノココこと「出会えてよかった チノ&ココア」を詰め役として続投してもらいつつ、新弾で手に入れた電源と組み合わせました。
チノココはガウル効果持ちで11000までパワーが伸び、連動でさらにめちゃくちゃにパワーが上がるため面取り性能高め。旧弾から続投の早出しヒール「“プレゼント交換”リゼ」と今弾の「“Halloween Night”チノ」が、ヒール方法も早出し条件も違う2種の優秀な早出しヒールとして採用しており、道中の安定感もなかなか高いです。電源を表に出すため枚数を6枚まで増やし、チノココの連動は2枚だけの採用ですが、CX入れ替えの採用とチノココの登場時2ドロー1ディスがあるので、握りにくさは感じないかと思います。

いかがだったでしょうか。
地区の変更後日程が発表され開催されていく中、なかなか見逃せないタイトルだと思います。軸がいろいろ考えられるので、大会に出る人は対面に悩まされそうですが、使う側としては武器にもなり得ます。今後が楽しみです。
今回は以上です。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

 

(画像出典:ヴァイスシュヴァルツ公式サイト

岐阜・愛知で活動しているWSプレイヤーのクロワです。(@334_ws)
戦績→WGP2019東京地区ネオスタンダード3位 非公認CS優勝2回 etc… WSチーム「334ALLSTARS」(@334ALLSTARS)の代表も務めております。併せてよろしくお願いいたします。

よろしければシェアお願いします

PAGE TOP