クロワのヴァイスシュヴァルツ道

WS新弾レビュー「Morfonica×RAISE A SUILEN」

公開日:クロワ

実はMorfonicaが出たあたりはもうバンドリを追っていなかったんですけど、倉田ましろちゃんはすごく気になってます。
こんにちは、クロワです。
2週連続となるバンドリのエクストラブースター発売。今回から第7のバンド、Morfonicaが本格参戦します。Morfonicaの登場からはそれなりの期間が経っており、使いたかった人も多いのではないでしょうか。RASもプール狭めで構築が固定化されていたので、これで構築の幅が広がるので待っていた人も多そうです。
先週のポピパ×ロゼリアとも組み合わせてのネオスタンダード構築にも期待がかかります。

 

 

 

 

それでは、注目カードを見ていきましょう。

 

 ~ Morfonica ~

 


「 “Astral Harmony”広町七深」
チョイス連動で手札1枚捨てて5ルック2枚回収。
この手の効果は今まで4ルックだったのですが、2枚回収に対して4ルックでは回収の選択肢が狭く、イマイチでした。ルック枚数が増えたのは朗報だと思います。
また、バンドリには黄色暁もあるので、黄色の1連動というのも価値があります。

 


「“Summerly Tone♪”桐ヶ谷透子」
登場時星杏+相手ドローフェイズにトップ公開しレベル1以上なら自身をストックへ送れる効果。
先攻で星杏効果でレベル1以上を確認してからアタックすれば先攻で2ストックまかなえます。星杏なので、終盤にも役割が持てるのも良いですね。

 


「“Astral Harmony”桐ヶ谷透子」
登場時に他の≪Morfonica≫が4枚以上なら手札1枚捨てて相手のCX1枚残し逆圧縮。
「がんばれパン」を選抜して組み合わせることで光景逆圧縮が可能なカード。このコンボ的には≪Morfonica≫に赤が存在しないのが少し使いづらいかもしれません。
とはいえ、単体でも強力なカードだと思います。

 


「“Summerly Tone♪”広町七深」
登場時手札からタダ出し効果でそのキャラにソウル+1と、アタック時に4コストで自分のキャラに打点分ショット効果を付与。
4コストは一見重そうですが、タダ出し効果でストックの節約ができているので見た目ほどは重くないはずです。普通にタダ出し効果が強く使えるので、オマケでCXの要らない詰め効果が付いていると思えば強いカードです。

 


「“Astral Harmony”二葉つくし」
単レスト山集中と手札2枚+自身を控え室に置いて、控え室から現在のレベル以下のキャラを出す効果。
集中の回収対象は≪音楽≫指定なので、ネオスタンダード用でも使えます。控え室から出す効果はこのカードの状態を問わないため集中を使った後でも使えますし、集中で出す対象を増やしたりコストの手札を補充できたりするので嚙み合っています。
やや重めですが、上手に使っていきたいです。

 


「“ヴァイオリン担当”八潮瑠唯」
登場時他の音楽2枚以上で1ドロー1捨てと、1コスト自身控え室で現在のレベル以下のキャラを手札から出す効果。
ドローディス効果はレベル0から手札を能動的に捨てられる効果なので、電源デッキでの活躍が見込めます。下の効果は2コストのキャラに使うことで実質的にこのカードを1コスト分として扱えるので、生きたストックとして機能します。

 

 

 

 

 

 ~ RAISE A SUILEN ~

 


「“Rausch und/and Craziness Ⅱ”レイヤ」
登場時キャラサーチ、バトル中イベント不可、宝連動で2点バーンからのトップ操作。
バーン後にトップ操作なので本打点が通しやすくて良いと思います。一見重そうなコストもサーチ付きなので実質1枚。

 


「“Rausch und/and Craziness Ⅱ”ロック」
手札を1枚捨ててツインドライブ、ダメージキャンセルで手札に戻る効果。
自身の効果でツインドライブしてドラが乗ればキャンセルされやすくなり、噛み合いは良いです。手札に戻ってこれば+1枚なので、ツインドライブしていればストックが+1、していなければ手札が+1になります。

 


「“THE DEPTHS”ロック」
レベル比例応援+加速時に控えからストックブースト。
加速する上でのエンジンとなるカード。ラブライブにも同じようなカードがありましたが、RASの加速は山上ではなく控えからのものが多く、上からCXが降ってくる裏目が起こりにくいため安心して加速ができるため、このカードの価値も相対的に良くなります。

 


「“THE DEPTHS”レイヤ」
登場時他のRASが4枚以上なら追加2コストで光景。前弾、今弾と光景逆圧縮の大解禁祭りですね。これも逆圧縮有咲との組み合わせで可能。RASデッキに有咲を刺すだけで発動できるので結構狙いやすそうです。

 


「“Rausch und/and Craziness Ⅱ”チュチュ」
よくある早出しヒールですが、早出しヒールが弱いと言われ続けていたバンドリに突如超使いやすい早出しヒールが現れた形となります。
ネオスタンダード用構築でもRAS構築でも活躍するカードでしょう。

 


「メンバー紹介 チュチュ」
フィレス効果と受けたダメージがキャンセルされた時手札に戻せる効果。
運ですが、手札に戻ればアドに加えてフィレス効果がもう一度使えてより美味しいです。上振れ期待のできるフィレス枠、と考えると強そうですね。

 

 

 

 

今回考えた2つのデッキはこちら。

まずRASはオーソドックスな加速RAS。
こちらが加速で自傷する分を追いつくという目的込みで、宝の1連動が新しく出ているので8宝にして、スピードも出せるようにしました。

 

Morfonicaはカードの種類が少ないのでとりあえずバンド単構築は置いといて、せっかくチョイスの1連動が出たのでハロハピと混ぜた黄色構築を考えました。

黄色暁と1連動で1週目の山からガンガン掘り進められますし、8チョイス構成でトリガーも美味しいのでハイスペックツインドライブが活かされます。黄色構成が故、さらに神通互換も採用できるため、連動の安定感も高くなっています。

 

いかがだったでしょうか。
バンドリがここにきて大きくプールが増えたので、また環境は大きく動くかと思います。これからまた大会もぼちぼち復活しますし、楽しみですね。
今回は以上です。ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

(画像出典:ヴァイスシュヴァルツ公式サイト

岐阜・愛知で活動しているWSプレイヤーのクロワです。(@334_ws)
戦績→WGP2019東京地区ネオスタンダード3位 非公認CS優勝2回 etc… WSチーム「334ALLSTARS」(@334ALLSTARS)の代表も務めております。併せてよろしくお願いいたします。

よろしければシェアお願いします

PAGE TOP