WS新弾レビュー「アサルトリリィBOUQUET」

公開日:クロワ

こんにちは、クロワです。

今回はアサルトリリィの新弾レビュー。一番最初のTDの発売からはかなりの期間が空いてしまっており、ようやくの発売となりました。この日をずっと待っていた人も多いのではないでしょうか。
プレミアムセットの発売もあり、公式から推されているタイトルでもあると思います。実際、かなりハイスペックなカードが揃っており、環境を戦う上でも見逃せないです。

 

 

 

それでは、注目カードを見ていきましょう。

 〜レベル0〜


「凛々しく咲く 神琳」
クロック相殺と控えに落ちた際に1コスト1クロックでトップ2枚を見て≪リリィ≫のキャラを2枚回収できる効果。自傷としても機能しますし、雑に手札をキープしていけるので序盤での多パンがしやすくなり、優秀な効果です。パワー500のクロック相殺というのも強く、アサルトリリィというタイトルを使う中でかなり高い採用率になりそうかと思います。後述する「テスタメント 神琳」との相性もバツグン。

 


「くつろぎの時間 鶴紗」
取引成立真内蔵のオバスペアタッカー。環境に刺さっていながら「後列に枠がない」という理由で取引成立真互換を不採用にしているデッキもあったかと思いますが、その悩みを抱えなくて済む1枚。無論汎用性は下がってしまっていますが、オバスペアタッカーとして普通に0で生き残れる可能性のあるカードとしても機能できるのは強いですね。

 


「凛々しく咲く 二水」
1ターン2回のトップ確認が可能な控え集中。テキストの書き方が微妙な感じになっていますが、メインフェイズとクライマックスフェイズの両方で確認ができるとい声明が公式から既に出ています。操作できるわけではないとはいえ、めちゃくちゃ強い。
ただデッキトップを見るだけという行為がものすごく強いのはWS特有ですね。

 


「あなたを待つ間 楓」
2コストレストで控え回収効果と、TDの登場時Xルック「元気いっぱい! 梨璃」を踏み倒し早出しすることが可能な1枚。出す先がXルックを持っているので手札コストがそこまで気にならないのが良い感じですね。このカード以外にもこのプールにはTDサポートが何枚か刷られています。

 

 


「情報収集 二水」
登場時1000パンプと伊織互換。
まるでイベントカードのように使える便利キャラカード。
地味ながらデッキの潤滑油として活躍してくれる縁の下の力持ち。多くのデッキに採用されると思います。

 


「“アールヴヘイム”依奈」
中央500パンプとCX名称指定の5枚集中。
対象となるCX「ノインヴェルト戦術」「その気になってもらいます」はそれぞれ宝・扉というアイコンなので、構築こそ縛られるものの「CXアイコンが弱い」という悩みを抱えなくて済む5枚集中になります。5枚集中界でもかなり強いのではないでしょうか。

 


「くつろぎの時間 二水」
星杏効果とCX入れ替え。
完全互換も刷られている組み合わせですが、この組み合わせのCX入れ替えが個人的に最強のCX入れ替えだと思っています。

 


「くつろぎの時間 梨璃」
登場時のトップ操作とジョー効果。
ジョー効果は手札に戻って次の使い道を持てるかどうかが大切で、トップ操作を持つこのカードは戻っておいしいカードだと言えます。

 


「戦場に舞う 梅」
控え暁に思い出メタ効果。
思い出メタ効果がデッキに自然と入るシステムカードについているのは良いですね。普通に組めば勝手にメタれるということになります。

 


「“採れたて”だよ?百由」
登場時に対応本CXを切ってレベル2以上を回収する効果と共鳴3ルック。
ちょこちょこと色々なタイトルに刷られている「待ち伏せ ゆんゆん」の調整版テキストです。共鳴先がレベル3の詰めカードなので、それを主役にするならかなり使い勝手が良さそうです。

 


「白煙の中 夢結」
登場時にTD修羅場「一柳 梨璃」をサーチする効果と、レスト1500パンプの効果。修羅場を持ってきて踏めるようパンプするという噛み合ったテキストをしています。

 

 

 ~レベル1~


「凛々しく咲く 雨嘉」
令和版「北方棲姫」。CX連動で相手の後列に干渉できる貴重なテキストを持っています。後述の「テスタメント 神琳」とのデザイナーズコンボが強烈で、レベル1の後列も処理できるので相手の盤面は焦土と化します。トップ確認できる集中「凛々しく咲く 二水」のおかげで、オマケのトップ回収も確定できたりします。

 


「“アールヴヘイム”天葉」
「ノインヴェルト戦術」の連動キャラ。リバース要求で不確定の2アドなのであまり強い連動とは言えないですが、デザイナーズとしては及第点といったところでしょうか。「ノインヴェルト戦術」が複数連動なのでその一員と思えば強いかと思います。

 


「テスタメント 神琳」
レベル比例応援とレストで相手のレベルをマイナス。シンプルなテキストですが、レベル指定の焼きがあるこのタイトルではかなりの悪用が効きます。
焼きデッキでは確定配置したい1枚。

 


「はじめての戦場 梨璃」
レベル1相殺と起動1コストでリバース時トップ盛りを得られる効果。これまた「テスタメント 神琳」と相性の良いカード。組み合わせることでレベル2に対して相殺を取り、トップ盛りでアンコール封じが可能。

 


「あなたのくれた名前 結梨」
思い出を裏向きにする効果、思い出に飛ばせる足立効果、自身がリバース時に思い出に行く効果。どれも強いです。
まず裏向きにする効果。ヒールメタやバーンメタを無効化できます。ピンポントですが唯一性の高い替えの利かない効果です。
思い出版足立効果は相手の早出しを再利用不可にします。最近の早出しは早出しでないタイミングで出しても充分強いものが多いので、再利用を許さないのは優秀です。
自身が思い出に行く効果も最終的に足立テキストは腐るので、役目を終えた後は圧縮の邪魔にならないのが優秀です。

 


「凛々しく咲く 夢結」
門連動で手札を1枚切って切って「トップ落下しそのレベル以下回収」を2回行う効果。性質上レベルの高いカードは回収しにくい連動ですが、控え室から選んで回収できるので手札の質は良く保てそうです。デッキを削る連動ですが、コストがある都合上強制発動ではないのが地味に利点です。

 


「百合ヶ丘のリリィ 結梨」
島風改テキストと本連動で島風テキスト付与。連動効果と非連動効果が噛み合っていますし、後列からでも発動できるところも優秀。1連動の選択肢に充分入り得る存在だと思います。

 

 

 ~レベル2~


「凛々しく咲く 楓」
盤面4枚以上で早出し、電源連動でセルフバウンスとスタンド効果。
オーバーロードで「復活の儀式 アインズ」+「守護者の本質 アルベド」でやっていたことを1枚でできるスーパーカード。このカードと併せて面を2面取れるとゲームがこっちに傾きます。

 


「憧れのお姉さまと 梨璃」
特徴1000パンプと手札絆でTDのガウルヒール「白井 夢結」を回収、同ネームに1000パンプ。「白井 夢結」自身のパワーと合わせると13500までパワーが伸びるのでバカになりません。

 

 


「穏やかな午睡 梅」
椎名拳。
拳の追加効果としては最高峰の1枚。あるだけでタイトルの魅力と言えます。

 

 

 ~レベル3~


「凛々しく咲く 鶴紗」
メッチャ強い早出し千鳥ヒール。パワーは行きのみですが11000出て、思い出送りまでついています。早出し方法も盤面4枚以上なのでストレスフリー。

 


「戦場に舞う 雨嘉」
パワー+5000イベ助不可に、クロックからキャラを出せるテキストがついています。
実質ヒールでこのテキストは驚異的。面勝負がかなり有利になれます。

 


「凛々しく咲く 梨璃」
今回の目玉カード。ヒールと扉連動でクライマックスフェイズに1コストで他キャラに3枚美智留付与。重ねがけをすることで最大18枚の削りが可能。ここまで削ればスカはほぼありえないですし、リフレッシュまで持ち込めるのでリフレッシュポイントを計算に入れることが可能なのも強いポイントです。

 


「戦場に舞う 二水」
登場時にタダ出し効果とアタック時に光景効果。
アタック時の光景3コストは一見重そうですが、タダ出し効果をで踏み倒せているので実質的にアタック時1コストの感覚で使えます。やはり光景はひとつの人権テキストなので、あって良かったと思います。

 


「“アールヴヘイム”亜羅椰」
千鳥ヒールと扉連動2コストで盤面他4枚以上いれば4点バーン。
1人で7点喋れる系テキストなのは強いですね。

 


「凛々しく咲く 梅」
メッチャ強い早出しヒールその2。CX2枚以下で早出しでヒール、10500でフロントアタックされた時に手札1枚切ると手札に戻せます。
リバース回避としても使えますし、ヒールの再利用という考え方もできる、かなり優秀な1枚となっています。

 


「凛々しく咲く ミリアム」
スーパー邂逅と本連動で相手のトップチェックからの3点バーン。
一見弱そうに見えるかもしれませんが、ハチャメチャにコストが軽いです。
「このカード3面、CXを貼った状態で手札0コスト0でも3面連動可能」と言えばどれだけコストが軽いかが分かると思います。
初音ミクの「新しいセカイ 初音ミク」を彷彿とさせる3点×6ができるので、なかなか強い詰めだと思います。

 

 

 

 

今回2つのデッキを考えてみました。

 ①「8本」

「凛々しく咲く ミリアム」の最後ブッパを決めて勝ちきろうという前のめりなデッキ。せっかく「凛々しく咲く ミリアム」を採用しているので共鳴セットもモリモリで積んでいます。パワー面も優秀ですし、良い纏まり方をしていると思います。

 

 ②「宝扉」

「凛々しく咲く 雨嘉」「テスタメント 神琳」を主軸に焼きテキストで相手の盤面を焦土と化します。詰めはアイコン的に相性が良く連動効果も強力な扉を選択。相手にやりたいことをやらせないコンセプトなので、対面した人はかなり戦いにくいと感じるはずです。

 

 

 

 

~まとめ~

シンプルに強いテキストから斬新なテキストまで勢揃いのボリュームを感じるタイトルでした。店舗決勝やしろくろフェスも近づいていますが、間違いなく環境入りしてくるタイトルだと感じていますので、無視できません。期間は短いですが、仕上げて持ち込むのも選択肢に考えられるタイトルだと思います。
いろいろとやれるタイトルなので、みなさんもいろいろ試して遊んでみてください。

今回は以上です。ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

 

(画像出典:ヴァイスシュヴァルツ公式サイト

岐阜・愛知で活動しているWSプレイヤーのクロワです。(@334_ws)
戦績→WGP2019東京地区ネオスタンダード3位 非公認CS優勝2回 etc… WSチーム「334ALLSTARS」(@334ALLSTARS)の代表も務めております。併せてよろしくお願いいたします。

よろしければシェアお願いします

PAGE TOP