WGP2021権利戦再開! 押さえておきたい環境対面

公開日:クロワ

こんにちは、クロワです。

WGP2021の権利戦が再開しました!
結構長い期間の休止だったので、一旦無しにして仕切り直しなんて可能性も考慮していたのですが、無事再開できるようで嬉しく思います。
地域によっては店舗予選はやっていたようですが、店舗決勝は公平性を保つためか全国一斉に延期されていましたね。

さて、長い休止の間に新タイトルの発売もあり、環境の変化が起きていると思います。
今回は僕視点での環境デッキだと思うデッキの紹介と気をつけるべき特徴などを簡単に紹介していければと思います。
広く浅く触れていきますので、説明不足があるかもしれません。その際気になることがあれば僕のTwitterアカウントに直接聞いていただければと思います。
それではいきます。

 D.C. / ダ・カーポ

■宝枝
シェアトップの筆頭です。高い詰め能力を持ちながら道中も平均以上のスペック、更には広いカードプールで幅広い構築の幅があります。
ひまり軸宝枝のD.C.自体は初期から構想されていたかと思いますが、ここ最近は「“Perfect affection”音姫」をひまり軸にも採用する流れが来ています。

純粋な宝枝ひまり軸だとどうしてもCharlotte対面がキツく、そこにメスを入れるために採用されるようになった印象です。アンタッチャブルを得るために必要な思い出4枚という条件はやや厳しめですが、そこは持ち前のプールの広さでカバー。
この音姫採用により「CharlotteはD.C.に有利」とは言えなくなりました。目の上のタンコブの対策が出来たD.C.は今後も使用者の多い環境上位デッキとして鎮座するでしょう。

 

 

 

 

 Charlotte / シャーロット

■8門
昨期は環境トップレベルの「冴えない彼女の育て方」に大幅な不利を取る事から息を潜めていましたが、規制により順当に上がってきました。一時期は猛威を奮っていましたが、その脅威の防御力の危険性が広まってしまい、競技プレイヤーの間ではCharlotteへの回答をデッキに搭載するのは当たり前の認識になってきました。
とはいえ、無対策のプレイヤーにはほぼ勝てるという尖った性能は魅力的であり、勝てる相手を取り漏らさないのが凄く良いポイントです。
Charlotte対策となるカードは「サイドでソウル減少しないカード」か「そもそものソウルが高いカード」、「2面以上のバウンスができる組み合わせ」、「アンタッチャブル」などがあります。自分のデッキがCharlotteに対応できるか今一度チェックしておきましょう。

 

 

 

 

 デート・ア・ライブ / DATE A LIVE

■8電源
■チョイス電源
規制をものともせず未だに環境上位のタイトルです。アーキタイプは8電源をトップに、チョイス電源も一定数いるかなといったところ。狂三で一気にゲームをひっくり返す性能は勿論ですが、最近目立つのは「春のひととき 四糸乃」を多く採用した構築です。1コストで盤面の場所を入れ替えるテキストとボトムランサーの組み合わせが非常に優秀で、盤面入れ替えテキストだけでも相当相手を掻き回します。これは一度対面しておかないと理解できないタイプの強さなので、事前に対面しておきたいです。

 

 

 

 

 かぐや様は告らせたい

■扉電源等
12月に出た新規タイトル。アーキタイプは確立されていない印象ですが、オンライン大会での躍進もあり扉電源が増えてきてるかなとは思います。
ですが、このタイトルの強みはなんといっても「貫く信条 御行」でしょう。レベル2でこのカードを出されると電源デッキはひとたまりもありませんし、最終的には引導火力にもなるという明らかなオーバースペック。経験と色の問題をクリアできれば、ほぼ全てのアーキタイプに採用されているかと思います。

 

 

 

 

 SAO / ソードアート・オンライン

最もアーキタイプがバラけているタイトルだと思います。そのどれもが違った強みをもっており、どれも油断出来ません。

■8門アニバ
8門アニバは規制されたとはいえその安定した出力の高さは現在。特に早出しのキリト&ユージオが色褪せない強さを誇っています。行きのパワーは圧巻なので、SAOアニバ相手に面取りを仕掛けるのは現環境でも厳しそうです。

 

■8風フラクトライト(整合騎士)
8風フラクトライトは風の常識を変えた究極のバウンスデッキで、環境への刺さり方はかなりのものです。それでありながら、バウンスの通りが良くない相手にもカードパワーが負けておらず、どの対面にも不利が付きにくいデッキです。バウンスを自在に操る性質上、面を崩す以外にもソウルゲーを仕掛けることが可能であり、対面する際はそちらの方面も気をつけなければなりません。

 

■6門2ストブWoU
6門2ストブWoUは圧倒的な詰め能力を持ち、最大値を出せた試合は耐えれるデッキは無いのではないかと思うほどです。道中も門でCXを貼りやすく、門対応で非接触のキャラ回収でのアグロ性能が高いので、最終的な射程圏内にも簡単に入れてきます。全て耐えて勝つのは難しいので、対面した際は相手の詰めを何かしら欠損させてやりたいです。道中からしっかり面を割ることを意識すること、ゲームスピードを早くしてパーツを集めさせないことが意識するポイントかと思います。

 

■8電源アバターネット
8電源アバターはアリシゼーションVol.2で電源の追加がもらえたことにより完成したデッキ。8電源+思い出送り後列+ホラーという、試合を支配するのに最上級に適したデッキとなっています。順当に試合が進むとどんどん試合が傾いていくので、ソウルを高く保ってビートダウンしていく意識を持ちたいです。ホラーを手札に加えるには引くorレベル3のルックくらいしかないので、握られる前に勝負をかけていきたい所。あまり残してはもらえないかと思いますが、レベル0や1がいればホラーケアのサイドも駆使していきましょう。

 

 

 

 

プリコネ / プリンセスコネクト!Re:Dive

■8宝
■門宝
現環境もっとも”殴れる”デッキだと思います。順調に試合運びができた時は気持ち良いくらいの疾走感で駆け抜け、相手に余裕を与えずに詰め切る攻めの極みデッキ。
8宝が最も多く、次点で門宝などの門を入れた構築という印象です。
早いデッキでありながら相手の山破壊性能も高く「ぼっちのエルフ アオイ」+「クレープ屋の亭主 ラビリスタ」の組み合わせで生半可な山受けを許しません。

 

実は1枚1枚のカードパワーはそこまで高くないので、やりたいようにやらせないことができればカードの性能差で勝てたりします。対面した際は、霞互換のケアをするなど相手の動きを鈍らせるのを狙っていきたいです。

 

 

 

 

 サマポケ / Summer Pockets サマーポケッツ

■枝扉等の識デッキ
まず枝対応の識のバーン刻みで固い山を貫通するデッキ。リソースがそろったサマポケ対面では、防御札やソウル減でもない限り3-0からは受けられないと思った方が良いです。意識できることはレベル2での早出しヒール、そして相手を先にレベル3にするのを狙い返しで詰め切ること。識はヒールが無いので基本的に倒しきれるターンにぶっ放してきます。発動ターンの前のターンの隙を突きましょう。道中は並程度なので、総じて道中でしっかり差をつけていくことが大切です。

 

■8電源
識とは全く違うアーキタイプで、面取り特化。地味ながらパワーラインがかなり高く、そこにプリシラ互換の「“塗り替えていた記憶”美希」やソウル減の「“祝福の紙吹雪”静久」で耐久できる固いデッキです。防御力のある8電源デッキで、1・2・3に電源で出したい札があるため、試合を通じて電源絡みが弱いレベル帯が無いという魅力があります。

 

■ハイブリッド(6電源2枝など)
電源と識のハイブリッドも存在します。識がソウル1しか無いという弱点を電源による面取りでダイレクト面をもらうことでカバーしています。これが決まれば後列の「“鬼の仲間入り”識」が1枚でも識3面3点スタートが可能となり、高い詰め性能がより際立ちます。もちろん弱点もあり、ソウルの上がるCXが減ってしまっているので面取りがうまくいかないと射程圏内に持っていくのが厳しくなります。対面した際は識発動ターンにダイレクト面を与えないことが大切となるので、状況に応じてサイドアタックを駆使しましょう。

 

 

 

 

  プリズマイリヤ / Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ

 

■8電源等の電源系
「“銀色に沈む街”クロ」と、異名同能力の「“お泊まり会”美遊&クロエ&イリヤ」が強力。レベルパンプでもしない限り確定で面を破壊する上に手札に戻ってヒールまでしてくるというバケモノ性能。レベル×1000応援の「“濡れた制服”美遊」「“チアガール”イリヤ」も言わずもがな強力で、電源との相性抜群。電源としてはレベル1・2が控えめですが、それを補って有り余るレベル3の強力さを持っています。

 

対面した際は、動きがそれほどなレベル1までを長く、相手の強い動きが出来るレベル2以降を短くするのを狙うのが有効です。

 

 

■8門などの門系
CX配分的にCXを打ちやすい中、1連動の「“クロの陣営”美遊」が連動で爆アドを取っていきます。手札が一時的に減ってもすぐに回復できるため、来たCXを全部打つくらいの勢いで打って対面にプレッシャーをかけられるデッキです。最後の詰めの「元気いっぱい イリヤ」はコストが重いものの効果は強力。多面するだけのリソースを確保させないようにしましょう。

 

 

 

 

 彼女、お借りします。

■扉電源、枝電源などの電源系
電源のバリューがものすごく高いデッキ。さらにイベントで早出しヒールが助太刀不可とアンタッチャブルで出てくるというわけのわからないことをしてきます。
「朝の日課 墨」の連動がおかしいくらいのアドを取ってきます。リバース要求なので、避けられるなら避ければそれだけでゲームが楽になります。
電源への依存度が高すぎるが故、電源が絡まないと弱いという明確な弱点があり、それでいながら電源は1種しかないので、たまに何もできずに沈んでいきます。(経験者は語る)

 

 

 

 

 転スラ / 転生したらスライムだった件

追加弾発売から日が浅く、アーキタイプも固定化されていませんが、追加前からすでに強かったタイトルです。

■扉門
元々環境上位のアーキタイプで、追加で正面移動や3500出る霞、パワーパンプのできる集中などで確実に強化されており、安定感に磨きがかかりました。対面した際は状況に応じた「“爆炎の支配者”シズ」へのサイドアタックや、最後にリバースを取ることで相手のドローカードを確認するなど細かいやれることをきっちりやりましょう。

 

■8枝
道中は並ながら最後の連パンが異次元の火力を出してきます。重そうに見えるコストも連パンでストックが再度貯まる都合上案外重くなく、リソースが少なそうに見えても油断できません。
詰めがあくまで連パンで細かな調整は効きにくいので、きっちりと受けられる山を作っておきたい所。とはいえ、転スラには光景があるのでそれも難しいのが厳しい…

 

■8電源
「竜星拡散爆」でキャンセルできない打点で詰めてきます。道中は手札の確保は難しいですが、面はそこそこ取れるため、「竜星拡散爆」に無理なくつなげられます。
一番良いのは「竜星拡散爆」を打たれる前に倒しきること。

 

 

 

 

 シャニマス / アイドルマスター シャイニーカラーズ

 

■「ハッピーの答えはどこに?」系統
アーキタイプが固定化されていない中目立つのが火力の高い2種連動「スタンバイオッケー 大崎甘奈」「事務所。静寂。大輪の華 大崎甜花」です。甘奈甘奈甜花などの3面連動は3-0から受けられない火力を出してくるのですが、連動が2種あるので連動が簡単に手札に集まります。どちらもヒール持ちなので手札にきて腐るものではなく、ただただ高い安定感を生み出しています。
走る系のデッキでありながら相手のデッキを崩す手段に乏しいのが弱点。ストック積み上げでも山受けが狙えるようになるので、シャニマス対面は長期戦でストックを温存したプレイが有効です。

 

 

 

 

 

はい、簡単にですが、僕の考える環境デッキを解説させていただきました!
全体的に”高速環境化” を感じます。それでも一部電源デッキも踏ん張っている、といったところでしょうか。
実際に店舗予選、店舗決勝を勝ち上がるデッキがどのようなデッキになるのか、これから楽しみですね。僕も何個か権利をもっているので、今回こそは店舗決勝を勝ちたいと思っています。
今回はここまでです。読んでいただき、ありがとうございました!
質問があれば僕のTwitter(→@334_ws)までお気軽にどうぞ!

岐阜・愛知で活動しているWSプレイヤーのクロワです。(@334_ws)
戦績→WGP2019東京地区ネオスタンダード3位 非公認CS優勝2回 etc… WSチーム「334ALLSTARS」(@334ALLSTARS)の代表も務めております。併せてよろしくお願いいたします。

よろしければシェアお願いします

PAGE TOP