ボードゲーム遊び方紹介 第63回 『白猫はどこに消えた? ~寝古屋探偵 最初の事件~』 考察編

公開日:千澤(ちざわ)のり子

引き続き、秋山真琴さん『白猫はどこに消えた~寝古屋探偵 最初の事件~』を紹介します。

ゲームは、30枚の情報カードを使って、白猫の行方を導き出す内容です。

よく説明書を読むと、情報カードをめくった枚数によって評価が分かれています。真相を導き出すためにめくったカード枚数が少ないと、評価は上がります。いかに少ない枚数で真相にたどり着けるのでしょうか。これも、ゲームの趣旨になっています。

全部めくってしまった私は、評価外。まさにそのとおりの位置付けです。ですが、まだ答え合わせの封筒は開封していません。つまり、まだプレイ中だともいえます。

残りの20分を使って、ゲーム再開。

このようなプレイ法は、製作者の趣旨と異なります(でも、ほら、記事を書いたり、写真を撮ったりするから、どうしても途中で止めないといけなくて……と言い訳いたします)。皆さんがプレイするときは、ルールはきちんと守りましょう。

さて、真相の検討は、ついています。

ですが、30枚ある情報カード以外からの情報を使ったメタ推理です。そんな真相の導き方では私も自分の考えに納得できません。

前回で10分くらい時間を使っていますので、タイマーを20分にセットして、推理開始。

情報カードは何回でもめくっていいので、最初からやり直してみます。最初にめくる情報カードはランダムではなく、この状況だったらこう動くのが自然かなと筋道を立てました。

高評価を狙うなら、はじめの1枚を選ぶところから、勝負をかけましょう。

慎重さを優先させてめくったら、順調。ただし、1枚ミスがあり、結果、11枚で自分が思う真相にたどり着けました。カードをめくった枚数も覚えておいたほうがいいです。AかBかの二択でも、評価は左右されてしまいます。これは運が関係するかもしれません。

白猫はどこにいるか分かった。

でも、物語全体の要素がうまくつかめない。

やはり全部めくるべきだわ。

再び30枚すべてめくったら、物語の全貌が把握できました。

それでは、答え合わせです。はさみを使わなくても、綺麗に封筒を空けることができました。

 

見事正解!

手がかりも筋道もあっていました。最短ですと、10枚以内で真相にたどり着けます。

クイズに正解、不正解だけでは終わりません。さらにミッションがあり、それに沿ったエンディングも用意されています。

私が見たエンディングは、一番の理想形でした。当てずっぽうではなく、きちんと導き出した結果です。

ゲームブックやサウンドノベルのように、ゲームを解きながら物語を楽しむツールはありますが、カード式はなかなかない試みだと思います。

血なまぐさい内容ではないので、怖いのが苦手という人にもお勧めです。対象年齢は10歳以上ですが、もっと小さなお子さんでも楽しめそうです。ただし、お子さんのほうが、白猫がどこにいるのかすぐに分かってしまうかもしれません。

脇のキャラクターもしっかり設定されているので、続きが楽しみです。小説の形式としても楽しめそうな物語でした。

 


「白猫はどこに消えた? ~寝古屋探偵 最初の事件~」
 価格:¥2,000(税別)
 プレイ人数:1~5人
 プレイ時間:45分
 対象年齢:10歳から
 メーカー商品ページ

 

千澤(ちざわ)のり子

1973年生まれ 
作家。近刊は『鵬藤高校天文部 君が見つけた星座』。
ボードゲーム好きで『人狼作家』の編集も手がけ、羽住典子名義でミステリ評論活動も行っている。

よろしければシェアお願いします

PAGE TOP