クロワのヴァイスシュヴァルツ道

WSデッキ解説 五つ子カップ用構築「一花ワンショット」

公開日:クロワ

こんにちは、クロワです。
今回は『五等分の花嫁』より、五つ子カップ用のデッキ、つまりキャラ単の紹介になります。
五つ子カップはキャラ単のみで出られるもので、バンドリのバンドリーグの用なルールになっています。

五つ子カップでもらえるPRがこちら。

 

かなり強い効果ですね。五つ子カップで優勝すると参加賞とは別に箔押し版がもらえます。(優勝者以外にもランダムで1枚配布されます。)
全キャラのネームを持っており、かつ色条件を無視することもできるので、ネオスタンダード用でも五つ子カップ用でも欲しくなる効果です。

僕は箔押しには興味が無かったのですが、カードの絶対数が欲しかったので優勝を狙って参加、一花を使用し、無事優勝を収めることができました。

その際は結構適当に組んでアラもあったので、それを修正したデッキを今回は紹介します。

 

 

 

まずはデッキレシピがこちら。

コンセプトは「殺られる前に殺る」といったところでしょうか。
最終的にレベル3の一花連動3面を狙っています。

要求スタートコストは手札4枚、ストック9枚です。
数字化すると分かることとして、スタートに手札の要求数はそれほど多くなく、ストックはそれなりに要求されているということです。
一花は8チョイスという恵まれたCX配分をすることができるため、ストックの要求もやや満たしやすいのは良い点ですね。
また、序盤・中盤も霞やソウル2フィレス、ツインドライブなどでダメージの押し込み性能が高く、しっかりとレベル3連動の射程圏内に持っていきやすいのも強みだと思います。
個別カードの紹介に入ります。

レベル0


少しずつ、前へ 中野一花 4枚
自分のキャラが全て一花なら自ターン4000のツインドライブ。
ネオスタンダードではネーム縛りがキツいカードですが、五つ子カップでは条件は確定達成です。そうなればただのハイスペックカード。五つ子カップ環境だとレベル0でのパワーライン高くしてくる構築も見られそうですが、こいつでほぼ上取れますし、ツインドライブがあるので長く仕事してくれます。

 


ショートカット 中野一花 4枚
霞互換。
前述の通りダメージを押し込める点が優秀です。ストックも相手へのダメージも必要なので、多パンは正義。

 


純潔無垢 中野一花 3枚
抜刀互換。
序盤の上振れ狙いもヨシ、トップチェックも強いのでヨシ。

 


ドッペルゲンガー作戦 中野一花 3枚
中央でソウル2になるフィレス。
ダメージを押し込みたいこのデッキにはうってつけのフィレス。
まず全員に配られていないフィレスがある時点で恵まれているとも言えます。

 


仲良し姉妹 中野一花 2枚
控えに落ちた時に自傷で手札を最大2枚増やすカード。
雑に手札が増えるのも強いですし、攻め所でレベルを上げる役目もとれます。
レベル2→レベル3にするための使い方は結構しますので覚えておきましょう。

 


脱ぎ癖 中野一花 3枚
集中。
チョイスを貼った時のトップチェックは強制なので注意しましょう。

 


ドン引き 中野一花 2枚
ネーム500パンプ+クライマックスフェイズに2体500パンプ。
そんなに強いカードではありませんが、五つ子カップのような限定構築ルールでこのような常時500という数値が変わるカードの存在は大きいです。なぜなら同系と当たる確率がネオスタンダードと比べると格段に高いため、ある側とない側に常にパワーラインの差が出てしまうことになるからです。
一花は行きパンプが結構ありますが、それでも1~2枚は採用しておきたいという印象です。

レベル1


浴衣姿 中野一花 4枚
チョイス連動3ルック。
選択肢は風連動の島風。踏むのはそれほど難しくありませんが、対応CXのアイコンと山を進められる点から結局こっちの方が優秀と判断しました。

 


溢れる魅力 中野一花 4枚
レベル0の条件つきツインドライブをまんまレベル1にしたカード。
レベル0のやつと同じ理由で強い。

 


ずぶ濡れ 中野一花 1枚
3落下拳。
チョイスを噛んだ際に選択肢に入れられる拳。
山調整に。

 


小さな火の前で 中野一花 1枚
ストブ拳。
チョイスを噛んだ際に選択肢に入れられる拳その2。
ストックを減らしたく無い時はこちら。
どちらにせよレベル1はそんなに拳でも返せないので、返す期待をして回収はやめておきましょう。

 


五つ子の夏 一花&二乃&三玖&四葉&五月
参加賞でもらえるPRですが普通に採用したいカードです。
控えに触る手段がこれ以外だとチョイスを捲るしかないので、唯一のメインフェイズに控えに触れるカードです。
レスト1000パンプもオマケとしては破格ですし、いったん後列に置いておくのも悪くありません。

レベル2


知らなかった真実 中野一花 2枚
ガッツンダー。
全キャラに強めなレベル3早出しがあること、チョイスの対象になることから2枚採用。

レベル3


鳴り止まぬ想い 中野一花 4枚
コンセプトカード。
こいつの3面を耐えられるだけの山を作る構築は五等分のプールではできません。
なので「こいつを使って倒しきる」のが一番。

 


五等分の花嫁 中野一花 4枚
早出し千鳥ヒール。
シンプルに強いですし、最初に述べた通り最後の連動が手札の要求は優しめに対してストックの要求が多いので、このカードが千鳥ヒールなのは良い点です。
また、同系相手に先に走れそうになければ、早出しヒールで射程圏外までヒールするのは対策になり得ます。
4枚は多いかのように見え、チョイスでストックに埋めることが多いので4でいいと僕は思います。

 

 

 

このデッキの弱点

キャンセルをトリガーにショットなので、ソウル減されるとそもそも本打点が下がってしまい、ショットが発動せず入る打点も小さいということになってしまいます。
つまり五つ子カップだと四葉です。

四葉対策

四葉は強力なソウル減を持つ反面、詰め能力は低いです。なので、早出しヒールで耐えながらソウル減ができないターンを待ち、それからブチ込みましょう。

 

 

 

今回は五つ子カップ用として一花デッキを紹介しました。
いかがだったでしょうか?
この構築は五つ子カップ用ですが、一花軸自体はネオスタンダードでも通用する火力だと思っています。1連動の相方を変えるなどして、ネオスタンダード用で考えてみても面白いですね。
以上です。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

(画像出典:ヴァイスシュヴァルツ公式サイト

 

岐阜、愛知で活動しているWSプレイヤーです。
実績→WS公式レシピ9回
(WGP2019東京ネオスタンダード3位、タイトルカップ優勝5回etc…)
気軽に交流して頂けると嬉しいです! Twitter:@334_ws

よろしければシェアお願いします

PAGE TOP